2017年02月19日

第一種電気工事士の筆記試験対策の通信教育紹介







 このサイトでは、今までに第一種電気工事士を独学で合格するために参考書や問題集を紹介してきました。また技能試験も独学で対応できるように練習用の教材などを紹介しました。今回は筆記試験対策のための通信教育を紹介したいと思います。



 第一種電気工事士を通信教育で学ぶメリット
 第一種電気工事士の試験は、それほど難関な試験ではありませんので、問題集や参考書を揃えて独学で計画的に勉強すれば十分合格できると思います。しかし筆記では三相交流の理論が入ってきたり、計算問題も少しレベルがあがりますので、難しく感じることも出てくるかもしれません。

 独学で勉強していても「なかなか手がつかない」ということもあるかもしれません。そのようなことを感じ始めたら通信教育を受けてみるのも一つの方法と思います。今回紹介する講座は在籍期間が8ヶ月なので、自分で期限を切って勉強に取り組めるようになると思います。

 費用も 28,000 円以上になるので、せっかく投資したお金を無駄にできない気持ちも出てくると思います。自分を少し追い込むことで勉強に取り組む気持ちも上がってくるものと思います。

 今までに「参考書や問題集は買ったけど、なかなか手に取ることがない」というような方は、通信教育に申し込んで自分を少し追い込んでみるのも一つの方法かと思います。





 1ヶ月に1回レポートを提出することで、自分の弱いところなどのアドバイスを受けられる
 今回紹介するのは、職業訓練法人 日本技能教育開発センターが行っている習っ得シリーズの講座です。今までにもボイラー技士や危険物取扱者の通信教育として紹介してきた講座のシリーズの一つです。

 この講座を受けることにより、1ヶ月に一度ぐらいレポートを提出することになります。レポートを提出することによって、自分の間違ったところのアドバイスを受けられるのはもちろんのこと、自分の弱点などを克服するための勉強方法や、どこを重点的に勉強すればいいかのアドバイスを受けることもできます。

 それゆえ結果的に効率的に勉強できるということにも繋がります。受講期間は、標準で4ヶ月ですが、個人の都合や勉強の進め方によっては、8ヶ月まで在籍することができますので、無理なく自分のペースで勉強できます。

 1ヶ月に1度レポートを提出することで自分の勉強の進むペースの管理もできます。「1ヶ月で、ここまで進まなければ」というような目標もできて計画的に勉強をできるようになります。





 技能試験対策用のテキストも付属しています
 また練習用の電線や器具などは付いてきませんが、技能試験の対策ができるテキストも付いてきますし、アドバイスも受けられます。自分一人ではあまり計画的に勉強が進められない方は、通信教育を受けてみるのも一つの方法かと思います。



 下記のバナーからリンク先で通信教育に申し込みをすることができます。申し込みをすることで教材が送られてきます。



 この講座は、第一種電気工事士の通信教育です。

>通信教育「第一種電気工事士受験講座」

価格:28,080円
(2017/2/19 14:56時点)
感想(1件)








 電気工事士関係の記事を書いたカテゴリーへのリンクです。
 http://kamau1997.seesaa.net/category/20809028-1.html

















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!
posted by KAMAU at 15:12| Comment(4) | 電気工事士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

第一種や第二種電気工事士の筆記試験で計算問題に特化した参考書の紹介







 第一種電気工事士や第二種電気工事士の筆記試験で、計算問題を苦手にしている方は多いかもしれません。そのような方のために、計算問題に特化した参考書の紹介をしたいと思います。


 電気を学ぶ上では、避けて通ることができない数学や計算問題
 電気工事士の筆記試験では、電気主任技術者ほどの計算力を必要とした問題は出題されません。しかし電気は、発電や送電、一般家庭のコンセントまで交流が使用されています。それゆえ電気を学ぶ上では、数学や計算を避けて通ることはできません。

 電気工事士の試験では、複雑な計算が出題されることはありませんが、交流を勉強する上で、三角関数やベクトル、複素数、三平方の定理などの基本的な数学を理解している必要はあります。しかし中学校や高校で数学を苦手としていた方は、このような数式を見ただけで、苦手意識がある方もいるかもしれません。





 計算問題ができるようになれば、合格点を取ることが楽になる
 よく技術系の資格試験を受ける人で「計算問題は捨てている」というような話を聞くことがあります。確かに試験では満点を取る必要もありませんから、計算問題ができなくても合格はできると思います。しかし、この計算ができれば、合格の点数までもっていくのはかなり楽になります。

 それゆえ、是非、計算問題の苦手意識を無くして、試験を目指して欲しいと思います。そこで第一種電気工事士や第二種電気工事士の筆記試験の計算問題に特化した参考書を紹介したいと重います。

 これらの参考書では、数式を説明しているだけでなく、練習問題がありますので、練習問題までしっかりやって計算力を身につけて欲しいと思います。





 電気工事士の計算問題に特化したお薦めの参考書
 このサイトで一番お薦めしたい参考書は、下記の電気書院の「第1・2種電気工事士のためのやさしい数学」です。分数の約分の仕方や、小数点への直し方など数学というよりは算数というようなところから説明がありますので、数学が苦手な方でも理解しやすいのではないかと思います。

 受験者でこの書籍を利用している方も多く、評判の高い参考書です。「計算問題は苦手!」と思っている方は、是非試してみてはいかがかと思います。



 それでは書籍の通信販売を紹介します。下記のバナーからリンク先で、全ての書籍を通信販売で購入できます。通常配送であれば送料は無料です。



 この書籍は、電気書院の「第1・2種電気工事士のためのやさしい数学」です。計算問題が苦手な方にお薦めな参考書です。

第1・2種電気工事士のためのやさしい数学

新品価格
¥2,160から
(2017/2/17 15:20時点)








 その他に第一種電気工事士用の計算問題の参考書や、第二種電気工事士用のもの等もありますので紹介します。



 この書籍は、日本理工出版会の「虎の巻 第2種電気工事士計算問題の解き方」です。

虎の巻 第2種電気工事士計算問題の解き方

新品価格
¥2,700から
(2017/2/17 15:28時点)






 この書籍は、デザインエッグ社の「第一種電気工事士筆記試験 計算問題の攻略 - 三相交流なんか怖くない!」です。既に第二種電気工事士を取得していて、第一種電気工事士のみを目指すのであれば、この書籍はお薦めです。

第一種電気工事士筆記試験 計算問題の攻略 - 三相交流なんか怖くない! (MyISBN - デザインエッグ社)

新品価格
¥1,866から
(2017/2/17 15:31時点)






 この書籍は、ナツメ社の「>第1・2種電気工事士 合格へのやりなおし数学」です。

第1・2種電気工事士 合格へのやりなおし数学

新品価格
¥2,160から
(2017/2/17 15:34時点)






 この書籍は、オーム社の「電気工事士のためのかんたん数学入門」です。

電気工事士のためのかんたん数学入門 (なるほどナットク!)

新品価格
¥1,944から
(2017/2/17 15:36時点)








 関連記事のリンクも貼っておきます。

 電気工事士関係カテゴリー
 http://kamau1997.seesaa.net/category/20809028-1.html

















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!










posted by KAMAU at 15:50| Comment(0) | 電気工事士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

第一種電気工事士の技能試験対策について







 第一種電気工事士の技能試験に独学で合格するための対策について書きたいと思います。



 筆記試験に合格しないと受験することができない技能試験
 第一種電気工事士の技能試験も二種と同様に筆記試験に合格しなければ受けることができません。それゆえ最初は筆記試験に重点をおいて勉強することになります。筆記に合格すれば技能試験までに2ヶ月ぐらいありますので、技能対策はそこから行った方が良いと思います。



 筆記試験の免除について
 筆記に合格すれば、仮にその年に受けた技能試験が不合格になっても、翌年は筆記試験免除で技能だけ合格すれば正式な合格となります。しかし筆記試験の免除は翌年のみなので、2年連続で技能が不合格になってしまうと、3年目は、また筆記試験から受けなければならなくなります。

 また既に電気主任技術者の資格を持っている場合は、筆記試験は免除で受けられます。これは二種の場合も同じです。



 第一種電気工事士の試験時間について
 第一種電気工事士の技能は試験時間が1時間となり、二種よりも長くなります。作業に時間が掛かる内容なので、このような試験時間になっているのですが、二種より少し時間に余裕があると感じる人がい多いようです。それゆえ二種よりも一種の方を先に取得する人もあります。

 工業高校の電気科等で受験する場合は、二種よりも技能で少し時間に余裕を感じられる一種から受験して、認定電気工事従事者の資格を取得して就職を有利にできるように頑張っている学校もあります。



 第一種電気工事士の独学での技能試験対策にお薦めな教材セット「準備万端シリーズ」
 第一種電気工事士の技能試験対策としても、二種と同様に以下のような教材セットを購入して練習するのが効率的です。紹介している準備万端シリーズの教材は、昨年度に公表された平成28年に出題の可能性があった候補問題10問分の全ての電線と器具がセットになっています。

 二種の場合は1回目の技能試験の時期が7月と早いので、今年の平成29年に出題される候補問題13パターンが既に発表されていますが、一種はまだ発表されていません。それゆえ一種は今現在は今年の候補問題で練習することができません。

 しかし第一種電気工事士の技能試験の作業内容も、できなければならない基本的なことは、それほど多くはありません。昨年の候補問題10パターンをできるようになっていれば、その中にできなければならない基本作業は全て入っています。

 それゆえ昨年の候補問題10パターンを確実に時間内にできるようになっていれば、今年の技能試験にも必ず合格できます。このようなことから早くから技能試験の練習を始めたい方は、昨年用の教材を購入しても問題ありません。

 準備万端シリーズの教材は、10問を1回ずつ練習できるものと、2回ずつ練習できるものと、3回ずつ練習できるセットがあります。テキストや解説のDVDも付いていますので、独学で練習するのにはお勧めです。

 さらに、わからないところはメールで質問できるというメリットもありますので、通信教育と近い感じで学ぶことができます。試験本番では、緊張したり、焦りのようなものが出てきたりする可能性もありますので、練習では50分ぐらいで終了できるぐらいになるまでは訓練が必要です。

 本番では作業を終えて見直しができるぐらいの余裕が必要かと思いますので、それぐらいになれるまでは練習することをお勧めします。電気工事士の技能試験は、一種も二種も時間内に全ての作業を終了できなければその時点で不合格が決まってしまいます。

 作業を終了できなければ採点してもらうことができません。全ての作業が終了していてはじめて、そこから減点法の採点が始まります。それゆえ技能の練習では、時間に余裕を持って終了できるようにしなければなりません。



 それでは、紹介した商品の通信販売を紹介します。全て下記のバナーからリンク先で購入できます。送料も通常配送であれば無料です。



 この商品は、ジェイメディアネットの「準備万端シリーズ」で、平成28年度 第一種電気工事士技能試験に出題される可能性があった候補問題全10問分が1回ずつ練習できる材料の器具と電線のセットです。テキストと解説DVDも付いています。

>準備万端シリーズ 平成28年度 第一種電気工事士 技能試験練習用材料 全10問分の器具・電線セット (1回練習分)

価格:24,000円
(2017/2/15 16:59時点)
感想(6件)






 この商品は、ジェイメディアネットの「準備万端シリーズ」で、平成28年度 第一種電気工事士技能試験に出題される可能性があった候補問題全10問分が2回ずつ練習できる材料の器具と電線のセットです。テキストと解説DVDも付いています。

>準備万端シリーズ 平成28年度 第一種電気工事士 技能試験練習用材料 全10問分の器具・電線セット (2回練習分)

価格:31,800円
(2017/2/15 17:01時点)
感想(2件)






 この商品は、ジェイメディアネットの「準備万端シリーズ」で、平成28年度 第一種電気工事士技能試験に出題される可能性があった候補問題全10問分が3回ずつ練習できる材料の器具と電線のセットです。テキストと解説DVDも付いています。

>準備万端シリーズ 平成28年度 第一種電気工事士 技能試験練習用材料 全10問分の器具・電線セット (3回練習分)

価格:38,800円
(2017/2/15 17:06時点)
感想(0件)








