2019年10月10日

第一級海上無線通信士の全科目免除での資格取得







 第一級海上無線通信士の資格を1海通として試験を受けずに「全科目免除で取得する方法」について書きたいと思います。





 1陸技と3海通から全科目免除で取得
 このサイトで今までに紹介してきた第一級陸上無線技術士と第三級海上無線通信士を「どちらも取得する」ことにより、全科目免除で第一級海上無線通信士を取得することができます。第一級海上無線通信士を取得する場合は、この方法が一番のお勧めです。



客船1.jpg




 1海通の取得で全科目免除がお勧めな理由
 第一級海上無線通信士を取得する場合に「全科目免除」がお勧めな理由は、1海通の無線工学が第二級陸上無線技術士と同等のレベルであるからです。それゆえ結構難易度が高く、合格するのは「なかなか大変」な資格です。

 1陸技の記事でも書きましたが、第一級陸上無線技術士を取得するときに効率的な受験を考えるのであれば、2陸技を受験せずに「最初から1陸技を受験した方がいい」ということと同様なことが、ここにも当てはまります。

 1海通を取るために勉強する労力を「1陸技にかけた方が良い」と考えるからです。1海通の無線工学のレベルは、2陸技と同等といっても、1海通を持っていても、2陸技の操作範囲は含まれません。

 また2陸技を受けるときの無線工学Aや無線工学Bも免除になりません。しかし1陸技を取得すれば、1海通や2海通の無線工学は免除で受験できますので「1陸技から取得の方がメリットが大きい」です。

 その上に1海通の無線工学のレベルは高いので、これに合格できる人であれば「1陸技も合格できる」と思うからです。また第三級海上無線通信士を持っていれば、1海通の法規、英語、電気通信術は免除で受験できます。

 それゆえ3海通と1陸技を取得することで、2海通、1海通と合わせて取得することが可能となります。3海通と1海通の試験の違いは、無線工学のレベルの差だけです。

 このことから3海通の免許を持っていることで、1陸技を取得すると全科目免除で1海通を取得できることになります。





 1陸技と3海通で2海通も申請可能
 ここで、1陸技と3海通を持っていれば、1海通だけでなく、2海通も全科目免除で申請できます。資格マニアや免許証マニアの方であれば、「2海通の免許証を申請してもいい」と思います。

 しかし、1海通を申請すれば、基本的に「2海通は必要ありません」ので、申請費用などを考えるのであれば「1海通のみの申請でいいのではないか」と思います。

 2海通を申請するのであれば、1海通より先に2海通を申請しなければなりません。1海通を先に申請してしてしまうと「2海通は必要ない」ということになり、申請しても受付けてもらえなくなる可能性があります。





 全科目免除での申請方法
 全科目免除の方法は、日本無線協会に「全科目免除による合格証明願」を提出して、合格証明書を発行してもらう必要があります。

 合格証明願用紙の入手方法は、申請する資格の名称を書いて(ここでは1海通のことです)84円切手を貼った返信用封筒を同封して、日本無線協会の事務所に請求します。


 請求先の事務所の住所が書いてあるページのリンク先を貼っておきます。
 http://www.nichimu.or.jp/otoiawase/index.html#location


 そして合格証明書が交付されましたら、総合通信局へ免許証の申請をすることになります。免許証の申請用紙は、情報通信振興会のオンラインショップで入手するのが簡単なのでリンクを貼っておきます。
 http://www.dsk.or.jp/shop/133_582.html


 この全科目免除の手続きの方法は、日本無線協会のホームページの国家試験についてのQ&Aに書いてありますのでリンク先を紹介します。
 http://www.nichimu.or.jp/denpa/05-02shiken.html#05





 それでは1海通の旧型免許証を紹介します。(今現在は、カード型の免許証が交付されます) 個人情報の部分は、モザイクになっていますが御了承下さい。


1海通表.jpg


1海通1.jpg


1海通日本語.jpg


1海通英語.jpg




 次回は1陸技からの職業訓練指導員電子科の免許取得について書きたいと思います。記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/379604178.html


 3海通と1陸技関連記事のトップページと無線従事者関連カテゴリーのリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/378958325.html
 http://kamau1997.seesaa.net/article/378337247.html
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21013711-1.html
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829040-1.html
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829037-1.html





未経験からプロのエンジニアを育てるオンラインブートキャンプ












資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!

posted by KAMAU at 05:05| Comment(6) | 無線通信士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
資格は有利ですよ。
なんだか大変難しそうな資格ですね。
応援して帰ります。
Posted by チョビ at 2016年02月29日 17:17
 チョビさん、こんにちは! コメントありがとうございます。

 今回ここで紹介している第一級海上無線通信士は、難しい試験ですので取得するのは、なかなか大変です。

 でも、ここでも紹介しているように第一級陸上無線技術士を取得してからであれば、比較的簡単に取得できると思います。

 今後ともよろしくお願いします。
Posted by KAMAU at 2016年03月01日 01:15
ランキングから来ました!
よろしくお願いします!
なんですかこの資格わ!?
なんかとても難しそうな資格ですね
尊敬いたします
今後も更新の方楽しみにしております!
Posted by at 2016年09月22日 04:08
こんにちは! コメントありがとうございます。


第一級海上無線通信士の場合は、一般的にはあまり受けない資格かと思います。地方で受験すると受験者も数えるほどしかいなかったりします。

それゆえ免許証番号は、凄く若い数字が交付されますので、マニアは狙いどころかもしれません。
Posted by KAMAU at 2016年09月22日 04:32
こんにちは。


第一級海上無線通信士の資格を1海通として試験を受けずに
「全科目免除で取得する方法」

試験勉強の労力を考えた方法でしたね。
ここでは
第一級陸上無線技術士と第三級海上無線通信士を「どちらも取得する」
これで、全科目免除にできる。
第一級海上無線通信士を取得申請する。

賢いやり方ですね。
勉強になります。
Posted by haruto at 2018年08月26日 14:24
こんにちは。
お久しぶりです。

「全科目免除で取得できる!」

これは魅力的なワードですよね。

言うほど簡単ではないのでしょうけど、それでも
魅力的ですね。

資格マニアは種類の数が目的なので、
その辺の注意も記載されている辺りは
さすがですね。

また、おじゃまさせてください。

・・・

この記事、前にも来ていました。







Posted by haruto at 2019年10月12日 13:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: