2016年03月05日

第一級陸上特殊無線技士のお薦め問題集に最新版が発売になりました

 当サイトで、第一級陸上特殊無線技士に合格するための問題集としてお薦めしている東京電機大学出版局の第一級陸上特殊無線技士 試験問題集に待望の最新版第3集が2016年1月に発売になりました。

 この問題集は、解説が詳しく、収録されている問題数も多く、1陸特を勉強するには、一番のお薦めとして紹介してきました。

 しかし、1月までは、出版日が2011年1月と少し古くなっていたので、最新の出題傾向に対応していない部分がありました。

 それゆえ無線工学や法規の内容を勉強するには、いいのですが、無線従事者国家試験は、既出問題をしっかり勉強することが重要なので、最近出題された新問を勉強できないという不安が少しありました。

 もちろん合格だけを考えるのであれば、この問題集を勉強するだけでも大丈夫なのですが、より完璧なものを目指すには、少し不安な点もありました。

 しかし、今回最新版が発売になったことで、より一層お薦めの問題集として紹介できるようになりました。1陸特を勉強する上では、必須の問題集のように思います。



 それでは、問題集の通信販売を紹介します。下記のバナーからリンク先で、購入できます。通常配送であれば、送料も無料です。



 この問題集は、東京電機大学出版局の第一級陸上特殊無線技士 試験問題集 第3集です。2016年1月20日に最新版が発売になりましたので、新しいものを使用して勉強することをお勧めします。

第一級陸上特殊無線技士 試験問題集 第3集

新品価格
¥3,024から
(2016/3/5 02:45時点)








 また、第一級陸上特殊無線技士の他のお薦め問題集として、このサイトでも紹介している誠文堂新光社の問題集も2016年3月4日に最新の平成28年、平成29年版が発売になりましたので、あわせて紹介します。

 この問題集の良さは、何と言っても平成27年10月期の試験までの実際に出題された問題が完全収録されているということです。それゆえ既出問題の勉強が必須な無線従事者の勉強には、このような問題集も欠かせない部分があります。

 また編集方法が実際に試験が行われた年度ごとに、出題されたそのままの順番で収録されていますので、実際の試験を受けるのと同じ感覚で勉強することができます。

 それゆえ、この問題集の一番のお勧めな使い方は、試験が近づいてきて、勉強が最終段階に入ってきたときに模擬試験として使用するとベストのように思います。

 しかし以前にも書きましたが、解説が詳しくない部分があるように思うので、初心者がこの問題集だけで勉強するのは、お勧めできない部分があります。上記で紹介した東京電機大学出版局の問題集とあわせて使用するとベストのように思います。

 この問題集は、誠文堂新光社 第一級陸上特殊無線技士 問題・解答集 平成28年、29年版です。2016年3月4日に最新版が発売になりましたので、新しいものを使用して勉強することをお勧めします。

第一級陸上特殊無線技士問題・解答集 平成28,29年版: 平成27年10月期までの国家試験を完全収録!! (完全合格)

新品価格
¥3,024から
(2016/3/5 03:06時点)








 第一級陸上特殊無線技士の参考書や問題集について書いている記事のリンクを紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/376858034.html



 特殊無線技士全般について書いているカテゴリーへのリンクを紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829037-1.html






資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!
posted by KAMAU at 03:28| Comment(2) | 特殊無線技士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
いい参考書で学ぶことが合格への道ですね。
参考書や問題集は人によって合う合わないがありますしね!
Posted by yoshihiko at 2016年03月05日 12:43
 yoshihiko さん、こんにちは!

 コメントありがとうございます。

 そうですね、参考書選びは、人によって変わってくると思います。全くの初心者なのか、学校で少し学んだことがあるとか、ある程度知識があるとかで、その人にとっての良い参考書は、違ってくるように思います。

 しかしながらあまり受験者のいない資格では、参考書の種類が少なくて、選択の余地があまりないものもありますので、難しい部分もあります。

 これを受けるなら「これっ!」ていうような定番のものもあったりですから、ネットで情報を集めて自分にあったものを探すというのが良い方法なのかもしれません?

 よろしくお願いします。
Posted by KAMAU at 2016年03月06日 01:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: