2017年01月18日

二級ボイラー技士の通信教育講座を紹介







 このサイトでは今までに二級ボイラー技士に独学で合格できるようにお薦めの参考書や問題集を紹介してきました。またその試験対策や勉強方法などについても書いてきました。

 しかし独学で勉強するには不安があるとか、今まで独学で勉強してきて成果が出てないという方のために、今回は 職業訓練法人 日本技能教育開発センター が行っている習っ得シリーズの二級ボイラー技士の通信教育を紹介します。


参考書.jpg



 通信教育はわからないところを質問できますし、独学で勉強してきて成果が上がらない場合にはお勧めの勉強方です。独学で勉強してきて何度か試験を受けたが合格していないという方は、試してみてはいかがかと思います。

 またはじめてボイラー技士を受験する方は、独学用の参考書や問題集を揃えるのにも結構費用がかかります。それゆえ最初からこのような通信教育の講座に申し込むというのも一つの方法かもしれません。

 この講座は受講者の方からわかりやすくて良いテキストという評判が多くなっていますのでお薦めかと思います。講座に申し込みをすると10日前後で教材が送られてきます。開講日は毎月1日と15日で、そこから教材のテキストで勉強を始めることになります。

 そして毎月1回程度レポートを提出して理解度を確認することになります。レポートには2種類あって、記述式と実際の試験のようなマークシート方式があります。記述式の方は提出して添削を受けます。マークシート方式の方は実際の試験問題を受けるような感じになります。

 そこで間違ったところなどから今後の学習へのアドバイスなどが受けられます。質問券があり、わからない点は在籍期間であれば指導や回答を受けることができます。ここが独学と違って通信教育の良いところと思います。

 受講期間は標準で4ヶ月です。しかし個人の都合や勉強の進め方によっては、時間がかかることもあるので2倍の8ヶ月までは在籍期間として認められます。



 下記のバナーからリンク先で通信教育の申し込みができます。ここで申し込むことによって教材が送られてきます。



 この講座は二級ボイラー技士の通信教育です。

通信教育「二級ボイラー技士受験講座」

価格:22,680円
(2017/1/18 15:51時点)
感想(3件)








 独学でボイラー技士の資格を目指すための記事を書いたリンク先を紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/category/20809032-1.html























資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!

posted by KAMAU at 16:02| Comment(4) | ボイラー技士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ
ランキングからきました。
わたしは今年に入ってファイナンシャルプランナー3級をとりましたが
通信講座をうけました。
そのほうが書店でうってある本より、試験に出る問題を丁寧に教えてくれます。
そのかいあって無事に1発合格しました。
Posted by きょろ at 2015年12月13日 19:06
 きょろさん、こんにちは!

 コメントありがとうございます。ファイナンシャルプランナーを取得したのですね。おめでとうございます。

 そして通信講座の良さの体験談を書いていただきありがとうございます。

 通信教育をやっている会社は、やはり、その試験を研究していますから、的確なアドバイス受けられるのでいいと思います。

 独学で勉強するための参考書や問題集など取り揃えるのにも結構費用が掛かりますから、それを考えると最初から通信講座という選択肢もあるのかなと思います。

 独学で勉強していて合格できないことが続くと、使っている参考書や問題集も「これでいいのかな?」という疑問も出てきて、さらに書籍類を購入してしまったりすることもあるので、最初から通信講座を受けるのもお薦めかもしれません。

 今後ともよろしくお願いします。
Posted by KAMAU at 2015年12月13日 23:48
こんにちは
ビルの管理の方は、ボイラー資格を取っていらっしゃるんですね。
本当に、いろんな資格があるんですね。
Posted by スプーン at 2016年05月17日 22:51
スプーンさん、こんにちは! いつもコメントありがとうございます。

ビル設備管理の仕事を目指す方には、二級ボイラー技士から入る方が多いのではないかと思います。ビル管理の入門資格のようにも思います。

二級ボイラー技士で就職して、その後に危険物取扱者や冷凍機械責任者、電気工事士、建築物環境衛生管理技術者、電気主任技術者など取得していく方が多いのではないかと思います。
Posted by KAMAU at 2016年05月22日 03:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: