2018年09月06日

伝送交換主任技術者の専門的能力に合格するための書籍紹介







 伝送交換主任技術者の専門的能力に合格するための試験対策用の書籍を紹介します。





 専門的能力の科目は何を選べばいいか?
 前の記事にも書きましたが、伝送交換主任技術者の専門的能力の科目は、伝送、無線、交換、データ通信、通信電力の5つの分野から1つを選んで受験しなければなりません。自分が「どの分野を選んだらいいのかわからない?」方は、お勧めは「伝送か交換」かと思います。


 このあいだまでは、このサイトでは「データ通信をお勧め」としていましたが、市販されている個別の参考書の出版が、2003年とかなり古くなってきています。

 また伝送か交換であれば、日本理工出版会から出版されている2014年10月に発売になった「伝送交換設備及び設備管理」の科目の参考書を専門的能力の参考書として使用することができます。今現在市販されている専門的能力の参考書としては、これが最新です。

 それゆえ「最近の出題傾向にも対応している」と思います。他の専門的能力の科目の個別の参考書は、10年以上前に出版されたものが多く、出題傾向を考えた時に少し古くなってきているように感じます。勉強する上で良い参考書が揃っていることは重要なことかと思います。

 また工事担任者のDD1種や総合種を持っている方であれば、伝送や交換の科目ならば、工事担任者の技術科目で「少し勉強している」内容もありますので「入りやすい」と思います。

 そういったことから専門的能力は伝送か交換のどちらか「自分の勉強したい内容のものを選んで受験する」ということでよいのではないかと思います。



勉強3.jpg




 オーム社から専門的能力の問題集が発売
 今まで電気通信主任技術者の専門的能力の問題集は、日本理工出版会の専門的能力の「全ての分野の問題が収録されているもの」ぐらいしかありませんでした。しかし、新しくオーム社から「専門的能力全ての科目に対応した問題集」が2016年9月に発売になりました。

 この問題集は、過去2年分の問題が全て掲載されていて、「解説も詳しい」ので、そういった面ではお薦めです。日本理工出版会の専門的能力の問題集は、過去3年分の問題の収録なので「収録問題数からいうと」こちらの方がお薦めです。

 オーム社出版の「2年分を勉強すれば十分か?」というと、それにはかなりの疑問が残ります。個人的には「2年分の勉強だけでは不十分」のように思います。それゆえ日本理工出版会の過去に出版されたバックナンバーの問題集を併用することで「より充実した勉強ができるのではないか」と思います。

 過去2年ぐらい前に出版された「日本理工出版会の専門的能力のバックナンバーの問題集」もネット通販で買うことができますので後ほど下記に紹介します。





 1お勧めは「自分が携わったことがある分野」を選ぶこと
 専門的能力で専門分野を選ぶ一番良い方法は、「自分が学生の時に勉強した分野」とか、「今までの実務経験で、その分野に携わったことがある」分野を選ぶのがベストです。

 そのような分野がある方は、データ通信や無線、通信電力を選んでもよいと思います。自分が苦手なことや「あまり勉強したい」と思わない分野を選ぶのは避けるべきです。

 書籍を選ぶ前に各分野で「どのような問題が出題されているか?」知りたい方は、電気通信国家試験センターのホームページに過去4回分の試験問題と解答がありますので「よく見てから決めてもいい」と思います。リンクを貼っておきますので参照下さい。

 http://www.shiken.dekyo.or.jp/chief/exam/index.html


 第一級陸上無線技術士を取得すれば、専門的能力の科目を免除で受験することができますので、1陸技を取得してから「電気通信主任技術者を受ける」という方法もお勧めです。





 それでは専門的能力の書籍の通信販売を紹介します。下記のバナーからリンク先で購入することができます。通常配送であれば送料は無料です。



 専門的能力の伝送と交換用の参考書

 この書籍は、日本理工出版会の伝送交換設備及び設備管理の科目の参考書です。専門的能力の伝送と交換にも対応とあります。2014年10月発売なので他の専門的能力の科目の参考書に比べて最新です。

 新しく専門的能力用の参考書を購入する必要もないので費用の節約にもなります。専門的能力で「どの科目を選べば良いか」迷っている方には一番のお勧め参考書です。

電気通信主任技術者 試験対策・伝送交換設備及び設備管理―専門科目(伝送・交換)にも対応

新品価格
¥4,644から
(2018/9/6 03:18時点)








 オーム社 専門的能力の問題集

 この書籍は、オーム社の伝送交換主任技術者の専門的能力の問題集です。専門的能力全ての科目につて過去2年分の問題と詳しい解説がついていますので、その点ではお薦めです。

 しかしながら勉強する問題の分量としては2年分では不十分のように思いますので、下記に紹介する日本理工出版会の過去2年前ぐらいに出版された専門的能力のバックナンバーの問題集と併用することをお勧めします。

電気通信主任技術者 これなら受かる 専門的能力(伝送交換主任技術者)

新品価格
¥4,968から
(2018/9/6 03:20時点)








 日本理工出版会 専門的能力の問題集のバックナンバー
 上記のオーム社の問題集と併用すると効果的です。


 この書籍は日本理工出版会の過去に出版された電気通信主任技術者の専門的能力の問題集です。2014年5月に出版されたもので最新のものではないことにご注意ください。上記に紹介したオーム社の問題集と併用して勉強する場合にお薦めです。

電気通信主任技術者試験全問題解答集(14〜15年版 2(専門編)) 伝送交換主任技術者 [ 電気通信主任技術者試験研究会 ]

価格:6,480円
(2018/9/6 03:28時点)
感想(0件)








 日本理工出版会 専門的能力の問題集最新版
 この問題集は、過去3年分の問題が収録されていますが、3年分でも勉強する分量としては、不足のように思います。上記のバックナンバーとの併用がお勧めです。


 この書籍は、日本理工出版会の電気通信主任技術者の専門的能力全ての分野が収録されている問題集です。2015年10月発売の最新版です。下記のバナーからリンク先で通信販売で購入することができます。上記にはオーム社の問題集と併用することで効果が上がるということで過去に出版されたバックナンバーも紹介していますが、こちらは最新版です。

電気通信主任技術者試験全問題解答集(16〜17年版 2(専門編)) 伝送交換主任技術者 [ 電気通信主任技術者試験研究会 ]

価格:6,480円
(2018/9/6 03:32時点)
感想(1件)








 その他専門的能力の書籍
 以下に参考までに伝送交換主任技術者の専門的能力の個別の参考書や問題集を紹介します。10年以上前に出版されたものが多くなっていますが、専門的能力としてデータ通信や無線、通信電力を選ぶ場合には「他に良い参考書も無い」と思います。



 この書籍は、伝送交換主任技術者 専門的能力 日本理工出版会データ通信テキストです。

電気通信主任技術者 データ通信テキスト

新品価格
¥4,860から
(2018/9/6 03:38時点)






 この書籍は、伝送交換主任技術者 専門的能力 日本理工出版会 データ通信 問題集です。

電気通信主任技術者データ通信問題集

中古価格
¥2,646から
(2018/9/6 03:45時点)






 この書籍は、伝送交換主任技術者 専門的能力 日本理工出版会 伝送・交換テキストです。

電気通信主任技術者 伝送・交換テキスト

新品価格
¥4,860から
(2018/9/6 03:47時点)







 この書籍は、伝送交換主任技術者 専門的能力 日本理工出版会 無線 テキストです。

電気通信主任技術者無線テキスト

新品価格
¥4,104から
(2018/9/6 03:49時点)






 この書籍は、伝送交換主任技術者の専門的能力の日本理工出版会通信電力テキストです。

電気通信主任技術者 通信電力テキスト

新品価格
¥4,104から
(2018/9/6 03:50時点)






 次回は線路主任技術者の専門的能力の書籍を紹介します。記事へのリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/380315543.html



 関連記事のリンクを貼っておきます。

 電気通信主任技術者
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21285700-1.html

 工事担任者
 http://kamau1997.seesaa.net/category/20945646-1.html

 無線技術士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21013711-1.html

 無線通信士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829040-1.html





未経験からプロのエンジニアを育てるオンラインブートキャンプ













資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 04:05| Comment(6) | 電気通信主任技術者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
KAMAUさん、こんばんは。
お疲れ様です。今日も応援していきますね。
Posted by トシカズ at 2016年10月04日 20:47
こんにちは。
資格の名称も変わってきたのでしょうか。
初めて聞く資格でした。
法改正とか色々あって、変化するのも当然かもしれませんね。
Posted by マレク at 2016年10月05日 15:16
トシカズさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
Posted by KAMAU at 2016年10月06日 04:41
マレクさん、こんにちは! コメントありがとうございます。

伝送交換主任技術者の資格の名称は大きくは変わっていません。電気通信主任技術者の資格の中の一つです。

電気通信主任技術者は以前から伝送交換主任技術者と線路主任技術者とに分かれています。

しかし以前は、伝送交換主任技術者が第1種と第2種と2つに分かれてました。今現在は統合されて伝送交換主任技術者という名称だけになりました。

私も第1種伝送交換という時代に取得しましたが、今現在の伝送交換主任技術者と同じものです。当時は電気通信主任技術者もあまり省略することなく、電気通信主任技術者第1種伝送交換と呼ばれることが多かったようには思います。

でも以前から電気通信主任技術者を省略すれば第1種伝送交換主任技術者という名称です。今現在でも電気通信主任技術者を省略しなければ電気通信主任技術者伝送交換です。
Posted by KAMAU at 2016年10月06日 04:56
専門分野の選び方に、携わった分野を…とあるってことは、実務経験者の方が受けることが多い資格試験なんですかね。
難しい試験だからこそ、その方が良さそうですよね。

Posted by yuko at 2018年09月10日 21:44
yukoさん、こんにちは!

もちろんです。本来、実務者以外の人が受けても技術力を示す以外にあまり意味のない資格です。しかしNTTドコモやau、ソフトバンクのような実務者のいる会社では、伝送交換設備のある全ての事業所で、この電気通信主任技術者(伝送交換)の資格を持った人の中から主任技術者を選任して役所に届け出なければなりません。
Posted by KAMAU at 2018年09月11日 02:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: