2018年11月17日

運転免許を取得するなら合宿免許がお得というシステム紹介







 運転免許を取得するなら「合宿免許がお得」というシステムを紹介したいと思います。





 営業職でも運転免許は必要不可欠
 失業して再就職を考えて「何か資格を取得したい」と考えた時に一番最初に思い浮かんでくるのが「車の運転免許ではないか」と思います。運転免許の場合は「既に持っている方も多い」と思いますので、今までは他の資格を紹介してきました。

 しかし車の運転免許を持っていない場合には、免許を取得することで「就職できる範囲はかなり広がってくるもの」と思います。営業職でも社用車を使って外回りをするのには運転免許は欠かせません。

 またワゴン車等でちょっとした配送をしたり、届け物をしたりするのにも必要になります。このようなことを考えると「最近は車の免許を取得する人が少なくなってきた」といわれますが、免許を持っていないと仕事にならない職種は「まだまだ多い」です。

 それゆえ運転免許を持っている人と持っていない人では、就職できる可能性は大きく違ってきます。



運転.jpg




 宿泊料金込みでも費用はお得
 そこで今回は車の運転免許を取得するための合宿免許ができる自動車教習所を紹介します。失業してしまって「少し時間が取れて貯金も少しある」という方にはお勧めです。

 合宿というと「宿泊料金も掛かるし、かなりの費用が必要になるのではないか?」と心配になると思います。しかしトータル的にみると普通の教習所に通うのとそれほど変わらないか、それよりも安い費用で運転免許を取得することが可能です。

 是非下記のバナーからリンク先で費用を確認してみて下さい。教習所までの交通費も支払ってもらえるところが多くなっています。









 30歳までは規定時間をオーバーしても追加料金が掛からない
 そして何より良いと思うのが年齢が30歳ぐらいまでは「規定時間をオーバーしてしまっても追加料金が掛からない」ところが多いことです。

 入校から卒業までのトータルの料金として支払いますので、運転技術がなかなか習得できずに時間をオーバーしてしまっても、料金が追加されない学校が多くなっています。

 30歳を過ぎてもプラス10時間ぐらいまでは追加の料金が発生しないところが多くなっています。追加料金が発生しない規定時間の設定は、学校によって年齢やオーバーできる時間が違いますのでバナーからのリンク先で確認してください。

 宿泊も規定の宿泊数から4〜5泊ぐらいまでは、追加料金なしで宿泊ができるようになっています。合宿免許というシステムの費用は、教習料金、宿泊料金、食事代、交通費など全てを含んだ料金なので「トータル的に考える」と非常にお得にできています。



トラック.jpg




 短期間で免許が取得できるのも魅力
 合宿期間は最短で普通車のオートマチック限定で14日、マニュアルで16日程度のようです。また既に普通免許を持っている方には、不況に強く、仕事も豊富にある大型免許や二種免許も合宿で取得できます。

 大型は10日前後で取得できるようなので、こちらを取得するのもお勧めです。全国各地の合宿ができる教習所を紹介していますので、自宅の近くの教習所を探してみて下さい。

 そして、まずは必要な料金を確認してみて下さい。自宅近くの普通の教習所と比べてみると「そのお得さに驚くのではないか」と思います。普通の教習所で「かなり規定をオーバーしてしまうぐらいなら」合宿の方が断然お得です。

 合宿の場合は色々な仲間もできますし、就職についても色々な人と話をして「次の人生を考えるのも悪くない」と思います。



 下記のバナーからリンク先で合宿免許への申し込みができます。






 しかし「どこの教習所に通えばいいのかよくわからない?」という方も多いかと思います。それゆえ、どこの合宿免許教習所人気があるのか、というランキングの情報を書いているサイトを紹介している記事を書いていますのでそのリンク先を紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/416734866.html






資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!

posted by KAMAU at 08:27| Comment(12) | その他資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上級アマチュア無線技士の合格を目指すために計算問題に特化した参考書の紹介







 第一級や第二級のアマチュア無線技士を目指す上で「計算問題が苦手」というような方のためにお薦めの参考書を紹介したいと思います。





 上級アマチュア無線技士の魅力
 第四級や第三級アマチュア無線技士の資格を取得して、実際に無線を始めると「上級の第一級や第二級のアマチュア無線技士の資格が欲しくなってくる」と思います。

 3アマでも「十分楽しめる」という話もありますが、やはり上級にしか使用が許可されていない14MHZ帯のような周波数帯にオンエアできることは、海外とも簡単に交信できるようになるのでかなりの魅力です。



参考書.jpg




 初級と上級では試験のレベルの差が大きい
 しかし初級のアマチュア無線技士と上級資格の間には、少し学科試験のレベルに差があります。3アマまでは比較的簡単に取得できますが、2アマ、1アマとなってくると少し難易度が上がってきます。

 その難易度の差が出るのが計算問題です。以前は、上級アマチュア無線技士の資格には「モールス信号の実技試験」というものがありましたので別の意味で難しい面がありました。

 しかしモールスの実技試験が無くなった今現在では「計算問題の難しさの差こそ、1アマ、2アマの難しさの壁になっているのではないか」と思います。





 計算問題をわかりやすく説明
 そこで今回は、1アマ、2アマの計算問題に特化した参考書を紹介します。今までに参考書や問題集の解説を読んでも理解できなかった方は、是非この参考書を試してみてはいかがかと思います。

 計算過程が詳しく記述されているだけでなく、できるだけ簡単にわかりやすく解くことができるように解説されています。2アマ用の参考書では、難しい計算式を利用せずに四則の計算だけで正解を導き出せるようにしています。

 そして実際に、この参考書を利用した受験者からの声も「計算がわかりやすく、詳しく説明されている」ということで非常に評価の高い書籍です。

 今まで「私は計算問題が苦手なので、1アマ、2アマは、無理」と思っていた方にも「是非この参考書を使ってみて欲しい」と思います。計算問題が克服できれば「ぐっと1アマ、2アマといった憧れの上級資格が近づいてくる」と思います。

 1アマ、2アマを取得してローカル局に自慢してしまいましょう。





 それでは書籍を紹介します。下記のバナーからリンク先で購入できます。送料は通常配送であれば無料です。1アマ用と2アマ用で、それぞれ計算問題に特化した参考書なので是非お試しください。





 計算問題が苦手な方にお薦めの参考書


 2アマ用 計算問題に特化した参考書

 この書籍は、東京電機大学出版局の第二級アマチュア無線技士国家試験 計算問題突破塾です。

第二級アマチュア無線技士国家試験 計算問題突破塾

新品価格
¥2,160から
(2018/11/13 03:25時点)








 1アマ用 計算問題に特化した参考書

 この書籍は、東京電機大学出版局の第一級アマチュア無線技士国家試験 計算問題突破塾です。

第一級アマチュア無線技士国家試験 計算問題突破塾

新品価格
¥2,808から
(2018/11/13 03:27時点)








 関連記事のリンクを貼っておきます。

 アマチュア無線技士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829043-1.html

 アマチュア無線の楽しみ方
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21515063-1.html

 特殊無線技士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829037-1.html

 無線通信士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829040-1.html

 無線技術士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21013711-1.html






















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 03:37| Comment(5) | アマチュア無線技士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

第二級アマチュア無線技士の国家試験の内容と合格するための書籍紹介







 第二級アマチュア無線技士の国家試験の内容と合格するための対策方法、そしてお勧めする参考書や問題集を紹介します。





 国家試験の科目と出題数
 第二級アマチュア無線技士の国家試験には、以下の2科目があります。そして出題数は、以下の通りになっています。

 無線工学 A形式問題 20問 
      B形式問題  5問

 法規   A形式問題 24問
      B形式問題  6問





 A形式問題、B形式問題とは?
 A形式問題とは「1つの問題の中に選択肢が4〜5項目あり、その中から正解を1つ選ぶ」という形式で1問で5点の配点になっています。それゆえ、この問題は1問間違っただけで5点得られないことになります。

 B形式問題とは「1つの大きな問題の中に5つの設問があり、その設問ごとに1点の配点があります。1つの設問を間違えたからといって、その問題全てが不正解となるわけではありません。」全ての設問に正解すれば1問の中で5点得られます。





 国家試験の合格基準
 合格基準は無線工学が125点満点中87点以上の正解が必要です。法規が150点満点中105点以上の正解が必要です。どちらも7割ぐらいの正答率が必要なので「結構難しい試験」と言えます。

 科目合格の制度がありませんので、一度に2科目同時に合格する必要があります。どちらか片方の科目で「合格基準に達しない」と、もう片方の科目が満点でも不合格になってしまいます。



参考書.jpg




 モールスの受信試験は廃止
 また第二級アマチュア無線技士の国家試験からもモールス信号の受信試験が無くなりました。しかし法規の科目の中で、モールス符合の問題が出題されます。それゆえモールス符号は覚えている必要があります。

 この問題はモールス符号を知っていれば「確実に正解できるもの」なので「確実に点数にしたい」ところです。





 国家試験の対策について
 試験の対策方法としては、試験問題の8割ぐらいは過去に出題された問題とほぼ同じものが出題されます。それゆえ問題集を購入して完璧に覚えれば合格できます。しかし7割の正解率が必要な中で、既出問題の中から合格点を取るのはかなりの努力が必要です。

 合格だけを考えるのであれば解説付きの問題集を購入して「じっくり勉強すれば大丈夫」です。しかし今後「1アマを目指す」とか「プロの資格を目指す」という方は、できるだけ参考書も購入して勉強した方が良いと思います。





 参考書の読み進め方
 参考書は最初に「ザッと一通り読んで問題集に入る」という感じで良いと思います。最初は読んでみて理解できなくても「あまり気にせず読み進めていっていい」と思います。

 4アマや3アマから2アマにステップアップすると試験のレベルはかなり上がります。このようなことから、今までに電気や電子、通信、無線といったことを「本格的に勉強したことが無い」方にとっては、最初は参考書を読んでも「理解できない」ところは多いかもしれません。

 しかし参考書を読んで「理解できない」からといって「そこで止まってしまう」と挫折に繋がってしまいます。それゆえ「参考書は一通り読んで、何か少しでも知識が増えれば良い」という感じで「読み進めていい」と思います。





 問題を解く力は問題集でつける
 2アマの勉強の主流は問題集です。問題集を解説を読みながらじっくり勉強します。解説を読んでもわからないところは「参考書をじっくり読んでみる」ことをお勧めします。最終的にどうしても理解できないところは「暗記でも良い」と思います。

 問題集を繰り返し勉強して、全ての問題において解答を見ないで正解を選べるようになれば合格できます。新問対策をするのであれば、問題集を繰り返し勉強した後で「参考書をじっくり読んでみる」ことをお勧めします。

 問題集を勉強した後に参考書を読み返してみると「最初に勉強した時よりも理解できるところが多くなっている」ことが自覚できると思います。理解できることが多くなっているということは「それだけ勉強になっている」ということなので「新問対策にもなる」と思います。





 それでは2アマ対策用書籍の通信販売を紹介します。下記のバナーからリンク先で購入できます。送料は各バナーのリンク先でご確認ください。





 第二級アマチュア無線技士のお薦め参考書

 この書籍は1アマ、2アマという上級アマチュア無線技士を受けるための参考書の定番です。私もこのハムになる本シリーズで合格することができました。

 上級アマチュア無線技士の参考書の中では「読んでいてわかりやすい」書籍と思います。市販されている参考書としてはこれが一番のお薦めです。

新 上級ハムになる本

新品価格
¥2,808から
(2018/11/9 03:38時点)








 この書籍は、東京電機大学出版の第二級アマチュア無線技士用の参考書「第2級ハム 集中ゼミ」です。上記の「上級ハムになる本」は、出版日から少し年数が経ってきているので、そういった意味ではこちらの書籍がお薦めです。

第2級ハム 集中ゼミ

新品価格
¥3,024から
(2018/11/9 03:50時点)








 第二級アマチュア無線技士のお薦め問題集

 この書籍はCQ出版社の「第2級ハム国家試験問題集」です。解説が詳しいので今現在市販されている第二級アマチュア無線技士の問題集としてはこれが一番のお薦めです。

 最新の2018年、2019年版が4月に発売になりましたので、新しいものを使用して勉強することをお勧めします。

第2級ハム国家試験問題集 2018/2019年版 (アマチュア無線技士問題集)

新品価格
¥3,024から
(2018/11/9 03:40時点)








 この書籍は東京電機大学出版局の第二級アマチュア無線技士用の問題集です。問題数を多くこなすなら、こちらの問題集もお薦めです。

第二級アマチュア無線技士試験問題集 (合格精選400題)

新品価格
¥3,024から
(2018/11/9 03:51時点)








 計算問題が苦手な方にお薦めの参考書

 そして第二級アマチュア無線技士ぐらいのレベルになると「計算力が必要になってくる問題」も出題されます。そこで「2アマは計算問題が難しいので受験しない」と思っている方に、是非お薦めしたいのが、この2アマ用の計算問題の参考書です。

 詳しい計算過程が掲載されているだけでなく、簡単に四則の計算だけを用いて正解が導き出せるように解説しています。計算問題が苦手という方は、是非この参考書を使ってみてください。


 この書籍は東京電機大学出版局の「第二級アマチュア無線技士国家試験 計算問題突破塾」です。

第二級アマチュア無線技士国家試験 計算問題突破塾

新品価格
¥2,160から
(2018/11/9 03:53時点)






 次回は1アマの国家試験対策用の書籍を紹介します。記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/382124597.html



 関連記事のリンクを貼っておきます。

 アマチュア無線技士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829043-1.html

 アマチュア無線の楽しみ方
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21515063-1.html

 特殊無線技士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829037-1.html

 無線通信士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829040-1.html

 無線技術士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21013711-1.html





未経験からプロのエンジニアを育てるオンラインブートキャンプ












資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 04:01| Comment(3) | アマチュア無線技士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

第一級と第二級アマチュア無線技士の国家試験受験方法について







 第一級、第二級アマチュア無線技士の国家試験の受験方法について書きたいと思います。





 1アマ、2アマは国家試験での取得がお薦め
 今まで上級のアマチュア無線技士には「養成課程講習会」という制度が無かったので、国家試験受験するしか取得する方法がありませんでした。しかし最近では3アマを持っていれば、第二級アマチュア無線技士のeラーニングの養成課程講習会を受講できるようになりました。

 しかし講習会の受講料が、49,750円(22歳以下は19,750円)と少し高めであることから「国家試験を受験して取得する方がお勧め」と思います。このようなことから今回は国家試験の受験方法を紹介します。





 国家試験の時期と受験申請について
 1アマ、2アマの国家試験は、4月、8月、12月の年3回行われます。受験申請の受付は、試験の行われる2ヶ月前の1日〜20日前後です。受験申請の方法は、インターネットによる申請と受験申請書を取り寄せて郵送で申請する方法があります。


 インターネットによる受験申請は、日本無線協会のホームページから行うことができますのでリンクを貼っておきます。
 http://www.nichimu.or.jp/


受験申請書を取り寄せる方法は情報通信振興会のオンラインショップを利用するのが簡単ですのでリンクを貼っておきます。
 http://www.dsk.or.jp/shop/132_577.html


 受験料は以下の通りです。(平成30年現在)

 2アマ 7462円
 1アマ 8962円

 平成29年6月からハガキの郵便料金が10円値上げになりましたので、それに伴って受験料も10円値上げになりました。ご注意ください。


 受験地等の国家試験の詳しい情報は日本無線協会のホームページに書いてありますのでリンクを貼っておきます。
 http://www.nichimu.or.jp/kshiken/pdf/ama1-2.pdf



 次回は2アマの国家試験対策のための書籍を紹介します。記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/382044127.html


 関連記事のリンクを貼っておきます。

 アマチュア無線技士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829043-1.html

 アマチュア無線の楽しみ方
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21515063-1.html

 特殊無線技士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829037-1.html

 無線通信士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829040-1.html

 無線技術士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21013711-1.html





未経験からプロのエンジニアを育てるオンラインブートキャンプ












資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!

posted by KAMAU at 03:32| Comment(7) | アマチュア無線技士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

第三級アマチュア無線技士の試験対策のための書籍紹介







 第三級アマチュア無線技士の国家試験対策のための書籍を紹介します。





 第三級アマチュア無線技士の免許を取得するメリット
 第三級アマチュア無線技士は、使用が許可されている周波数帯では、無線機の空中線電力が50Wまで認められるようになります。第四級アマチュア無線技士では、VHF以上で20W、また使用が認められているHF帯で10Wまでしか認められません。

 それゆえ3アマを取得するとかなりのパワーアップをすることができるようになります。アマチュア局の場合は「移動する局」では、第一級アマチュア無線技士を持っていても空中戦電力は50Wまでしか許可されません。

 それゆえ3アマまで取得すれば「移動する局」だけの無線局の場合には、空中線電力からみると最高の出力を出すことができるようになります。





 移動する局とは?
 「移動する局」とは、車に無線機を取り付けるとか、登山の時に持って行って電波を出すとか、旅行先で電波を出す等です。3アマは50Wまでしか許可になりませんから移動する局として開局する方が便利です。

 普段は自宅で無線機を使用する場合でも、移動して電波を出す可能性があるのであれば「移動する局」として開局しなければなりません。旅行先等の自宅以外で無線機を使って電波を出す場合は必ず「移動する局」として開局するする必要があります。

 「移動する局」として開局することで自宅から電波を出すことも、移動して電波を出すこともできるようになります。





 移動しない局とは?
 第二級アマチュア無線技士以上の資格を持っていると「移動しない局」では空中線電力が200Wまで認められます。しかし2アマでも移動する局の場合は50Wまでしか認められません。これは1アマを持っていても同じです。

 「移動しない局」とは、免許状に記載された住所以外の場所では「無線機を使用しない局」ということになります。(免許状に記載された住所以外では無線機を使用して電波を出すことができません)
 
 しかし移動する無線機と移動しない無線機を別々にすることにより、一つのコールサインで「移動する局」と「移動しない局」の2つを開局することもできます。





 3アマの試験のレベルは4アマとほぼ同等
 3アマの試験のレベルは4アマとほぼ同じです。出題範囲が少し広がりますので試験問題の出題数が増えますが、あまり大きな差とは言えないぐらいのものです。

 以前は3アマにはモールス受信の実技試験がありましたので、4アマの試験とはかなり違う部分がありましたが、今現在ではそれほどの差は無いように思います。

 しかし上にも書きましたが操作範囲は4アマとはかなり違ってきます。「HF帯で50W出すことができる」ということは、海外と交信したりする時にかなり違ってきます。それゆえ3アマを取得する意義は「ある」と思います。逆に4アマの存在意義はあまり無くなってきたように思います。





 第三級アマチュア無線技士の試験対策
 3アマの試験もそのほとんどが過去に出題された問題と同じ問題が出題されます。それゆえ問題集を1冊買ってそれを全て覚えてしまえば必ず合格できます。

 基本的に試験対策は3アマ用の書籍を使用すれば4アマと同じで構わないと思います。このようなことから受験費用等節約のため効率的に受けるのであれば3アマから受験して良いように思います。

 3アマの合格基準は無線工学が14問中9問以上の正解、法規が16問中11問以上の正解です。科目合格の制度はありませんので、どちらの科目でもこの基準を上回る必要があります。どちらか片方の科目がこの基準未満ですと、もう1科目が満点でも不合格になってしまいます。





 それでは3アマの試験対策のための書籍の通信販売を紹介します。下記のバナーからリンク先で全ての書籍を通信販売で購入することができます。送料は通常配送であれば無料です。





 第三級アマチュア無線技士のお薦め参考書

 この書籍は第三級アマチュア無線技士のCQ出版の参考書と問題集が一緒になったものです。最新の2018年版が発売になっていますので、新しいものを使用して勉強することをお勧めします。

第3級ハム国試 要点マスター 2018 (アマチュア無線技士問題集)

新品価格
¥1,296から
(2018/11/3 04:00時点)








 この書籍は第三級アマチュア無線技士の東京電機大学出版局の参考書と問題集が一緒になったものです。上記CQ出版社のものよりも解説が詳しいので、そういう意味ではお薦めの書籍です。詳しい解説の問題集が欲しい方にはこの書籍をお薦めします。

第三級アマチュア無線技士試験問題集 (合格精選330題)

新品価格
¥1,944から
(2018/11/3 03:59時点)








 第三級アマチュア無線技士のお薦め問題集

 この書籍は第三級アマチュア無線技士のCQ出版社の解説付き問題集です。現在市販されている3アマの問題集としては、これが1番のお薦めです。4アマを既に持っている方であれば、この問題集1冊で大丈夫と思います。

 最新の2018年、2019年版が発売になっていますので、新しいものを使用して勉強することをお勧めします。

第3級ハム解説つき問題集 2018/2019年版 (アマチュア無線技士問題集)

新品価格
¥2,160から
(2018/11/3 04:02時点)






 次回は4アマ、3アマの免許の申請方法とアマチュア無線局の開局の仕方について書きたいと思います。記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/381664693.html


 関連記事のリンクを貼っておきます。

 アマチュア無線技士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829043-1.html

 アマチュア無線の楽しみ方
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21515063-1.html

 特殊無線技士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829037-1.html

 無線通信士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829040-1.html

 無線技術士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21013711-1.html





未経験からプロのエンジニアを育てるオンラインブートキャンプ












資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 04:16| Comment(6) | アマチュア無線技士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

第四級アマチュア無線技士の国家試験対策とお薦めの書籍







 第四級アマチュア無線技士の国家試験対策と使用する書籍を紹介したいと思います。





 国家試験は過去に出題された問題と同じ問題が出題
 4アマの国家試験のレベルは、特殊無線技士で言うと第二級陸上、第二級海上、航空特殊無線技士と同じぐらいです。試験科目は無線工学と法規の2科目です。試験問題は「ほぼ過去に出題された問題と同じもの」が出題されます。

 法改正があれば1問ぐらいは新しい問題が出る可能性はありますが、ほぼ全問が過去に出題された問題が「そのまま出題される」と考えていいと思います。

 それゆえ試験対策も問題集を買ってきて、それを覚えてしまえば必ず合格できます。内容が理解できなくても「この問題が出たらこれを選ぶ」という覚え方でも合格できてしまいます。



アンテナ1.jpg




 丸暗記の勉強方法はお勧めしません
 過去に出題された問題と同じ問題がそのまま出題されるので、意味もわからずに丸暗記でも合格することができます。しかし将来的に「上級のアマチュア無線技士やプロの無線資格も目指したい」というのであれば、4アマ受験の時から理解しながらの勉強をお勧めします。

 私のお勧めの勉強方法としては問題集の丸暗記でなく、教科書を購入して「それを読むことから始める」という方法です。しかし、四級とはいえ、電気、電子、通信、無線というような分野に詳しくない人から見れば、教科書の技術的な内容は「わからないことも書いてある」と思います。





 勉強の進め方
 教科書を読んでも理解できないところは、そこを数回読んで、それでも理解できないようであれば、気にせずにそのままにして先に進んでしまいます。問題を解く力は、後で問題集を勉強する時につけるようにします。

 最終的には、理解できなくても「問題集の問題を全て解答を見ないで正解を選べるようになれば」必ず合格できます。それゆえ先に進んでいくということは重要です。「理解できない」とそこで止まってしまっては、挫折に繋がります。

 理解できないところは「暗記でも仕方ない」と思います。4アマ程度の試験であれば、理解できないところは「新しく覚えなければならないこと」として覚えるようにした方がよいと思います。

 しかし問題集を勉強していて理解できないところは、できれば「教科書に戻ってじっくり読んで欲しい」と思います。このようにして勉強していけば基礎が出来上がってきますので、将来的に上級の資格を目指す時に役に立つと思います。

 やはりアマチュア無線も本格的に楽しむためには1級や2級が欲しいところです。





 国家試験の合格基準について
 試験の合格基準は無線工学と法規共に12問出題されますが、どちらの科目でも8問以上の正解が必要です。片方の科目で8問未満の正解ですと、もう1科目が満点でも不合格になってしまいます。アマチュア無線技士には科目合格の制度がありませんので1度の試験で全ての科目に合格する必要があります。



 下記のバナーからリンク先で購入できます。送料は通常配送であれば無料です。



 第四級アマチュア無線技士のお薦め参考書

 この書籍は、第四級アマチュア無線技士の養成課程講習会用の教科書です。講習会を受けなくても購入できますので参考書としては最適です。

第四級アマチュア無線教科書: 無線従事者養成課程用教科書

新品価格
¥1,080から
(2018/10/30 03:48時点)








 第四級アマチュア無線技士のお薦め問題集
 4アマの場合は解説が詳しくない問題集も多いのですが、このサイトでは解説付きのこの問題集をお薦めします。やはり解説をじっくり読んで理解することが実力がつく一番の方法です。


 この書籍は、第四級アマチュア無線技士用の東京電機大学出版局の問題集です。今現在市販されている問題集の中ではこれが一番のお薦めです。受験者からの評価も高い問題集です。

第四級アマチュア無線技士試験問題集

新品価格
¥1,728から
(2018/10/30 03:49時点)








 この書籍は、CQ出版社の「第4級ハム国試 要点マスター 2018」 (アマチュア無線技士問題集)です。解説はあまり詳しくありませんが、2018年版ということで、最新の出題された問題に対応しています。

第4級ハム国試 要点マスター 2018 (アマチュア無線技士問題集)

新品価格
¥1,296から
(2018/10/30 03:27時点)








 この書籍は、誠文堂新光社の「初級アマチュア無線予想問題集2018年版: 完全丸暗記」です。4アマの場合、丸暗記の勉強方法も多いので、この問題集が定番になっているようにも思います。

 解説が「あまりない」ので、そういう面ではお薦めできませんが、2018年版なので最新の問題に対応しています。

初級アマチュア無線予想問題集2018年版: 完全丸暗記

新品価格
¥1,296から
(2018/10/30 03:31時点)





 次回は3アマ用の試験対策の書籍を紹介します。記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/381572017.html


 関連記事のリンクを貼っておきます。

 アマチュア無線技士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829043-1.html

 アマチュア無線の楽しみ方
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21515063-1.html

 特殊無線技士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829037-1.html

 無線通信士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829040-1.html

 無線技術士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21013711-1.html












資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!

posted by KAMAU at 03:46| Comment(2) | アマチュア無線技士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

第四級と第三級アマチュア無線技士の取得方法







 初級の第四級や三級のアマチュア無線技士の資格取得方法について書きたいと思います。





 初級アマチュア無線技士の取得方法
 4アマ、3アマの取得方法は国家試験を受ける方法と養成課程講習会を受ける方法があります。国家試験が比較的簡単であることから試験で取得する方が手軽とは思いますが、講習会も全国各地で行われていますので受講もしやすくなっています。

 国家試験は全国各地で色々な時期に行われています。東京、札幌、名古屋では、ほぼ毎月受けることができます。





 国家試験の受験申請について
 受験方法は、インターネットによる申請と受験申請書を郵送して提出する方法があります。インターネットによる申請は、日本無線協会のホームページから行うことができますのでリンクを貼っておきます。
 http://www.nichimu.or.jp/


 受験申請の時期は、インターネット申請でも、受験申請書の提出でも、試験が行われる2ヶ月前の1日〜20日前後に行われます。

 受験申請書の入手は、情報通信振興会のオンラインショップを利用する方法が簡単なのでリンクを貼っておきます。

 各級アマチュア無線技士用
 https://www.dsk.or.jp/shop/77_577.html

 

 受験料は以下の通りです。(平成30年現在)

 4アマ 5012円
 3アマ 5262円

 平成29年6月に郵便ハガキの送料が10円値上げになったことで、受験料も10円値上がりになりました。





 東京本部の国家試験当日受付受験について
 国家試験の時期は全国各地で違います。また東京本部では、試験当日に申し込んで受験できる「当日受付受験」というものがあります。特に試験を受ける予約をする必要もなく、当日試験会場に直接行って受付をして受験できます。定員200名になり次第締め切られます。


 全国各地の試験時期や東京の当日受け付け受験等の詳しい情報は日本無線協会のホームページに書いてありますのでリンクを貼っておきます。
 http://www.nichimu.or.jp/kshiken/pdf/ama3-4.pdf





 第四級アマチュア無線技士の養成課程講習会について
 4アマの養成課程講習会も全国各地色々な場所で行われています。年齢制限も無く誰でも受講できます。講習の内容は以下の通りです。

 無線工学 4時間
 法規   6時間

 これに最後に修了試験が1時間行われます。

 土日に受けるコースは2日間、平日夜間コースは5日間で行われます。

 受講料は、22750円です。(平成30年現在)この中に教材費や修了後の免許の申請手数料も含まれています。また高校生以下(18歳以下)は、7750円で受講することができます。

 国家試験の受験料には年齢での割引制度はありません。それゆえ国家試験の受験料や参考書や問題集を購入したり、免許の申請手数料等を考えると18歳以下であれば、養成課程講習会で免許を取った方がお得かもしれません。

 最後に修了試験がありますが、講習会の中で出題ポイントなど丁寧に教えてくれますので不合格になることはほとんどありません。





 第三級アマチュア無線技士の養成課程講習会について
 3アマの講習会は第三級短縮コースというのがあります。これは4アマを持っていることが受講できる条件になります。こちらには年齢による割引制度はありません。

 講習内容は以下の通りです。

 無線工学 2時間
 法規   4時間

 修了試験が1時間です。

 受講料は、12750円です。(平成30年現在)


 養成課程講習会の場所と日程は、日本アマチュア無線振興会(JARD)のホームページに書いてありますのでリンクを貼っておきます。日本地図で地元をクリックすると日程を見ることができます。
 http://www.jard.or.jp/yoseikatei/course/schedule/choice.html



 次回は4アマの国家試験対策のための書籍を紹介します。記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/381486987.html



 関連記事のリンクを貼っておきます。

 アマチュア無線技士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829043-1.html

 アマチュア無線の楽しみ方
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21515063-1.html

 特殊無線技士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829037-1.html

 無線通信士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829040-1.html

 無線技術士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21013711-1.html






















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!

posted by KAMAU at 03:57| Comment(11) | アマチュア無線技士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

無線でプロを目指す上でも取得して欲しいアマチュア無線技士の資格







 アマチュア無線技士について書きたいと思います。アマチュア無線技士は仕事や職業的なことではなく、趣味で無線をするために必要な資格です。もちろん空中線電力が小さいものであれば免許は必要ありませんが、ある程度大きな電波を出すには、このアマチュア無線の資格が必要です。





 アマチュア無線の魅力
 今現在はインターネットがあれば全世界とコミュニケーションすることができますし、携帯電話も普及していますので、以前ほど純粋に無線をしたくて「この資格を取得する人」は少なくなっているように思います。

 それでも、今でもアマチュア無線で全世界と交信することは可能です。私も南極昭和基地も含めて世界各国と交信しました。そして交信するとカード交換のようなことも行いますので、色々なカードを集めることも可能です。

 後に私が集めたカードの一部も紹介したいと思います。インターネットと違い「自分の家から出た電波が世界中に届いた」と思うと醍醐味もまた違ってくると思います。

 また山に登る人には、是非無線機を持って行って欲しいと思います。小型のトランシーバーでも高い山に登れば思わぬ遠くの人と交信できます。そして、もしもの時の連絡にも役に立つと思います。



アンテナ1.jpg




 無線のプロを目指す場合に実践的なことも学ぶことができる
 資格として考えると特殊無線技士から受験する人も多いと思いますが、アマチュア無線から取得して実際に無線機を使ってみて色々勉強することもお勧めです。アンテナや電波がどのようなものであるか体感的にわかることもあります。

 また測定器のようなものも使うことがあれば、プロの無線を学ぶ上でも勉強になることは多いです。将来的に無線通信士や無線技術士を目指す方には、是非アマチュア無線の免許を取得して実際に無線機を使用し、交信して欲しいものです。





 アマチュア資格でも就職に役立つことも
 そして就職にも役に立つことがあります。第一級アマチュア無線技士の資格を取得すれば、無線設備の検査を行う登録検査等事業者制度の点検員になることができます。このことから無線設備の定期検査のための点検をしている会社には就職できる可能性が出てきます。

 もちろんアマチュア資格なのでプロの設備を使って電波を出すことはできないのですが、仕事として点検を行うことはできます。アマチュアと言えども試験に出題される技術レベルは、二級であれば航空無線通信士や第四級海上無線通信士と同等のレベルです。

 一級であれば第三級総合無線通信士の無線工学と同じぐらいのレベルになります。それゆえ結構技術的にも高いレベル資格です。





 初級の資格は電気、電子、無線の初歩を学ぶのにお勧め
 また4級や3級は特殊無線技士と同等に簡単に取得できるレベルの資格です。基礎から電気や電子、通信技術を学ぶ上でも良い資格です。アマチュア無線技士も4アマとか1アマのように表記されることがありますので当サイトでもどちらの表現も使用します。



 次回は4アマや3アマの取得の仕方について書きたいと思います。記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/381403737.html



 関連記事のリンクを貼っておきます。

 アマチュア無線技士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829043-1.html

 アマチュア無線の楽しみ方
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21515063-1.html

 特殊無線技士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829037-1.html

 無線通信士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829040-1.html

 無線技術士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21013711-1.html






















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 03:48| Comment(5) | アマチュア無線技士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

家電製品アドバイザーの合格を目指すために通信講座の紹介







 このサイトでは、今までに家電製品アドバイザーに独学で合格できるように勉強方法やお薦めする参考書や問題集等について書いてきました。今回は、職業訓練法人 日本技能教育開発センターが行っている習っ得シリーズの家電製品アドバイザーの通信講座を紹介したいと思います。



テレビ1.jpg




 3つのコースに分かれている通信講座
  この通信講座は、AV情報家電製品アドバイザー、生活家電製品アドバイザー、そしてこの2つのアドバイザーをあわせた家電製品総合アドバイザーと3つに分かれています。家電製品総合アドバイザーは、AV情報家電と生活家電どちらも合わせた資格です。





 このサイトでもお薦めしているNHK出版のテキストを使用
 今回紹介する日本技能教育開発センターの通信教育で使用するテキストは、このサイトでも独学で合格を目指す時にお薦めしているNHK出版の参考書を使用します。それゆえ「良いテキストを使用している」と思います。

 また問題集も充実していますので、非常に良い講座のように思います。家電製品アドバイザーも総合を目指すとなると参考書や問題集を揃えるだけでも結構高額になりますので「最初からこの講座に絞って合格を目指すのも一つの方法」と思います。

 また今までにNHK出版の参考書を買って勉強してみたが「あまりよくわからない」という方は、この講座を受けてレポート提出をして添削を受けたり、アドバイスを受けたりすることによって理解できるようになるかもしれません。









 何といっても質問できることが強み
 質問件を利用することで、質問することができます。これを有効利用して「理解できなかったところを集中的に指導してもらう」ということも可能です。独学で勉強していて効果が出ていない方には「お勧めの講座ではないか」と思います。

 費用も総合アドバイザーで税込 23,760 円、AVか生活家電製品どちらかだけだと税込 20,520 円です。片方だけ受けるのと総合で費用にあまり大きな差がありませんので、総合アドバイザーを受講した方がお得かと思います。
 
 受講期間は家電製品総合アドバイザーで標準4ヶ月ですが、8ヶ月までは在籍期間として認められます。AVか生活片方だけの場合は3ヶ月で在籍期間は6ヶ月まで認められます。





 この通信教育の講座は、下記のバナーからリンク先で申し込みすることができます。ここで申し込むことによって教材が送られてきます。





 家電製品総合アドバイザーの通信講座

 この講座は、家電製品総合アドバイザーの通信講座です。

通信教育「家電製品アドバイザー講座(総合)」

価格:23,760円
(2018/10/16 01:39時点)
感想(0件)








 AV情報家電製品アドバイザーの通信講座

 この講座は、AV情報家電製品アドバイザーの通信講座です。

通信教育「家電製品アドバイザー資格受験講座(AV情報家電)」

価格:20,520円
(2018/10/16 01:40時点)
感想(0件)








 生活家電製品アドバイザーの通信講座

 この講座は、生活家電製品アドバイザーの通信講座です。

通信教育「家電製品アドバイザー資格(生活家電)」

価格:20,520円
(2018/10/16 01:41時点)
感想(0件)






 家電製品アドバイザーを独学で合格を目指す方のために使用する参考書や問題集を紹介した記事へのリンクです。
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21358543-1.html





未経験からプロのエンジニアを育てるオンラインブートキャンプ












資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 01:35| Comment(1) | 家電製品関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

家電製品エンジニアやアドバイザーのエグゼクティブチャレンジについて







 家電製品エンジニアやアドバイザーの資格を既に持っている方が、ゴールドグレードやプラチナグレードの上位資格にするためのエグゼクティブ・チャレンジについて書きたいと思います。





 高得点で合格するとゴールドグレードに
 家電製品エンジニアやアドバイザー資格にゴールドやプラチナグレードという制度ができました。これは試験を受ける時に高得点で合格すると得られるグレードです。試験問題そのものは普通のエンジニアやアドバイザーと変わらない同じもので行われます。

 試験の点数が高いことでゴールドやプラチナグレードになりますので、電製品エンジニアやアドバイザーの上位資格ということになります。この制度ができてから受験した方は、普通に試験を受けて高得点になればゴールドグレードでの合格となります。



デジカメ1.jpg




 エグゼクティブ・チャレンジは資格所有者への受験料優遇制度
 しかし、この制度はまだできてからそれほど時間が経っていないので「この制度ができる前にこれらの資格を取得した」とか「試験を受けた時にゴールドグレードになるための点数に足りなかった」とか「これらのグレードに認定されていない人」のためにエグゼクティブ・チャレンジという制度があります。

 ようするに初めて資格を取得する時と同じように試験を受けるのですが、資格所有者がゴールドやプラチナグレードに挑戦する場合は「受験料が安く受けられる」という制度です。初めて試験を受ける人には、この制度は適用になりません。

 初めて家電製品エンジニアやアドバイザーを受ける場合や、過去の試験で不合格になった場合は、普通の受験料を払って試験を受けることになります。

 そして普通に試験を受ければ、特に何もしなくても高得点で合格するとゴールドやプラチナグレードで合格したことになり、その認定証が交付されます。


 受験料の詳細等は、家電製品認定センターのホームページに書いてありますので、リンクを貼っておきます。
 http://www.aeha.or.jp/nintei-center/qualifier/executive/





 ゴールドグレードの基準点について
 ゴールドグレードで合格するための基準点は、家電製品エンジニアは全ての科目で200点満点中170点以上が必要です。家電製品アドバイザーは全ての科目で200点満点中180点以上の得点が必要です。

 1科目でもこの基準を下回るとゴールドグレードで合格することはできません。しかし1科目でもこの基準点に達していれば、科目合格となります。1年以内に他の科目をゴールドの基準で合格できれば、ゴールドグレードになります。





 資格所有者はエグゼクティブ・チャレンジを受けて失敗しても資格を失うことはありません
 このエグゼクティブ・チャレンジの場合は、既に家電製品エンジニアやアドバイザーの資格を持っている人が改めて試験を受験して、仮に普通の資格の合格基準より低い点数を取ってしまっても(現在所有している資格の基準点より低い点数を取ってしまっても)所有している資格を失うことはありません。

 ゴールドやプラチナグレードになれないだけであって、家電製品エンジニアやアドバイザーの認定を失うことはありません。また1科目でもゴールドグレードになる点数を取ることができれば、科目合格の制度が適用されます。

 1年以内に残った科目を高得点で合格できれば、ゴールドやプラチナに認定されることになります。









 ゴールドグレードの資格の更新について
 資格の更新時期には、再度試験を受けなければゴールドやプラチナグレードは維持できません。この時もエグゼクティブ・チャレンジで受験料は安くできますが、試験は一般の初めて受ける人と同じように普通に受けて高得点を取る必要があります。

 この更新時期に試験を受けずに資格を更新するとゴールドやプラチナではなく「普通の家電製品エンジニアやアドバイザー」となってしまいます。





 ゴールドグレードでない場合の資格更新について
 下記リンク先の記事で詳しく書いていますので、そちらを参照いただければと思います。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/380649165.html


 このように一度グレードが下がって普通のエンジニアやアドバイザーになっても、再度エグゼクティブ・チャレンジの制度を利用することはできます。

 それゆえ、改めて試験を受けて高得点で合格すれば、ゴールドやプラチナグレードになることができます。こう考えるとこのグレードを維持していくのはかなり大変なように思います。



 家電製品アドバイザーに合格するために通信教育の講座を紹介している記事へのリンクです。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/431371411.html


 次回は旧資格制度の家庭用電子機器修理技術者や家庭用電気機器修理技術者の認定証や資格制度グッズ類コレクションを紹介します。記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/381232220.html


 関連記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21358543-1.html






















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 04:21| Comment(4) | 家電製品関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする