2015年11月19日

国の教育訓練給付制度が利用できる第二種電気工事士の通信教育紹介





 国の教育訓練給付制度を利用できる第二種電気工事士通信教育を紹介します。この講座は、支給要件を満たすと国から20%の費用が戻ります。

 国の教育訓練給付制度とは、離職者等が自分で費用を出して教育訓練の講座を受けた時に、その費用の一部が戻ってくるという制度です。

 その支給要件は、雇用保険の被保険者であった期間が3年以上とあります。ようするに前職の雇用期間が3年以上あって、雇用保険を払っていた人ということです。


 国の教育訓練給付制度の詳細は、厚生労働省のホームページに書いてありますので、そのリンク先を紹介します。
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/shokugyounouryoku/career_formation/kyouiku/index.html


 第二種電気工事士は、筆記試験は、問題集を購入して勉強すれば合格にもっていくことは、それほど難しくありません。しかし実技である技能試験は、なかなかそうはいきません。

 実技の作業そのものは、それほど難しいわけではありません。しかし規定の時間内に作業を全て終わらせることは、慣れていないとそう簡単にはできません。

 電気工事士の技能試験は、作業が全て終わってはじめて採点してもらうことができます。それゆえ規定時間内に作業を最後まで終えることができないと、そこで不合格が決まってしまいます。

 今回紹介している通信教育の講座では、技能試験は、公開されている毎年の候補問題に全て対応して練習できる電線と使用器具が全部入っています。

 実際の試験では、この候補問題の中から出題されます。DVDを利用して練習できますので、作業内容も確実に覚えることができます。

 技能は、なかなか独学の難しい分野でもありますので、このような通信教育を受けるのもお勧めです。筆記試験対策もDVDで過去問の解答と解説の勉強ができますので非常にわかりやすいと思います。

 国の教育訓練給付制度も利用できるので、技能とあわせて筆記の通信教育を受けてみるのも良いと思います。

 色々技能試験対策のための教材や材料、そして筆記試験対策の参考書や問題集を買い揃えるのであれば、このような通信教育に一つ入るのもお勧めと思います。

 下記のバナーからリンク先で、通信教育の申し込みができます。無料で資料が取り寄せられますので、検討のために取り寄せてみても良いと思います。









 電気工事士関係の記事が書いてあるリンクを紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/category/20809028-1.html






資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!
posted by KAMAU at 16:28| Comment(0) | 電気工事士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集
 資格、就職関係のサイトの相互リンクを募集しています
プロフィール
名前:KAMAU
一言: 中学2年の時に電話級アマチュア無線の免許を取って以来色々な資格取得を目指してきました。

 でも、単なるマニアにならないように得意分野を決めて電子・通信系とビル管理関連資格が主になっています。

 そんなわけで所有資格一覧です。

 電子・通信系

 ・第1級陸上無線技術士
 ・電気通信主任技術者(伝送交換)
 ・工事担任者 AI・DD総合種
 ・第1級海上無線通信士 
 ・航空無線通信士 
 ・第1級アマチュア無線技士
 ・職業訓練指導員(電子科)
 ・家電製品総合エンジニア

 ビル管理関係資格

 ・建築物環境衛生管理技術者
 ・第3種電気主任技術者
 ・一級ボイラー技士
 ・第2種冷凍機械高圧ガス製造保安責任者
 ・危険物取扱者乙種全部

 これに普通の車の免許です。

 最終学歴 日本大学 生産工学部 電気工学科卒
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
いいね
コンテンツ
過去ログ
タグクラウド
商品紹介