2017年06月07日

第一級陸上無線技術士から比較的簡単に取得できる職業訓練指導員電子科免許







 第一級陸上無線技術士を取得すると、取得しやすくなる資格の一つに、職業訓練指導員電子科免許があります。今回は、この資格について、取得方法や勉強方法について書きたいと思います。





 第一級陸上無線技術士から比較的簡単に取得できる職業訓練指導員電子科免許
 1陸技を取得すると、試験科目の免除などから、取得しやすくなる資格があります。電気通信主任技術者や工事担任者、無線通信士などの資格は有名なので、1陸技を所有している方は、あわせ持っている場合も多いのではないかと思います。

 しかし見逃しがちになっている資格に、職業訓練指導員電子科免許があります。個人的には、1陸技を取得したら、是非取得して欲しいのが、この職業訓練指導員免許です。この資格は、「職業訓練学校の先生」になるために必要な免許です。

 しかし最初から全部の科目の試験を受けて取得するのは、非常に難しい資格です。実技試験などもありますので、なかなか対策も大変です。





 1陸技を持っていると1科目の受験のみで取得可能
 1陸技を持っていると、「指導方法」という学科試験を、1科目だけを受験して、合格すれば取得できます。実技も含めて、他の科目は免除で受験できます。

 「1科目だけ」といいましても、それが「非常に難しい」ものであれば、あまりお勧めしません。しかし、この「指導方法」という科目は、参考書を1冊購入して、一通り勉強すれば、合格できるぐらいの試験です。

 試験は、各都道府県の管轄であり、都道府県が主催して行われます。それゆえ試験日程などは、全国各地で異なっています。特に「自分が住んでいる都道府県」でなくても受験できます。そして交付される免許証も全国で有効に使うことのできる資格です。



参考書.jpg




 1陸技からの受験で簡単に取得できるのは電子科免許のみ
 職業訓練指導員の職種は、100種類を超える学科がありますが、その全てについて、全ての科目の試験が、行われるわけではありません。実技試験は「職業訓練指導員」として、行われる職種は、あまり多くありません。技能士などの検定を受けて、免除から取得する場合が多いようです。

 「指導方法」の科目は、全職種に共通する科目で、全ての職種で、同じ試験問題で、試験が行われます。1陸技を持っていると、この「指導方法」のみの受験で、電子科免許を取得できます。

 1陸技からの免除で、1科目のみの受験で、簡単に取得できるのは、電子科の免許証だけです。他の学科の免許が欲しくても交付されません。





 指導方法の科目は参考書1冊読むだけで合格
 私は、この「指導方法」は、「参考書を1回読んだだけ」で受験したのですが、1度で合格することができました。普通試験を受ける時は、「最低でも数回は、参考書を読んだりする」と思います。しかし本当に、「1度読んだだけ」で合格できました。

 一通り読んでおけば、あとは一般常識的なことで、合格できると思います。しかし「参考書を1度読んだだけ」での受験は、あまりお勧めできません。必ず「数回は読んでから」受験した方が良いと思います。下記に、その「指導方法」を勉強するための参考書を紹介します。

 個人的には、「あまり読みやすい本ではなかった」ように思います。しかし、受験者が多い試験ではありませんので、他に市販されている参考書も、無いように思います。それゆえ、「これを利用する」しかないように思います。問題集のようなものも「発売されていない」と思います。





 それでは書籍の通信販売を紹介します。下記のバナーからリンク先で、購入することができます。通常配送であれば送料は無料です。



 職業訓練指導員の指導方法を勉強するためのお薦め参考書
 

 この書籍は、職業訓練教材研究会の「職業訓練における 指導の理論と実際」です。職業訓練指導員指導方法を勉強するための参考書です。

十訂版 職業訓練における 指導の理論と実際

新品価格
¥3,601から
(2017/6/7 16:07時点)








 職業訓練指導員の免許証を紹介します。個人情報の部分は、モザイクにしていますが御了承下さい。

職業訓練指導員2.jpg






 次回は各都道府県の中からいくつかの場所での職業訓練指導員試験の受験方法等のリンクを紹介します。記事へのリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/379784916.html



 1陸技関連記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21013711-1.html

















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!
posted by KAMAU at 17:06| Comment(2) | その他資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

中高年でも採用の可能性が高い日本語教師になるための通信教育紹介







 このサイトでは中高年になってから就職活動をするときに、比較的採用になる可能性が高い職業としてビル設備管理という職種を紹介してきました。また中高年でもフリーランスで働くならば、プログラミングを学んで高収入を得る方法もあることを紹介しました。

 しかし何れも技術系の職業であるため「技術系は苦手」という方には、ハードルが高いということがあったかもしれません。それゆえ今回は、文系の中高年でも就職活動で採用になる可能性が高い、日本語教師という職種を紹介したいと思います。



 日本語教師とはどのような仕事か
 日本語教師は国内でいうならば、日本にいる外国人に日本語を教える仕事です。近年は留学生や、その他のビジネスでも、多くの外国人が日本に来て生活しています。そして日本語は、数多くの国で公用語として使われているような言葉ではないので、勉強できるところも限定的になってしまいます。

 それゆえ日本に来てから本格的に日本語を学んでいる外国人も少なくありません。このようなことから、ある程度の都市であるならば、日本語教師という仕事の求人はよくあります。外国人を相手にする職業なので語学力もある程度はあった方がよい職業です。

 また日本語教師の活躍の場は、日本国内だけではありません。実際に外国に行って、その国で日本語を学びたいと思う人に教えることもできる職業です。こちらも近年は「日本語を学びたい」という人が世界中で増えてきていますので、世界各国で働くことができるという可能性を持った職業です。

 ここで「日本語なんて、普段話しているんだから誰でも教えられるのでは?」と思うかもしれません。しかし「橋」と「端」や「箸」の発音の違いや意味まで含めて詳しく説明できるでしょうか? 日本人でもなかなかそうはいかない場合も多いと思います。

 日本語を教えるのにも教え方やテクニックのようなものがありますし、教える上で知っておいた方がよいこともたくさんあります。また日本語を教えると言うことは、単に語学を教えるだけでなく、日本の文化や社会、習慣、マナーのようなことも教える必要があります。

 外国人があまり知らない日本のマナーや習慣、文化を教えることも重要なことです。それゆえ、そのようなことを中高年になってから学んで、日本語教師を目指してみるというのも面白いのではないかと思います。


授業.jpg




 本当に中高年になってから日本語教師を目指して採用の可能性はあるのか?
 日本語教師は、普通の小学校、中学校、高校のような教育課程の学校と違って、目的は「日本語を話せるようになる」というようなことなので「絶対にこれを学ばなければ卒業できない」というようなことではありません。教師になるための免許制度のようなものもありません。

 それゆえ本当にしっかりした日本語を教える能力がある人であれば、中高年であっても採用になる可能性は高いと思います。常勤の講師でなくても非常勤での求人もあります。要求されることは、若いかどうかではなくて、人間性や人柄の方が大事な職種とも言えると思います。

 また海外での求人は、日本のように年齢を重要視して採用しない場合も多いので、非常に魅力のある仕事と思います。中高年になってからでも「海外に住んでみたい」というような希望を持っている人は多いのではないかと思います。

 また先生という職業に憧れのある方もいるかもしれません? 小学校や中学校、高校の先生は、中高年になってから教員免許を取得しても、それまで全く教師の経験がなければ、公立学校で採用になることは難しいと思います。

 私立の学校であれば非常勤講師のような可能性はあると思いますが、活躍できる場所はかなり限定的になるように思います。また専門学校の先生のように専門性をかなりつけていくのもかなり難しいことのように思います。そのような方は、是非、日本語教師にチャレンジしてみてはいかがかと思います。

 下記にハローワークへのリンク先を紹介します。是非地元での日本語教師の求人など調べてみてください。
 https://www.hellowork.go.jp/index.html



 日本語教師になるにはどうすればよいか?
 上の方にも書きましたが、日本語教師になるために必要な免許制度のようなものはありません。それゆえ何の資格も持たずに先生になることもできないわけではありません。ボランティアのような活動であれば、学校を作って自由に日本語を教えても構いません

 しかし今現在ある日本語学校の教師の採用条件のようなものは、次のようなことが多くなっています。

 (1)大学で日本語教育に関係する学科を専攻する。
 (2)420時間の日本語教師養成講座を修了する。
 (3)日本語教育能力検定試験に合格する。

 これら3つの中のどれか1つの要件を満たしている必要がある場合が多いようです。この中で中高年になってからでも一番チャレンジしやすいのではないかと思うのが「日本語教育能力検定試験に合格する」です。



 日本語教育能力検定試験に独学で合格するためにお薦めの通信教育の講座を紹介
 それでは独学で日本語教育能力検定試験に合格するために通信教育の講座を紹介したいと思います。この検定試験は、受験資格のようなものはありませんので誰でも受験することができます。

 日本語教師は、中高年でも結構採用の可能性がある職種のようですので、興味がある方は是非チャレンジしてみてはいかがかと思います。



 下記のバナーからリンク先で通信教育を申し込むことができます。











 日本語教師は外国人を相手にする仕事ですので、ある程度語学力が必要である場合があります。英語力もつけておきたいという方には、以下のような教材もお薦めです。









 そして日本語教師以外で、中高年になってから高収入を得るスキルを何か習得したいと思った時に、プログラミングがお勧めな理由を書いた記事がありますのでリンク先を紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/tyuukounensukiru.html


 在宅ワークで高収入を得るためのスキルのプログラミングをオンラインで学べるスクール紹介
 http://kamau1997.seesaa.net/article/programming.html


 ランサーズでも自分の得意やスキルを販売できるようになりました
 http://kamau1997.seesaa.net/article/437854441.html

















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!

posted by KAMAU at 22:16| Comment(0) | その他資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

なぜ人気があるのか車の免許を取るためにお薦めな合宿免許のランキングサイト







 このサイトでは「車の免許を取得するなら合宿免許お薦め」という記事を書きました。今回はその中でもどの教習所が良いのか人気がある教習所のランキング情報を提供しているサイトを紹介したいと思います。

 合宿免許がなぜお徳かというと、一番は実際に運転の教習を受けていて規定時間数をオーバーすることがあっても年齢が30歳ぐらいまでならば追加料金が掛からないところが多いのです。30歳を過ぎてもプラス10時間ぐらいまでは追加の料金が発生しないところが多くなっています。

 規定時間オーバーの追加料金は学校によって年齢やオーバーできる時間が違いますのでバナーからのリンク先で確認してください。そして宿泊料金や食事の料金を含めても普通に通う一般の教習所とほとんど変わらない料金で教習を受けることができることです。

 さらに合宿免許の教習所まで行く交通費まで出してもらえるところが多くなっているので旅行気分で免許が取得できるというようなことです。



 下記に示すリンク先の記事に「車の免許を取得するなら大型や二種まで含めて合宿免許がお薦め」という記事を詳しく書いていますので参照いただけたらと思います。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/408437514.html



 合宿でも車の免許を取得するには2週間ぐらいの時間がかかります。ですから、やはり気持ちよく楽しく教習を受けられる所で取得したいですよね

 そこで全国各地の合宿免許の教習所の色々なランキングを紹介しているサイトがありますのでそちらを紹介したいと思います。色々調べて是非自分に合った場所で免許を取得してください。



 下記のバナーからリンク先の合宿免許のランキングサイトへ行くことができます。そこから入学手続きもできますので是非ご利用ください。

















 2016年4月から電力自由化が始まりました。しかし今までどの電力会社にしたらいいかわからなかったので、まだ変更していないという方にお薦めです。

 今回紹介するのはバイオマス発電による再生可能エネルギー開発を積極的に進めている会社からの電力提供です。そして電気料金を少しでも安くしたいとお考えの方にもお薦めです。








快適な睡眠のためにお薦めなマットレスを紹介します。









資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 19:49| Comment(4) | その他資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

普通車や大型車の免許を取得するなら合宿免許が断然お得というシステム紹介







 失業して再就職を考えて何か資格を取得したいと考えた時に一番最初に思い浮かんでくるのが車の運転免許ではないかと思います。

 運転免許の場合は既に持っている方も多いと思いますので今までは他の資格を紹介してきました。しかし車の運転免許を持っていない場合には免許を取得することで就職できる範囲はかなり広がってくるものと思います。

 普通免許で3トン未満のトラックも運転できますので宅配用のトラックのようなものは運転できてしまいます。3トンというと結構大きな車体です。長距離トラックのような大きなトラックでなければこの普通免許でも結構運転できるのです。

 近距離の配送をしたり荷物を届けたりする仕事であればトラックでも普通免許で就職できるところは多いのではないかと思います。


運転.jpg



 そこで今回は車の運転免許を取得するための合宿免許ができる自動車教習所を紹介します。失業してしまって少し時間が取れて貯金も少しあるという方にはお勧めかと思います。

 合宿というと宿泊料金も掛かるし、かなりの費用が必要になるのではないかと心配になるかと思います。しかしトータル的にみると普通の教習所に通うのとそれほど変わらないか、それよりも安い費用で運転免許を取得することが可能です。

 是非下記のバナーからリンク先で費用を確認してみて下さい。教習所までの交通費も支払ってもらえるところが多くなっています。

 そして何より良いと思うのが年齢が30歳ぐらいまでは規定時間をオーバーしてしまっても追加料金が掛からないところが多いということです。入校から卒業までのトータルの料金として支払いますので運転技術がなかなか習得できずに時間をオーバーしてしまっても料金が追加されない学校が多くなっています。

 30歳を過ぎてもプラス10時間ぐらいまでは追加の料金が発生しないところが多くなっています。規定時間オーバーの追加料金は学校によって年齢やオーバーできる時間が違いますのでバナーからのリンク先で確認してください。

 宿泊も規定の宿泊数から4〜5泊ぐらいまでは、追加料金なしで宿泊ができるようになっています。合宿免許というシステムの費用は、教習料金、宿泊料金、食事代、交通費など全てを含んだ料金ですのでトータル的に考えると非常にお得にできているのではないかと思います。







 合宿期間は最短で普通のオートマチック限定で14日、マニュアルで16日程度のようです。また既に普通免許を持っている方には不況に強く、仕事も豊富にある大型免許や二種免許も合宿で取得できます。大型は10日前後で取得できるようですのでこちらを取得するのもお勧めと思います。


トラック.jpg



 全国各地の合宿ができる教習所を紹介していますので自宅の近くの教習所を探してみて下さい。そして、まずは必要な料金を確認してみて下さい。自宅近くの普通の教習所と比べてみるとそのお得さに驚くのではないかと思います。

 普通の教習所でかなり規定をオーバーしてしまうぐらいなら合宿の方が断然お得と思います。合宿の場合は色々な仲間もできますし、就職についても色々な人と話をして次の人生を考えるのも悪くないと思います。



 下記のバナーからリンク先で合宿免許への申し込みができます。








 しかし、どこの教習所に通えばいいのかよくわからないという方も多いかと思います。それゆえ、どこの合宿免許教習所人気があるのか、というランキングの情報を書いているサイトを紹介している記事を書いていますのでそのリンク先を紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/416734866.html










 2016年4月から電力自由化が始まりました。しかし今までどの電力会社にしたらいいかわからなかったので、まだ変更していないという方にお薦めです。

 今回紹介するのはバイオマス発電による再生可能エネルギー開発を積極的に進めている会社からの電力提供です。そして電気料金を少しでも安くしたいとお考えの方にもお薦めです。








 毎日の健康管理に食事は大変重要です。その重要な食事を自宅で温めるだけで簡単にバランスよく摂ることができる宅配の冷凍食事セットを紹介します。

 仕事が忙しく家に帰って食事を作る気力がない・・・ 料理が苦手で食事がおろそかになりがちになってしまう・・・ しかしバランスの摂れた健康的な食事がしたい・・・ 外食するのも時間がもったいない・・・ というような方にお薦め! セットで購入すれば毎日弁当を買う手間も省けます。









資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 20:00| Comment(8) | その他資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

職業訓練指導員免許の試験を受験する方法が書いてある各都道府県へのリンク紹介

 職業訓練指導員を受験するために、その方法が書いてある各都道府県の情報のリンクを紹介します。全ての都道府県のリンクを紹介することはできませんが、少しずつ増やしていきたいと思います。

 東京都
 http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/school/sikaku/shidouinshiken/

 北海道(平成24年度の試験を参考までに)
 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/jzi/contents/H24sidouinnsiken.htm

 大阪府(平成25年度の試験を参考までに)
 http://www.pref.osaka.jp/nokai/f-shinkou/f180-annai.html

 神奈川県(平成25年度の試験を参考までに)
 http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f6729/p473443.html

 愛知県(平成23年度の試験を参考までに)
 http://www.pref.aichi.jp/cmsfiles/contents/0000039/39485/jyukenannai.pdf


 次回の資格関係の記事投稿では、電気通信主任技術者について書きたいと思います。記事のリンクを貼っておきます。

 http://kamau1997.seesaa.net/article/379862449.html

 関連記事のリンクを貼っておきます。

 職業訓練指導員関連記事
 http://kamau1997.seesaa.net/article/379604178.html

 1陸技関連記事(トップページ)
 http://kamau1997.seesaa.net/article/378958325.html


資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 17:28| Comment(0) | その他資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする