2018年08月06日

第一級陸上無線技術士に合格するための勉強方法と対策そして参考書紹介







 第一級陸上無線技術士に合格するための勉強方法や対策、そして使用する書籍等を紹介したいと思います。





 第一級陸上無線技術士の国家試験レベル
 第一級陸上無線技術士は、結構難易度の高い試験です。できれば、この資格を受験する前に、他の電気、電子、通信等の技術系資格を取得して、ある程度の基礎知識を持った上で、受験することをお勧めします。例として、このサイトでも紹介してきた、工事担任者や特殊無線技士や無線通信士の資格です。

 第一級陸上無線技術士の国家試験は「大学の工学部で学ぶぐらいの技術レベル」として出題されます。それゆえ工学部卒業程度の技術系知識が無い場合は、いきなりこの資格から受験しようとしても大変です。市販されている参考書を読んでもなかなか理解するのは難しいです。

 そのようなことから「大学の工学部卒程度の技術知識が無い」と思う方は、工事担任者の1種(DD1種、AI1種、総合種等)、航空通、四海通等を取得して、ある程度の知識をつけてから「挑戦した方がいい」と思います。

 その点では、第3種電気主任技術者も難しい試験で、合格率は1陸技よりも低くい資格です。しかし第3種電気主任技術者の出題される技術レベルは「工業高校の電気科卒の人が勉強すれば理解できるぐらい」とされています。

 それゆえ1問、1問の問題の難しさは、1陸技の方が上です。第3種電気主任技術者の難しさは、出題範囲が広く、勉強しなければならない量が多いことにあります。1問、1問の問題が難しいのではありません。

 それゆえ勉強する上で、参考書を読んだり、問題集を勉強する時の理解のしやすさでは、電験3種の方が理解しやすいです。1陸技は「1問、1問の問題を理解することが難しい」ということも出てくると思います。

 このようなところが、出題される技術レベルが、大学の工学部のレベルということになります。1陸技の参考書や問題集を読んでみて「内容があまり理解できない」ようであれば、工事担任者や特殊無線技士、航空通、四海通からの受験をお勧めします。



参考書.jpg




 試験日程と科目合格を考えて受験計画を
 1陸技の試験は4科目あります。そして1科目ずつでも勉強しなければならない内容が多いので時間がかかります。それゆえ、なかなか1度で4科目全部に合格するのは難しい試験です。

 しかし科目合格の制度がありますので、計画的に受験していけば「必ず合格までたどりつくことができる」と思います。試験日程が、2科目ずつ2日間に分かれますので、最初からこの日程通りの「2科目ずつの試験に分けて受験してもいい」と思います。

 1陸技は受験地もそれほど多くないので「他府県まで受験に行かなければならない」ということが出てきます。それゆえ「宿泊費が必要になったり、交通費がかかったり」ということがあります。

 そのような理由から、1度目の試験では最初から2科目だけ受験して「あとの2科目は棄権する」ということも選択肢の一つです。そこで受験計画としても、試験日程通りの科目にウエイトをおいて勉強することをお勧めします。

 一番怖いのは、全ての科目を同じようにウエイトをおいて勉強して、全てが中途半端になり、全ての科目が不合格になることです。こうならないように「棄権する科目を決める勇気も必要」と思います。

 最初の受験では「無線工学の基礎」と「法規」に重点をおいて勉強して2科目の科目合格を狙います。そして次回の受験で「無線工学A」と「無線工学B」の2科目の合格を狙うというような計画でいくと良いと思います。

 無線工学Aの内容は、無線機器と無線設備管理、そして無線工学Bは、空中線と電波伝搬となっています。試験日程的に「無線工学の基礎」と「法規」を最初に受験して「どちらか1科目が不合格になってしまう」と次の受験で、また試験日が2日間にまたがってしまいます。

 それゆえ、この2科目は「必ず一緒に合格できるようする」ということが重要ポイントになってきます。全科目の中で法規は一番勉強しやすい科目なので、この組み合わせで「一度に2科目合格する」ことは受験計画的に重要です。

 そうでないとその後の受験で長期戦になり、受験料が多くかかったり、交通費が多くかかったり、宿泊費が必要になったりというようなことが出てきてしまうと思います。





 1回の試験で1科目のみの科目合格を目指す方法
 1陸技ぐらいのレベルの試験になると「一度に2科目合格する」というのも難しいということも考えられます。書籍等を購入して、勉強する内容を確認して「大変」と思ったならば、1度の試験で「1科目の合格のみを狙う」というのも一つの方法です。

 1陸技の科目合格は、3年間有効ですし、年に2回試験が行われます。電気主任技術者は、年に1回の試験なので「科目合格の有効期限が切れる」ことも多いのですが、無線技術士は「そのリスクが少ない」ように思います。

 電気主任技術者に比べれば、1陸技の方が「科目合格の有効期間が切れる」可能性も低く、受験しやすくなっています。そのような理由から、半年間1科目に集中して勉強して、「1科目ずつ合格を狙っていく」という受験計画もあると思います。

 この場合は、当然「受験料や交通費が多くかかってしまう」ということになってしまいます。1陸技は受験料も高いので、多くの出費を覚悟しなければなりません。



勉強3.jpg




 大学の工学部レベルの知識が必要
 勉強の進め方としては、やはり理解できなくても、参考書を一通り勉強してから「問題集に入った方が良い」と思います。参考書にも結構高度なことが書いてありますので、理解できなくても数回読んだら先に進んでいって下さい。

 購入した参考書を読んでも「あまりよく理解できない」ようであれば、やはり最初は「工事担任者や無線通信士等の資格を先に取得する」ことをお勧めします。参考書も「大学の工学部程度の技術知識がある」ことを前提に解説しています。

 それゆえ、この程度の技術知識が無い場合には「理解するのは難しい」ことのように思います。多分、このレベルに達していない人は、市販されている「どの参考書や問題集を読んでも理解するのは難しい」と思います。

 その理由として第一級陸上無線技術士の試験問題は「工業数学が理解できない」と解くことができない問題が数多くあります。工業数学とは、高校までの数学には出てこないフーリエ級数とか偏微分、微分方程式、重積分のような高度な数学です。

 そして市販されている無線工学の参考書や問題集を購入しても、このような工業数学の部分まで詳しく解説しているものはありません。それゆえ、もし工業数学を勉強したことがなく「新しく勉強したい」のであれば、下記のような通信教育で学んでみるのも対策の一つと思います。


通信教育「工業数学の基礎」

価格:19,440円
(2018/8/6 04:27時点)
感想(0件)








 勉強の進め方について
 工事担任者や無線通信士の資格を持っていても、1陸技の参考書は「読んでも理解できない」ということはあるかもしれません。その場合は、とりあえず理解できなくても「最後まで一通り読み進めてみる」ことをお勧めします。

 最初から「全てを理解しよう」と思わない方がいいと思います。最初は「少しでも知識が付けばいい」ぐらいの気持ちで読み進めないと挫折に繋がってしまうこともあるかもしれません。

 繰り返して勉強するうちに「理解できることは増えてきます」ので、最初から「全てを理解しよう」としなくていいと思います。そして一通り勉強し終わったら「問題集に挑戦してみる」という方法が良いと思います。

 問題集も解説付きのものを紹介しますが、その解説だけでは「理解できない」ことも多いです。その時は、参考書のその部分に該当するところを「じっくり読み返してみる」必要があります。

 そして数回問題集を勉強し終わったら「もう一度参考書を読み返してみる」ことをお勧めします。そうすると、最初に読んだ時よりも「理解できることが増えている」と思います。

 1陸技の場合は「過去に出題された問題だけを勉強して合格できるか?」というと「そうは言えない」ところがあります。それゆえ新問対策のためにも「参考書もじっくり勉強しておく」ことをお勧めします。

 最終的に問題を解く力をつけるためには、問題集の問題を数多く解いて「応用力をつけていく」必要があります。問題集の問題を全て理解して、正解できるようになれば「合格できる」と思います。



 今回は、オーム社の参考書と東京電機大出版の問題集の通信販売を紹介します。下記のバナーからリンク先で書籍を購入できます。通常配送であれば送料は無料です。



 オーム社「やさしく学ぶシリーズ」の参考書

 この書籍は、オーム社の第一級陸上無線技術士 やさしく学ぶシリーズ 無線工学の基礎の参考書です。2017年8月に最新版が発売になっていますので、最新のものを使用して勉強することをお勧めします。

第一級陸上無線技術士試験 やさしく学ぶ 無線工学の基礎(改訂2版)

新品価格
¥3,024から
(2018/8/6 03:18時点)






 この書籍は、オーム社の第一級陸上無線技術士 やさしく学ぶシリーズ 法規の参考書です。2017年8月に最新版が発売になっていますので、最新のものを使用して勉強することをお勧めします。

第一級陸上無線技術士試験 やさしく学ぶ 法規(改訂2版)

新品価格
¥2,808から
(2018/8/6 03:19時点)






 この書籍は、オーム社の第一級陸上無線技術士 やさしく学ぶシリーズ 無線工学Aの参考書です。2017年9月に最新版が発売になっていますので、最新のものを使用して勉強することをお勧めします。

第一級陸上無線技術士試験 やさしく学ぶ 無線工学A(改訂2版)

新品価格
¥3,024から
(2018/8/6 03:20時点)






 この書籍は、オーム社の第一級陸上無線技術士 やさしく学ぶシリーズ 無線工学Bの参考書です。2017年11月に最新版が発売になっていますので、最新のものを使用して勉強することをお勧めします。

第一級陸上無線技術士試験 やさしく学ぶ 無線工学B(改訂2版)

新品価格
¥3,024から
(2018/8/6 03:21時点)








 第一級陸上無線技術士のお薦め問題集


 東京電機大学出版局の問題集
 市販されている問題集の中では、下記に紹介する東京電機大学出版局のものが一番のお薦めです。問題の数も豊富ですし、解説も詳しいです。勉強し始めに使う問題集としては良いと思います。

 ただし、出版されたのが2009年2月と少し古くなっていて、最近の問題が入っていませんので、情報通信振興会かオーム社の問題集も合わせて勉強することをお勧めします。しかし情報通信振興会の問題集は、解説があまり詳しくありませんし、オーム社の問題集は、4年分の問題しか収録されていません。

 それゆえ、やはり勉強し始めに使用する問題集としては、こちらの東京電機大学出版局の方がいいと思います。情報通信振興会の問題集は、最終仕上げの段階で利用すると効果的です。


 この書籍は、東京電機大学出版局の第一級陸上無線技術士試験問題集です。

第一級陸上無線技術士試験問題集〈第3集〉―合格精選340題

新品価格
¥3,024から
(2018/8/6 03:27時点)








 最新のオーム社の問題集

 オーム社から最新版の第一級陸上無線技術士の問題集が発売になりましたので紹介します。この問題集は、2018年3月に最新版が出版されていますので、新しいものを使用して勉強することをお勧めします。最新の問題を勉強する上では、この問題集は解説も詳しいので良い書籍と思います。

 ただし、4年分の問題しか収録されていませんので、この問題集の問題だけを勉強して試験に挑戦するには「こなす問題の量が少なすぎる」ような気がします。それゆえ東京電機大学出版局の問題集か情報通信振興会の問題集と合わせて勉強することをお勧めします。


 この書籍は、オーム社の「第一級陸上無線技術士 過去問解答・解説集」です。2018年3月に最新版が出版されていますので、新しいものを使用して勉強することをお勧めします。

2018-2019年版 第一級陸上無線技術士試験 吉川先生の過去問解答・解説集

新品価格
¥3,240から
(2018/8/6 03:30時点)






 情報通信振興会の問題集

 この書籍は、情報通信振興会の第一級陸上無線技術士の問題集です。2017年11月に最新版が発売になりましたので、新しいものを使用して勉強することをお薦めします。

一陸技<第一級陸上無線技術士> (無線従事者国家試験問題解答集)

新品価格
¥3,240から
(2018/8/6 03:31時点)








 そして第1級陸上無線技術士の参考書や問題集を読んでも、微分、積分といった高度な数学が理解できなくて困っている方のために工業数学の基礎の通信教育を紹介した記事を紹介します。リンクを貼り付けておきますので、是非そちらを参照してみてください。

 この通信教育の講座では、微分、積分、重積分や偏微分、微分方程式など高度な数学を学ぶことができます。このような工業数学を学べる通信教育は、多分あまりくないと思いますので、お勧めかと思います。

 http://kamau1997.seesaa.net/article/431456162.html



 次回は東京電機大出版の参考書を紹介します。記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/379366412.html


 関連記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21013711-1.html
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829040-1.html
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829037-1.html
 http://kamau1997.seesaa.net/category/20945646-1.html












資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!



posted by KAMAU at 04:03| Comment(8) | 無線技術士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
オーム社のテキストはカラーベージやイラストが多くて、結構わかりやすい参考書が多かったような気がします。
各社、テキストには特徴ありますよね。
Posted by マレク at 2016年09月14日 12:41
こんにちは。
私は2陸保持者ですが、この記事を見て1陸に挑戦してみたくなりなした。
2陸受験からかれこれ30年以上たっていますので、
こういったテキストがあると心強いですね。
Posted by QooAIBO at 2016年09月14日 16:26
マレクさん、こんにちは! コメントありがとうございます。

別記事では、東京電機大学出版局や情報通信振興会の参考書も紹介しています。
Posted by KAMAU at 2016年09月15日 04:34
QooAIBOさん、はじめまして! コメントありがとうございます。

2陸技を持っているのですね! 30年以上前というと第2級無線技術士という名称の頃でしょうかね?

試験も記述式の時代だったのではないかと思います。無線工学の基礎という科目も予備試験となっていて予備試験に合格しないと本試験を受けられない時代だったのではないかと思います。

私は、22〜23年前ぐらいに1陸技を取得しましたが、この頃も試験は、まだ記述式の時代でした。予備試験もあった時代でした。大学の工学部を卒業していると予備試験は免除で受験できることも多かったのですが、私は予備試験から受験して合格しました。

今では1陸技も2陸技も試験はマークシート方式に変わってしまいました。合格率そのものは記述式の頃よりも高くなっているような気がしますが、それはそれで記述式とは違った大変さがあるようです。

是非1陸技も受験してみてください。よろしくお願いします。
Posted by KAMAU at 2016年09月15日 04:46
>電気主任技術者は、年に1回の試験である上に、科目合格の有効期限も2年です。
あのう・・・電験も科目合格の有効期限は3年なのですが・・・。
Posted by ななし at 2017年08月14日 04:56
ななしさん、こんにちは!

ご指摘ありがとうございます。電験の科目合格の有効期限に関しましては、勘違いしていましたので訂正させていただきました。

試験の回数については、元々そう書いてあります。
Posted by KAMAU at 2017年08月14日 19:09
kamauさん、こんにちは!
さすがに第一級陸上無線技術士の国家試験は、大学の工学部で学ぶくらいの技術レベルなんですね。
しかし、年に2回の試験があることで、勉強計画をきちんと立てることでクリアできる可能性はありますね。
チャレンジするには、しっかりとした受験計画が必要ですね。
いつも素敵な情報ありがとうございます。
Posted by ごんたママ at 2018年08月06日 14:41
大学の工学部レベルとなると、レベル高いなぁと思っちゃいますね。
勉強のやりがいと達成感を得られそうな感じもしますが。
高卒の方には難しいかもしれないですが、大卒・修士卒の方にとっては復習も兼ねたいい勉強になりそうな感じがしました。
Posted by yuko at 2018年08月11日 18:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。