 この商品は、ジェイメディアネットの「準備万端シリーズ」電線のみのセットです。練習していて材料が不足してきたときに利用すると便利です。平成28年度 第一種電気工事士技能試験練習用材料 全10問分の電線のみが入っています。(テキストやDVDも入っていませんのでご注意ください)

>準備万端シリーズ 平成28年度 第一種電気工事士 技能試験練習用材料 全10問分の電線セット (送料無料キャンペーン中)

価格:9,800円
(2017/2/15 17:12時点)
感想(4件)






 この商品は、ジェイメディアネットの「準備万端シリーズ」器具のみのセットです。練習していて材料が不足してきたときに利用すると便利です。平成28年度 第一種電気工事士技能試験練習用材料 全10問分の器具のみが入っています。(テキストやDVDも入っていませんのでご注意ください)

>準備万端シリーズ 平成28年度 第一種電気工事士 技能試験練習用材料 全10問分の器具セット

価格:14,200円
(2017/2/15 17:15時点)
感想(0件)







 第一種電気工事士の技能試験に必要になる工具セット

 この商品は、マーベルの「あると便利な第一種技能試験対策マーベル3点セット」です。第二種電気工事士を受験するために既に工具を持っている方が、第一種電気工事士の技能試験を受験する時にあると便利な工具の3点セットです。この商品は関東以外の方は別途送料がかかりますのでご注意ください。

あると便利な第一種技能試験対策マーベル3点セット

新品価格
¥10,500から
(2017/2/15 17:29時点)






 この商品は、マーベルの「オリジナル第一種工具セット」です。第一種電気工事士の技能試験を受験する時に必要になる工具のセットです。(第二種電気工事士と第一種電気工事士を併願する場合で、始めて工具を購入する方は、このセットが便利です)この商品は関東以外の方は別途送料がかかりますのでご注意ください。

PS-27 オリジナル第一種工具セット (PS-24 MWS-C ME-60)

新品価格
¥22,000から
(2017/2/15 17:31時点)








 次回は第二種冷凍機械責任者について書きたいと思います。リンク先を貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/374096635.html


 関連記事のリンクも貼っておきます。

 電気工事士関係カテゴリー
 http://kamau1997.seesaa.net/category/20809028-1.html


 ビル管理関係
 http://kamau1997.seesaa.net/article/372346464.html 

















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!










posted by KAMAU at 17:55| Comment(6) | 電気工事士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

第一種電気工事士の筆記試験対策について







 このサイトでは、これまでに中高年でも就職に有利になる資格として第二種電気工事士を紹介してきました。今回はその上位資格となる第一種電気工事士について書きたいと思います。



 試験に合格しても実務経験が無いと正式な免状が交付されない第一種電気工事士
 第一種電気工事士も、二種と同様に受験資格などに制限はなく誰でも受験することができます。しかし二種は試験に合格すれば正式な免状が交付されるのに対して、一種は試験に合格しても実務経験が3〜5年ないと免状が交付になりません。



 実務経験が無くても試験に合格することで交付される認定電気工事従事者認定証
 しかし第一種電気工事士の試験に合格すれば、実務経験が無くても認定電気工事従事者の認定証の交付を受けることができ、自家用電気工作物の簡易工事ができるようになります。それゆえ実務経験が得られるまでは、第一種電気工事士の試験に合格し、認定電気工事従事者の認定証の交付を受け、第二種電気工事士免状とあわせ持つことは非常に意味のあることです。



参考書2.jpg




 第二種電気工事士と認定電気工事従事者をあわせ持つ意味
 第二種電気工事士は、一般家庭や小規模商店など一般用電気工作物を工事する資格なので、簡易でも少し規模の大きくなる自家用電気工作物の工事を行うことはできません。そのために第一種電気工事士となっていなくても、認定電気工事従事者になることは大切なことです。

 また認定電気工事従事者の認定証の交付を受けても、二種の内容の一般用電気工作物の工事を行うことはできません。ですから二種とあわせ持つことが非常に意味のあることになります。



 第一種電気工事士の筆記試験対策について
 それでは第一種電気工事士の筆記試験の対策を考えていきましょう。一種は二種の上位資格なので、かなりレベルアップになるように感じる方もいるかもしれません。もちろん一種の方が少し問題は難しくなりますが、それほど大きくレベルアップしているということはありません。

 対策方法も二種と同様に1冊問題集を購入して、じっくり勉強すれば合格できます。特に変わった対策方法をとる必要はありません。二種の勉強をしていればかなり重なっている部分もあると思います。

 
 第二種電気工事士の筆記試験対策については、下記リンク先の記事に書いてありますので参照して下さい。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/373654501.html



 第一種電気工事士の筆記試験対策にお薦めな書籍について
 それでは第一種電気工事士の筆記試験に合格するための書籍の通信販売を紹介します。下記のバナーからリンク先で全ての書籍を通信販売で購入できます。通常配送であれば送料は無料です。



 この書籍は、オーム社の「第一種電気工事士筆記試験完全解答」です。市販されている問題集としては、これが一番のお薦めです。過去に出題された10年分の問題が収録されていますので、問題数も申し分ないほど豊富です。また解説も詳しいので勉強しやすいと思います。受験者の評価も高いです。

 2017年2月9日に2017年版の最新のものが発売になりましたので新しいものを使用して勉強することをお勧めします。

2017年版 第一種電気工事士筆記試験完全解答

新品価格
¥2,376から
(2017/2/14 14:41時点)








 この書籍は、日本電気協会の「第一種電気工事士筆記問題集(黒本合格シリーズ)」です。この問題集も過去10年分の問題が収録されていますので問題数は申し分ありません。解説も詳しいので良い書籍と思います。最近この問題集の人気も上がってきましたので紹介します。

 こちらの問題集も2017年2月9日に2017年版の最新のものが発売になりましたので新しいものを使用して勉強することをお勧めします。

2017年版 第一種電気工事士筆記問題集 (黒本合格シリーズ)

新品価格
¥3,024から
(2017/2/14 14:46時点)








 この書籍は、オーム社の「第一種電気工事士筆記試験完全マスター」です。第一種電気工事士の市販されている参考書の中では、これが一番お薦めです。試験に合格することだけが目標であれば、上記の問題集を1冊購入して勉強すれば十分と思います。

 しかし今後は電気主任技術者を目指すとか、問題集を勉強していてわからないところをじっくり勉強したい方は、下記のような参考書も購入して基礎からじっくり勉強することをお勧めします。

 特に電気主任技術者を今後目指す方は、このようなテキストの1冊購入してじっくり勉強してみることをお勧めします。

第一種電気工事士筆記試験完全マスター(改訂3版)

新品価格
¥3,024から
(2017/2/14 14:50時点)








 この書籍は、ツールボックスの「ぜんぶ絵で見て覚える 第1種電気工事士 筆記試験すい~っと合格」です。「文字や計算式で説明されてもよくわからない」という方には、この「ぜんぶ絵で見ておぼえる」シリーズの参考書はお薦めです。

 2017年3月4日に2017年版の最新のものが発売になります。現在は下記のバナーからリンク先で予約することが可能です。

ぜんぶ絵で見て覚える 第1種電気工事士 筆記試験すい~っと合格(2017年版)

新品価格
¥3,024から
(2017/2/14 16:11時点)






 しかし、この書籍は参考書なので2016年版でも内容にそれほど大きな違いはありません。それゆえすぐに欲しい方は2016年版を購入して勉強を始めても構わないと思います。下記に旧バージョンになる2016年版の通信販売も紹介しておきます。こちらは下記のバナーからリンク先で通信販売ですぐに購入することができます。

ぜんぶ絵で見ておぼえる 第1種電気工事士 筆記試験すい~っと合格(2016年版)

新品価格
¥3,024から
(2017/2/14 15:09時点)








 そして第一種電気工事士ぐらいの試験になると「計算問題が苦手」という方も多いかと思います。そのような方には、下記に紹介する計算問題に特化した参考書お試してみることをお勧めします。この書籍は平成24年〜28年に出題された計算問題について詳しく説明していますのでお薦めです。

 「計算問題は捨てる」みたいに思っている方がいましたら是非この参考書をお試しください。計算問題で得点できるようになれば筆記試験はかなり楽になります。

 この書籍は、デザインエッグ社の「第一種電気工事士筆記試験 計算問題の攻略 - 三相交流なんか怖くない!」です。計算問題を苦手としている方にお薦めです。

第一種電気工事士筆記試験 計算問題の攻略 - 三相交流なんか怖くない! (MyISBN - デザインエッグ社)

新品価格
¥1,866から
(2017/2/14 16:02時点)








 次回は第一種電気工事士の技能試験対策について書きたいと思います。記事のリンクは以下の通りです。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/374004661.html


 関連記事のリンクも貼っておきます。

 電気工事士関係
 http://kamau1997.seesaa.net/category/20809028-1.html


 ビル管理関係
 http://kamau1997.seesaa.net/article/372346464.html













資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!









posted by KAMAU at 15:36| Comment(2) | 電気工事士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

中高年でも採用の可能性が高い日本語教師になるための通信教育紹介







 このサイトでは中高年になってから就職活動をするときに、比較的採用になる可能性が高い職業としてビル設備管理という職種を紹介してきました。また中高年でもフリーランスで働くならば、プログラミングを学んで高収入を得る方法もあることを紹介しました。

 しかし何れも技術系の職業であるため「技術系は苦手」という方には、ハードルが高いということがあったかもしれません。それゆえ今回は、文系の中高年でも就職活動で採用になる可能性が高い、日本語教師という職種を紹介したいと思います。



 日本語教師とはどのような仕事か
 日本語教師は国内でいうならば、日本にいる外国人に日本語を教える仕事です。近年は留学生や、その他のビジネスでも、多くの外国人が日本に来て生活しています。そして日本語は、数多くの国で公用語として使われているような言葉ではないので、勉強できるところも限定的になってしまいます。

 それゆえ日本に来てから本格的に日本語を学んでいる外国人も少なくありません。このようなことから、ある程度の都市であるならば、日本語教師という仕事の求人はよくあります。外国人を相手にする職業なので語学力もある程度はあった方がよい職業です。

 また日本語教師の活躍の場は、日本国内だけではありません。実際に外国に行って、その国で日本語を学びたいと思う人に教えることもできる職業です。こちらも近年は「日本語を学びたい」という人が世界中で増えてきていますので、世界各国で働くことができるという可能性を持った職業です。

 ここで「日本語なんて、普段話しているんだから誰でも教えられるのでは?」と思うかもしれません。しかし「橋」と「端」や「箸」の発音の違いや意味まで含めて詳しく説明できるでしょうか? 日本人でもなかなかそうはいかない場合も多いと思います。

 日本語を教えるのにも教え方やテクニックのようなものがありますし、教える上で知っておいた方がよいこともたくさんあります。また日本語を教えると言うことは、単に語学を教えるだけでなく、日本の文化や社会、習慣、マナーのようなことも教える必要があります。

 外国人があまり知らない日本のマナーや習慣、文化を教えることも重要なことです。それゆえ、そのようなことを中高年になってから学んで、日本語教師を目指してみるというのも面白いのではないかと思います。


授業.jpg




 本当に中高年になってから日本語教師を目指して採用の可能性はあるのか?
 日本語教師は、普通の小学校、中学校、高校のような教育課程の学校と違って、目的は「日本語を話せるようになる」というようなことなので「絶対にこれを学ばなければ卒業できない」というようなことではありません。教師になるための免許制度のようなものもありません。

 それゆえ本当にしっかりした日本語を教える能力がある人であれば、中高年であっても採用になる可能性は高いと思います。常勤の講師でなくても非常勤での求人もあります。要求されることは、若いかどうかではなくて、人間性や人柄の方が大事な職種とも言えると思います。

 また海外での求人は、日本のように年齢を重要視して採用しない場合も多いので、非常に魅力のある仕事と思います。中高年になってからでも「海外に住んでみたい」というような希望を持っている人は多いのではないかと思います。

 また先生という職業に憧れのある方もいるかもしれません? 小学校や中学校、高校の先生は、中高年になってから教員免許を取得しても、それまで全く教師の経験がなければ、公立学校で採用になることは難しいと思います。

 私立の学校であれば非常勤講師のような可能性はあると思いますが、活躍できる場所はかなり限定的になるように思います。また専門学校の先生のように専門性をかなりつけていくのもかなり難しいことのように思います。そのような方は、是非、日本語教師にチャレンジしてみてはいかがかと思います。

 下記にハローワークへのリンク先を紹介します。是非地元での日本語教師の求人など調べてみてください。
 https://www.hellowork.go.jp/index.html



 日本語教師になるにはどうすればよいか?
 上の方にも書きましたが、日本語教師になるために必要な免許制度のようなものはありません。それゆえ何の資格も持たずに先生になることもできないわけではありません。ボランティアのような活動であれば、学校を作って自由に日本語を教えても構いません

 しかし今現在ある日本語学校の教師の採用条件のようなものは、次のようなことが多くなっています。

 (1)大学で日本語教育に関係する学科を専攻する。
 (2)420時間の日本語教師養成講座を修了する。
 (3)日本語教育能力検定試験に合格する。

 これら3つの中のどれか1つの要件を満たしている必要がある場合が多いようです。この中で中高年になってからでも一番チャレンジしやすいのではないかと思うのが「日本語教育能力検定試験に合格する」です。



 日本語教育能力検定試験に独学で合格するためにお薦めの通信教育の講座を紹介
 それでは独学で日本語教育能力検定試験に合格するために通信教育の講座を紹介したいと思います。この検定試験は、受験資格のようなものはありませんので誰でも受験することができます。

 日本語教師は、中高年でも結構採用の可能性がある職種のようですので、興味がある方は是非チャレンジしてみてはいかがかと思います。



 下記のバナーからリンク先で通信教育を申し込むことができます。











 日本語教師は外国人を相手にする仕事ですので、ある程度語学力が必要である場合があります。英語力もつけておきたいという方には、以下のような教材もお薦めです。









 そして日本語教師以外で、中高年になってから高収入を得るスキルを何か習得したいと思った時に、プログラミングがお勧めな理由を書いた記事がありますのでリンク先を紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/tyuukounensukiru.html


 在宅ワークで高収入を得るためのスキルのプログラミングをオンラインで学べるスクール紹介
 http://kamau1997.seesaa.net/article/programming.html


 ランサーズでも自分の得意やスキルを販売できるようになりました
 http://kamau1997.seesaa.net/article/437854441.html

















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!

posted by KAMAU at 22:16| Comment(0) | その他資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

第二種電気工事士の技能試験対策もできる翔泳社アカデミーの通信教育講座を紹介







 このサイトでは、今までに第二種電気工事士の筆記試験と技能試験対策を独学で行う方法を紹介してきました。しかし技能試験は、独学では不安を感じる人も多いかと思います。そこで今回は株式会社翔泳社アカデミーの通信教育を紹介したいと思います。



 技能だけ受講する技能コースと筆記と技能どちらも受講する総合コースを選択可能
 今回紹介する翔泳社アカデミーの通信教育は、技能試験だけのための技能講座と筆記と技能を一緒に受講する総合講座と2つの講座から選択できます。

 筆記の方は市販の問題集を1冊購入して、じっくり勉強すれば合格できると思いますので通信教育の受講を考える方は技能だけ選択してもいいのではないかと思います。

 しかし「電気は全く初めて勉強するから自信がない」とか「中学や高校時代に理科や数学が少し苦手だった」とか「問題集を買って独学で勉強を始めたけれど、あまりよく理解できない」という方は筆記の通信教育も良いと思います。

 わからない場合は質問もできますし、それ以外の勉強の進め方などのアドバイスも受けられます。独学よりは「質問できる」という安心感もあると思います。また、これだけの自己投資をすれば「やらなければ!」という気持ちも上がってくるのではないかと思います。



 技能講座は今年出題される可能性がある候補問題13パターン全てに対応
 独学での対策の記事でも書きましたが、技能試験は毎年発表される候補問題13パターンの中から1題が出題されます。第二種電気工事士の場合は、今年2017年に出題される可能性がある13パターンが既に発表になっています。

 翔泳社アカデミーの技能講座は、2017年度の最新の候補問題13パターンの練習が全てできるような教材になっています。解説もDVDで見ることができますのでわかりやすいです。この13パターン全てを時間内にできるようになれば技能試験は合格できます。



 下記のバナーからリンク先で通信教育に申し込むことができます。









 次回は第一種電気工事士の筆記対策について書きたいと思います。リンクは以下の通りです。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/373915468.html


 関連記事のリンクは以下の通りです。


 電気工事士関係
 http://kamau1997.seesaa.net/category/20809028-1.html 


 ビル管理関係
 http://kamau1997.seesaa.net/article/372346464.html

















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!










posted by KAMAU at 15:37| Comment(0) | 電気工事士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

第二種電気工事士の技能試験対策について







 前回は第二種電気工事士の筆記試験対策について書きました。今回は技能試験の対策について書きたいと思います。



 第二種電気工事士の技能試験とは、どのようなものか?
 技能試験は電気配線の材料や器具が支給され、問題に沿ってその配線工事を行うものです。時間は40分で最後まで作業を終わらせることができなければ採点の対象になりません。作業が最後まで終わって、はじめて減点法による採点が行われます。

 それゆえ工事の作業が最後まで終わらなければ、そこで不合格は決まってしまいます。配線工事の方法や作業の内容そのものは、それほど難しいものではありません。それゆえビデオやDVD等を見て独学で覚えることは可能です。

 しかし二種のポイントは、如何に時間内に最後まで仕上げるかということになります。時間内に終わらせるためには判断力やスピードがある程度必要です。そのためには練習あるのみなのですが、練習するには配線の材料や工具が必要になります。

 また1〜2回ぐらい練習したからといって、時間内に作業を終えることができるようにはなかなかなりません。それゆえ思う存分自分が納得いくまで練習するのは、個人が独学でやるのは難しい面もある試験です。

 材料は1回使ったものを繰り返し使用できるものはいいのですが、消耗品も多いので部材を買い揃えるのも大変です。



配線工事1.jpg




 技能試験は毎年発表される13パターンの中から必ず出題
 今現在の第二種電気工事士の技能試験は、毎年13の試験問題のパターンを発表して、その中の1パターンが出題されます。見たことも聞いたことも無い工事の内容は出題されません。それゆえこの13パターン全てを時間内にできるようになれば必ず合格できます

 しかしポイントは作業内容ができるかどうかではないと思います。作業内容そのものは難しいものではありませんし、覚える内容も筆記試験に比べれば少ないと思います。

 合格へのポイントは上記でも説明しましたが、基本的な工事の作業内容をいかに40分という時間内に確実に全て終わらせるかということになります。試験本番は緊張して普段ならできることもできなくなる可能性もあります。手足も思うように動かなくなることもあるかもしれません。

 また時間が足りなくなると焦りも出てきて思うようにいかなくなるかもしれません。それゆえ実技の内容は30分ぐらいで終わらせるような練習も必要です。第二種電気工事士の技能試験は、時間管理も重要なポイントです。



 技能試験に独学で合格するためにお薦めの教材を紹介
 技能試験も個人で独学で練習できるように、教材やキットも発売されていますので紹介します。下記で紹介している準備万端シリーズは、平成29年に出題される可能性のある13パターンの材料の器具や電線が揃っています。

 また試験問題の作業内容を解説したDVDも付いていますのでお薦めのセットです。13の試験パターンを1回、2回、3回ずつできるセットで分かれていて、練習できる回数の材料の量で価格に違いがあります。

 その上に準備万端シリーズは、わからないことは質問もできるようになっていますので、通信教育に近い状態で学ぶことができます。この価格でこれだけ揃っているのはかなりのお薦めと思います。

 第二種電気工事士は、既に最新の平成29年度に出題される可能性のある13のパターンが発表されています。それゆえ新しい教材を購入して練習することをお勧めします。



 それでは第二種電気工事士の技能試験に独学で合格するための教材の通信販売を紹介します。下記のバナーからリンク先で全て通信販売で購入できます。通常配送であれば、送料は無料です。



 この商品は、ホーザンの「電気工事士技能試験工具セット」です。このセットを購入すれば、第二種電気工事士の技能試験で必要になる工具が揃います。工具を別々に揃えるのも大変ですので、このように必要な工具がセットになっているものはお薦めです。

ホーザン(HOZAN) 電気工事士技能試験工具セット P-958VVFストリッパー P-737リングスリーブ用圧着工具入組 DK-18

新品価格
¥9,520から
(2017/2/7 14:21時点)








 この商品は、有限会社ジェイメディアネットの「準備万端シリーズ第二種電気工事士技能試験練習用材料 全13問分の器具・電線セット」です。平成29年度の技能試験に出題される可能性のある試験問題13候補全てを1回ずつ練習するための材料セットです。DVDの解説付きですので受験者には評価の高い教材です。

 そして、このセットにはわからないところは、講師に何度でも質問できるという通信教育のような特典が付いていますので非常にお勧めです。第二種電気工事士は、既に最新の平成29年度に出題される可能性のある13のパターンが発表されています。それゆえ新しい教材を購入して練習することをお勧めします。

準備万端 (1回練習分) 平成29年度 第二種電気工事士技能試験練習用材料 「全13問分の器具・電線セット」

新品価格
¥16,700から
(2017/2/7 14:45時点)








 この商品は、有限会社ジェイメディアネットの「準備万端シリーズ第二種電気工事士技能試験練習用材料 全13問分の器具・電線セット」です。平成29年度の技能試験に出題される可能性のある試験問題13候補全てを2回ずつ練習するための材料セットです。DVDの解説付きですので受験者には評価の高い教材です。

 そして、このセットにはわからないところは、講師に何度でも質問できるという通信教育のような特典が付いていますので非常にお勧めです。第二種電気工事士は、既に最新の平成29年度に出題される可能性のある13のパターンが発表されています。それゆえ新しい教材を購入して練習することをお勧めします。

準備万端 (2回練習分) 平成29年度 第二種電気工事士技能試験練習用材料 「全13問分の器具・電線セット」

新品価格
¥21,400から
(2017/2/7 14:46時点)








 この商品は、有限会社ジェイメディアネットの「準備万端シリーズ第二種電気工事士技能試験練習用材料 全13問分の器具・電線セット」です。平成29年度の技能試験に出題される可能性のある試験問題13候補全てを3回ずつ練習するための材料セットです。DVDの解説付きですので受験者には評価の高い教材です。

 そして、このセットにはわからないところは、講師に何度でも質問できるという通信教育のような特典が付いていますので、非常にお勧めです。第二種電気工事士は、既に最新の平成29年度に出題される可能性のある13のパターンが発表されています。それゆえ新しい教材を購入して練習することをお勧めします。

準備万端 (3回練習分) 平成29年度 第二種電気工事士技能試験練習用材料 「全13問分の器具・電線セット」

新品価格
¥24,500から
(2017/2/7 14:47時点)








 技能試験に関しては独学が大変なところもあるので、次回は通信教育を紹介します。リンク先は以下の通りです。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/373813284.html


 以下に関連記事のリンクも貼っておきます。

 電気工事士関係
 http://kamau1997.seesaa.net/article/373489825.html
 http://kamau1997.seesaa.net/category/20809028-1.html


 ビル管理の就職関係
 http://kamau1997.seesaa.net/article/372346464.html

















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!

posted by KAMAU at 15:08| Comment(4) | 電気工事士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

第二種電気工事士の筆記試験対策について







 第二種電気工事士は中高年で再就職を目指す場合に、ビル管理の仕事ならば有利になる資格です。前回は受験するための日程や申請方法について書きました。今回は、その勉強方法と対策等について書きたいと思います。


 第二種電気工事士の合格を目指すために独学でいくのか? 通信教育を受けるのか? について
 筆記試験のための勉強の方法としては、参考書や問題集を買って独学で勉強する方法と通信教育で学ぶ方法、そして職業訓練校などに通う等が考えられます。これまでにも何回か書いてきましたが、電気工事士の試験には技能試験があります。

 それゆえ失業中の場合は、職業訓練校に通って指導を受けられるのであれば、それが一番ベストです。しかし職業訓練校は通う時期もありますし、希望する全員が入ることができるわけでもないので、独学や通信教育を選択しなければならない状況も出てきます。

 筆記試験は、それほど難関な試験ではありませんので、参考書や問題集を購入してじっくり勉強すれば独学でも合格できます。技能試験については教材を購入して独学で練習することも可能ですが、通信教育も紹介したいと思います。

 まずは筆記試験に合格しなければ、技能試験は受けることすらできませんので、初年度は学科試験に重点をおいて勉強することをお勧めします。技能試験は、筆記が終わった後に2ヶ月ぐらい時間がありますので、そこからじっくり練習して良いのではないかと思います。

 万が一に技能で不合格になっても、翌年は筆記試験が免除になりますので、技能だけ受けて合格すれば資格が取得できます。それゆえ技能に集中して対策できます。初年度は筆記試験だけでも必ず合格したいところです。


参考書.jpg




 第二種電気工事士の筆記試験の独学での対策について
 筆記の勉強方法は、今まで紹介してきたボイラー技士や危険物、冷凍機と同じように問題集を購入して問題を解きながら学んでいくのが良いと思います。第二種電気工事士の場合は、問題集と参考書が一緒になっているような書籍が多いので、このゆおな書籍を1冊購入して勉強することになります。

 1冊の問題集を何度も繰り返して勉強して、解答を見ないで正解を導き出せるようになれば、筆記試験は合格できます。勉強の進め方のポイントとしては、わからない問題があってもそこで止まっていないことです。数回読んで理解できなければ次へと進んでいって下さい。

 わからない問題で止まってしまうと挫折に繋がってしまいかねません。満点を取る必要もありませんので次に進んでいく勇気も必要です。一通り勉強し終わって繰り返しに入ると、理解できなかった問題も理解できるようになっていたりします。

 これは最初に勉強し始めた頃と1回一通り勉強した後では理解度に違いが出てくるということです。1回一通り勉強した後は、あまり理解していないつもりでも確実に少しは電気の知識が付いています。それゆえ2回目になると理解できることは増えてきます。

 これを3回、4回と増やしていくと、より一層理解できることが増えて問題集の解説や参考書の部分を読んでもわからないことは減ってきます。最初は理解できなくても、繰り返しの勉強で理解できるようになるということは、それだけ電気の知識がついてきたということです。

 問題集の選び方としては、お勧めは、やはり問題の数が豊富に収録されていて、解説が詳しいものが良いと思います。



 それでは第二種電気工事士の筆記試験に合格するためにお薦めの書籍の通信販売を紹介します。下記のバナーからリンク先で全ての書籍を通信販売で購入できます。通常配送であれば送料は無料です。



 第二種電気工事士の筆記試験対策にお薦めの問題集(書籍)について

 この書籍は、オーム社の「第二種電気工事士筆記試験標準解答集」です。市販されている中で一番のお薦めは、この問題集です。過去10年分の問題と解説が収録されています。問題数としては10年分収録されていますので申し分ないと思います。また解説も詳しいのでお薦めです。受験者からのの評価も高い問題集です。2017年版の最新のものが発売になっていますので新しいものを使用して勉強することをお勧めします。

2017年版 第二種電気工事士筆記試験標準解答集

新品価格
¥1,296から
(2017/2/5 16:59時点)








 この書籍は、電気書院の「第二種電気工事士筆記試験模範解答集」です。この問題集も過去10年分の実際に出題された問題が収録されていますので問題数も豊富ですし、解説もありますのでお薦めの書籍です。上記問題集の電気書院版です。この問題集も平成29年版の最新のものが発売になっていますので新しいものを使用して勉強することをお勧めします。

第二種電気工事士筆記試験模範解答集 平成29年版

新品価格
¥1,296から
(2017/2/5 17:03時点)








 問題集だけでなく、参考書も欲しい方にお薦めの書籍について

 また電気は難しい分野でもありますので、今までにあまり電気を学んだことがない方には、下記のような絵で見て覚えるシリーズの参考書で、電気理論を勉強してみることもお勧めの勉強方法です。イラストや写真を中心に説明されていますので初心者でも抵抗無く読むことができると思います。

 そして、これ1冊を読むことでかなり電気の知識がつくと思います。その後に問題集に入っていけば問題を解く上での理解もかなり深まると思います。お薦めの1冊ですし、受験者からの評価も高くなっています。



 この書籍は、オーム社の「ぜんぶ絵で見て覚える第2種電気工事士筆記試験すいーっと合格」です。市販されている第二種電気工事士の参考書としては読みやすいので一番のお薦めです。2017年版の最新のものが発売になっていますので新しいものを使用して勉強することをお勧めします。

ぜんぶ絵で見て覚える第2種電気工事士筆記試験すいーっと合格2017年版

新品価格
¥2,052から
(2017/2/5 17:12時点)








 次回は技能試験対策のための教材キット等を紹介します。記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/373728378.html


 関連記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/category/20809028-1.html























資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 17:26| Comment(6) | 電気工事士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

電気工事士の受験について







 中高年でも資格を持っていると就職を有利にすることができる職種の一つにビル設備管理があります。このサイトでは、その中で時々求人が見られる電気工事士の資格を前回の記事で紹介しました。

 今回は、その取得の仕方を書きたいと思います。電気工事士の資格を取得するには、国家試験で筆記と技能(実技)を受けてどちらにも合格しなければなりません。



 電気工事士試験の受験申請の時期について
 受験申請時期は第二種電気工事士が3月上旬〜4月上旬にかけて、第一種電気工事士が7月上旬〜下旬にかけて行われます。二種の試験は年に2回行われますが、どちらも受けるということはできません。

 1年のうち前半か後半かどちらかを選択して年に1度しか受けることができません。一種と二種は併願することも可能なため、どちらも受ける方は二種は前半の試験を受けることをお勧めします。


勉強3.jpg



 試験の行われる時期ついて
 第二種電気工事士は筆記試験が前半は6月上旬、後半が10月上旬です。技能試験は前半が7月下旬で後半が12月下旬です。 第一種電気工事士試験の試験は、筆記が10月上旬に行われ、技能は12月上旬に行われます。

 一種も二種も技能試験は筆記試験に合格した人だけが受験できます。筆記が不合格になってしまうと、その年の技能は受けることができません。また筆記に合格すると、その年の技能試験が不合格になっても、翌年は筆記免除で受験できます。

 それゆえ技能のみ受けて合格すると免状を申請することができます。但し、筆記免除で受験できるのは翌年のみで、2年連続で筆記が不合格になると3年目は、また筆記試験から受験する必要があります。

 第一種電気工事士は試験に合格しても実務経験が無いと免状が交付されません。しかし実務経験が無いうちは、第一種電気工事士に合格すると認定電気工事従事者として一部業務をすることができます。



 受験申請の仕方について
 受験申請の方法は、ゆうちょ銀行の払込取扱票による申し込みとインターネットによる申し込みがあります。払込取扱票は電気技術者試験センターから取り寄せることもできますが、電気工事関係雑誌にも付録として付いてきますので、受験申請時期が近くなってきたら雑誌を購入しても良いと思います。


 インターネット申請は、電気技術者試験センターのホームページから行うことができますので、リンクを貼り付けておきます。
 http://www.shiken.or.jp/index.html


 インターネット用受験案内
 http://www.shiken.or.jp/method/index.html



 受験料について

 平成28年度の試験では以下の通りです。

 第一種電気工事士 インターネット申し込み 10900円
          払込取扱票       11300円

 第二種電気工事士 インターネット申し込み  9300円
          払込取扱票        9600円
 




 次回は第二種電気工事士の勉強方法や対策について書きたいと思います。記事のリンクは以下の通りです。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/373654501.html



 関連記事のリンクを貼り付けておきます。 
 http://kamau1997.seesaa.net/category/20809028-1.html 
 http://kamau1997.seesaa.net/article/372346464.html

















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!









posted by KAMAU at 15:36| Comment(2) | 電気工事士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

ビル管理関係の就職にも有利になる電気工事士の資格







 中高年で就職活動をする時に資格を持っていると比較的採用の可能性が高くなる職業として、当サイトではビル設備管理を紹介してきました。

 そしてビル設備管理に就職する場合に有利な資格としてボイラー技士、冷凍機械責任者、危険物取扱者等を紹介してきました。今回はこれらに加えて、あわせ持つと有利な電気工事士の資格について書きたいと思います。



 電気工事士の種類について
 電気工事士には第一種電気工事士と第二種電気工事士があります。また第一種の試験に合格して経験が満たない場合に、経験を満たすまでの間に申請する認定電気工事従事者があります。

 一種は自家用電気工作物及び一般電気工作物の工事を行うことができる資格で、二種は一般電気工作物の工事を行うことができる資格です。

 簡単に言うと一種は600Vを超えて受電する工場やビルなどの設備を工事することができる資格です。二種は600V以下で受電する一般家庭や小さな商店などの工事を行うための資格です。


配線工事2.jpg



 認定電気工事従事者について
 第二種電気工事士は試験を受けて合格すると取得できますが、一種は試験を受けて合格してから3〜5年の実務経験がないと免状が交付されません。その間は認定電気工事従事者としての認定証を申請することになります。

 そして認定証が交付されると、一部自家用工作物の工事を行うことができるようになります。一般的には二種を先に取得して電気工事の仕事をしながら、ステップアップとして一種を受験する場合が多くなると思います。実務経験が少ないうちは二種と認定工事従事者として働くことになります。



 電気工事士の就職について
 就職として考えると電気工事士の資格ですから電気工事の会社に採用になり、働くのが一番給料が良いと思います。しかし資格を取ったというだけでは、既に電気工事の仕事を何年もしてきた人と同等に仕事をすることはなかなかできません。

 ですから30歳以下の若い時期に求職しているのであれば、電気工事をする職種で採用の可能性も高いと思いますが、中高年になってしまうと今までに電気工事の経験が無く、資格を取ったというだけではなかなか電気工事会社に採用になるのは難しいと思います。



 電気工事士のビル設備管理での就職について
 ビル管理という視点で見ると、中高年になってから資格を取得しても採用になる可能性があると思います。ビル管理の仕事でも電気工事士の資格が条件になっている求人があります。ビルの機械設備管理がメイン業務ですので、電気工事の業務がそれほど多くはありません。

 設備管理をしていると時々簡単な修理や営繕が必要になってくることがありますので、その時に工事を行うことになります。このようなことから中高年になってから電気工事士の資格を取っても、ビル管理の職種では十分に採用の可能性が出てきます。

 事実、電気工事士はビル管理の求人の場合は、ボイラー技士の次によく必要とされる条件の資格です。今まであわせ持つと有利な資格として、危険物取扱者や冷凍機械責任者を紹介してきましたが、就職に一番有利なのはボイラー技士と電気工事士と思います。

 ビル管理の現場ですので、本当に欲しいのは第一種電気工事士なのですが、実際に工事するのは本当に簡単なものであることが多いので、二種でも大丈夫なことが多くなっています。

 本格的な工事が必要な時には、電気工事会社に依頼することが多くなります。それで求人も第二種電気工事士でいい場合が多いので、まずは二種を取得したいところです。







 第二種電気工事士の試験について
 第二種電気工事士の試験には、電気の配線工事の実技試験があるので一朝一夕にはいきません。学科試験は、参考書や問題集を1冊買って勉強すれば何とかなりますが、実技試験はそうはいきません。

 工事の作業そのものはビデオ等を見ればすぐに覚えられますが、時間内に全ての作業を終えることはそう簡単ではないのです。実技試験は配線工事が最後まで終わってはじめて採点の対象になります。作業が最後まで終わっていなければそれだけで不合格になってしまいます。

 二種の実技試験のポイントは、いかに時間内に最後まで作業を正確に終了させるスピードをつけるかが鍵になります。そして電気工事の会社で働いていない限り、配線や部材などの材料もなかなか手に入りませんし、工具も揃えなければなりません。

 電気工事に携わっていない場合は、なかなか思う存分に配線工事の練習をすることができない場合が多く対策は少し大変です。





 次は第二種電気工事士の試験の受け方などを書きたいと思います。リンクは以下の通りです。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/373563178.html


 電気工事士についての記事を書いたカテゴリーへのリンクを紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/category/20809028-1.html


 ビル管理関係資格の関連記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/372346464.html
 http://kamau1997.seesaa.net/article/372606820.html
 http://kamau1997.seesaa.net/article/372859551.html

















就職・アルバイト ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!







posted by KAMAU at 14:45| Comment(4) | 就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする