2013年12月08日

アマチュア無線技士の無線従事者免許証コレクション

 私が今までに取得してきた、アマチュア無線技士の無線従事者免許証のコレクションを紹介したいと思います。

 私が一番最初に取得した資格は電話級アマチュア無線技士というもので、現在の第四級に相当します。電話級を取得したのは、中学2年生でした。

 次に取得したのが電信級アマチュア無線技士という資格です。現在の3アマに相当します。今でも電信級の免許で3アマを持っているものとみなされます。

 今ではモールスの実技試験は無くなりましたが、私が受験した頃は電信級でもモールスの受信だけでなく、送信の実技試験もありました。私も受信、送信の実技試験も受けて合格しました。電信級を取得したのは、高校1年生の時でした。

 2アマ、1アマは資格の名称は今と同じですが私が取得した時代は、学科試験が全て記述式でした。「何々の特徴を説明せよ」「何々の回路の一例を示して説明せよ」「計算式を示して計算せよ」のような試験問題です。

 私もこの記述式の試験を受けました。モールスの実技試験も受信も送信もありました。また、1アマには和文モールスの試験もありましたので結構難しい時代だったのではないかと思います。

 私が2アマを取得したのは、高校2年生の時でした。1アマは高校を卒業して、大学の入学式前の試験で合格しました。免許証が交付されたのは大学生になっていましたが。

 その後に受けた無線技術士の試験も記述式の問題で取得しました。

 そのような時代に取得したアマチュア無線技士の免許証を紹介します。今現在交付されている免許証とは形式が全く違いますが、終身免許ですので、今でも有効な免許証です。

 個人情報の部分は、モザイクにしていますが御了承下さい。

 電話級アマチュア無線技士
電話アマ表.jpg

電話アマ内.jpg


 電信級アマチュア無線技士
電信アマ表.jpg

電信アマ内.jpg


 第二級アマチュア無線技士
2アマ表.jpg

2アマ内.jpg


 第一級アマチュア無線技士
1アマ表.jpg

1アマ内.jpg


 次回は、私が実際にアマチュア無線で交信することにより得たQSLカードの紹介をします。記事のリンクを貼っておきます。

 http://kamau1997.seesaa.net/article/382274315.html

 関連記事のリンクを貼っておきます。

 http://kamau1997.seesaa.net/article/381313124.html
 http://kamau1997.seesaa.net/article/381403737.html
 http://kamau1997.seesaa.net/article/381486987.html
 http://kamau1997.seesaa.net/article/381572017.html
 http://kamau1997.seesaa.net/article/381664693.html
 http://kamau1997.seesaa.net/article/381726233.html
 http://kamau1997.seesaa.net/article/381808139.html
 http://kamau1997.seesaa.net/article/381884173.html
 http://kamau1997.seesaa.net/article/382044127.html
 http://kamau1997.seesaa.net/article/382124597.html


資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 18:03| Comment(0) | アマチュア無線技士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

第四級や三級アマチュア無線技士の資格で実際に使用する無線機の紹介

 第四級や三級アマチュア無線技士の資格を取得して、実際に無線をするための無線機を紹介したいと思います。

 アマチュア無線の免許を取って実際に無線をしようと思っても、知っている人が身近にいなければ、どんな無線機を買ってよいかもわからないことも多いと思います。

 そこでお勧めは4アマや3アマであれば、VHFやUHFのハンディーから始めてみるのが良いのではないかと思います。VHFやUHFは、数10Km程度の範囲でしか交信できないとは思いますが、それでも近くの人と結構交信できるのではないかと思います。

 海外と本格的に交信するにはHFという短波帯の無線機を買う必要がありますが、これは2アマや1アマを取得した後に本格的なものを購入した方がいいように思います。

 VHFやUHFのハンディー機でも外部アンテナを屋外に取り付ければ50Kmぐらいの距離の人と交信できたりします。

 また登山で高い山に行けば思わぬ遠くの人と交信できたりもします。またスキーやスノーボードでリフトの上から使用したり、スキー場の一番上から無線をしてみても楽しいと思います。

 VHFやUHFはFMという電波を使用するのが一般的ですが、地方では144MHz帯、都市では430MHz帯を使用するのが良いと思います。

メインチャンネルでCQを出して(呼び出して)、応答があったらサブチャンネルに移動して交信をします。1台の無線機で144MHz帯と430MHz帯どちらも使用できます。

 応答があると、こんな小さな無線機で自宅から出た電波が、そこまで届いたという醍醐味があると思います。話す内容は、どこに住んでいるかや無線機は何を使っているか等です。後はカードの交換方法などを話します。

 カード交換も相手の住所がわからなくてもJARL(日本アマチュア無線連盟)の会員であれば、JARLに送ることで相手に送ってもらえます。

 カードは、今ではパソコンがありますので、ハガキサイズの印刷用紙を買ってきて風景写真などを印刷して送るといいと思います。

 それではハンディーの無線機の通信販売を紹介します。下記のバナーから無線機を通信販売で購入できます。送料も無料のところを紹介しています。

【即日発送・送料無料】【smtb-TK】ID−51(ID51)&SRH805Sアイコム アマチュア無線機 GPS/D−STAR対応

価格:48,000円
(2014/6/2 19:53時点)
感想(1件)




【即納】【送料無料】IC-T90 アイコム 50/144/430MHz&広帯域ワッチ アマチュア無線機・・・受信改造済み【RCP】

価格:30,600円
(2014/6/2 19:55時点)
感想(7件)





 次回は第一級、第二級アマチュア無線技士について書きたいと思います。記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/381808139.html


 関連記事のリンクを貼っておきます。

 アマチュア無線技士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829043-1.html

 アマチュア無線の楽しみ方
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21515063-1.html

 特殊無線技士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829037-1.html

 無線通信士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829040-1.html

 無線技術士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21013711-1.html



資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!



posted by KAMAU at 18:19| Comment(0) | アマチュア無線技士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

アマチュア無線技士の無線従事者免許証の申請方法と開局申請の仕方

 第四級や三級のアマチュア無線技士の国家試験に合格した場合の免許証の申請方法や無線局の開局申請について書きたいと思います。

 4アマや3アマの国家試験に合格すると3ヶ月以内に免許証の申請をしないと無効になってしまいます。

 申請の方法は、無線従事者免許申請書を使用して書類にて申請します。書式は総務省のホームページからもダウンロードできますが、記入方法等の説明がある申請書も市販されていますので、こちらを利用した方がわかりやすいと思います。


 申請書がダウンロードできる総務省のホームページのリンクを貼っておきます。
 http://www.tele.soumu.go.jp/j/download/radioope/index.htm


 市販の申請書の通信販売を紹介します。こちらは送料無料で購入できるようです。申請先等は中の説明書に書いてあります。

アマチュア無線技士用無線従事者免許申請書・無線従事者免許証再交付申請書 [ 日本アマチュア無線連盟 ]

価格:324円
(2014/6/1 06:54時点)
感想(0件)




 そして免許証が交付されると、いよいよアマチュア無線局の開局申請をすることになります。開局申請をすると無線局免許状というものが交付されます。

 無線従事者免許は終身免許なので更新する必要はないのですが、この無線局の免許は5年ごとに更新する必要があります。

 5年後に無線局の免許状を更新しないと失効してしてしまいますが、無線従事者免許(4アマ、3アマ等)を持っていれば、申請するだけで再び開局できます。国家試験等は受ける必要がありません。そういう意味で無線従事者免許は終身免許です。

 アマチュア無線局を開局するには、実際に使用する無線機を所有している必要があります。それゆえ開局は無線機を購入してから行うことになります。申請書を記入する時に無線機の技適ナンバーのようなものが必要になります。

 開局しない場合は、資格として無線従事者免許を持っているということになります。

 開局申請の方法は、インターネットで総務省の電波利用電子申請・届出システムLiteというページを利用するのがお薦めです。こちらのシステムを利用すると手数料がかなり安くなりますのでお得です。リンクを貼っておきます。


 電波利用電子申請・届出システムLite
 http://www.denpa.soumu.go.jp/public2/#self



 開局申請の記入方法等は無線機を購入すると説明書等に書いてありますので、それを見ながら記入することになります。

 開局申請書を購入して書類で申請することも可能です。通信販売を紹介します。送料も無料で購入できるようです。

アマチュア局 個人・社団用開局用紙

価格:1,026円
(2015/6/6 22:27時点)
感想(1件)






 移動するアマチュア無線局の免許状を紹介します。個人情報の部分はモザイクになっていますが御了承下さい。
無線局免許状.jpg




 次回は実際のアマチュア用の無線機を紹介したいと思います。記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/381726233.html



 関連記事のリンクを貼っておきます。

アマチュア無線技士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829043-1.html

 アマチュア無線の楽しみ方
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21515063-1.html

 特殊無線技士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829037-1.html

 無線通信士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829040-1.html

 無線技術士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21013711-1.html




資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!




posted by KAMAU at 23:01| Comment(0) | アマチュア無線技士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする