2018年06月05日

第1級陸上特殊無線技士の国家試験の内容と対策について







 このサイトでは無線で就職を考えた時に「最初に取得する資格」として第1級陸上特殊無線技士を紹介してきました。そこで今回の記事では、1陸特の国家試験の受験を考えている方のために「試験内容と対策」について書きたいと思います。





 試験科目と合格基準について 
 第1級陸上特殊無線技士の国家試験は、年齢も含めて「受験資格はありません」ので誰でも受験できます。

 試験科目には以下の2科目があります。

 無線工学  出題数 24問
 法規    出題数 12問

 合格基準は、無線工学が24問中の15問以上の正解、法規が12問中の8問以上の正解が必要です。どちらかの基準がこれ未満ですと、片方の科目が満点でも不合格になってしまいます。



参考書.jpg




 試験の対策について
 無線従事者資格の国家試験は、上級の無線技術士や通信士でなければ、過去に出題された問題を勉強すれば「合格できる」ところに対策のしやすさがあります。1陸特でも8割以上は「過去に出題された問題と同じ問題」が出題されます。

 それゆえ問題集を購入して「その問題を解答を見ないで全て正解できる」ように練習していけば必ず合格できます。しかし勉強する上で、意味もわからずに「丸暗記だけ」で試験を受けるのは「逆に大変」と思います。

 そのようなことから問題集を勉強する時には、できるだけ解説を詳しく読んで内容を理解した上で「正解を選べる方が良い」と思います。どうしても理解できない問題は「丸暗記に頼ってもよい」と思います。それゆえ購入する書籍も少し電気や電子、通信というような知識がある方は「問題集だけでも十分」です。

 しかし「このような知識があまりない」とか「将来的には無線技術士や無線通信士を目指す」という方は、基礎力をつける意味も含めて、参考書も購入して「じっくり勉強した方がいい」と思います。今後上級の免許を目指す方は、参考書を一通り読んでおけば「参考にもなる」と思います。





 それでは下記に書籍の通信販売を紹介します。下記のバナーからリンク先で、全ての書籍を通信販売で購入することができます。通常配送であれば送料は無料です。




 お勧めの参考書について
 今現在市販されている1陸特の参考書では、下記の「東京電機大学出版局 第一級陸上特殊無線技士試験 集中ゼミ」が一番のお薦めです。「理論を説明して、その後に練習問題を解いて実力をつける」という形式になっています。解説が詳しいので受験者からの評価も高いです。

 しかし、収録されている問題数がこれだけでは、少し不安もあるので、問題集も一緒に購入して勉強することをお勧めします。


 この書籍は参考書として一番お薦めな 東京電機大学出版局の「第一級陸上特殊無線技士試験 集中ゼミ」です。2018年3月に最新版が発売になりましたので、最新のものを使用して勉強することをお勧めします。

第一級陸上特殊無線技士試験 集中ゼミ 第3版

新品価格
¥3,348から
(2018/6/5 02:37時点)







 この書籍は、情報通信振興会の「一陸特無線工学完全マスター」です。 第1級陸上特殊無線技士の無線工学の勉強には、こちらの参考書もお薦めです。

一陸特・無線工学 完全マスター

新品価格
¥3,024から
(2018/6/5 02:40時点)






 この書籍は、情報通信振興会の第1級陸上特殊無線技士の養成過程講習会の法規の教科書です。法規を勉強するにはお薦めの教科書です。2018年3月に最新版が発売になりました。新しいものを使用して勉強することをお勧めします。

第一級陸上特殊無線技士・第二級陸上特殊無線技士・国内電信級陸上特殊無線技士 法規 (無線従事者養成課程用標準教科書)

新品価格
¥1,404から
(2018/6/5 02:50時点)








 お薦めの問題集について
 今現在市販されている1陸特の問題集としては、下記の東京電機大学出版局「第一級陸上特殊無線技士 試験問題集 第3集」が一番のお薦めです。特殊無線技士の場合は「過去に出題された問題を勉強すること」が一番効率がいい方法です。

 それゆえ、この問題集を繰り返し勉強することで合格できます。解説も詳しいので受験者の評価も高い書籍です。2016年1月20日に待望の最新版第3集が発売になりました。

 
この問題集は「解説が詳しくて非常に良い」のですが、今まで出版日が2011年1月と少し古くなっていて「最近の出題傾向に対応できていないのではないか」という不安が少しありました。

 しかし今回最新版が出版されたことで「この不安は無くなり」より一層「お薦めの問題集」として紹介できます。計算問題等も式を省くことなく解説されていますので「理解しやすい」と思います。合格だけを目指すのであれば、これ1冊でも十分と思います。



 この問題集は、東京電機大学出版局の「第一級陸上特殊無線技士 試験問題集 第3集」です。2016年1月20日に最新版が発売になりましたので、新しいものを使用して勉強することをお勧めします。

第一級陸上特殊無線技士 試験問題集 第3集

新品価格
¥3,024から
(2018/6/5 02:55時点)






 この書籍は、情報通信振興会の「第一級陸上特殊無線技士 国家試験問題解答集」です。最新版が2018年6月1日に発売になりました。この問題集は平成29年10月期までの問題が収録されていますので、今現在市販されている問題集の中では、一番最新の問題が収録されています。

 そういった意味ではお薦めの問題集です。しかし、この問題集は試験問題と解答しか収録されていません。解答の解説などはありませんので、この問題集のみで勉強するのはお勧めできません。最後の仕上げの模擬試験的に使うのにはお勧めです。

無線従事者国家試験問題解答集第一級陸上特殊無線技士 平成25年2月期から平成29年10月期まで

価格:2,916円
(2018/6/5 03:17時点)
感想(0件)






 誠文堂新光社の問題集も2016年3月4日に最新の平成28年、平成29年版が発売になりましたので、あわせて紹介します。

 しかし、この問題集は、解説が詳しくない部分があるように思いますので、これ一冊で初心者が学ぶには、少しお薦めできないところがあります。それゆえ上記で紹介した東京電機大学出版局の問題集とあわせて使用するとベストのように思います。

 そして誠文堂新光社の問題集の良さは、編集方法が出題された問題がそのままの順番で、実際に試験が行われたものと同じ感覚で勉強できることです。それゆえ勉強が最終段階に入ってきたときに模擬試験として使用するにはお薦めの問題集です。


 この問題集は、誠文堂新光社の「第一級陸上特殊無線技士問題・解答集 平成28年、29年版」です。2016年3月4日に最新版が発売になりましたので、新しいものを使用して勉強することをお勧めします。

第一級陸上特殊無線技士問題・解答集 平成28,29年版: 平成27年10月期までの国家試験を完全収録!!

新品価格
¥3,024から
(2018/6/5 03:20時点)






 2015年8月に発売になった最新のテキストと問題集を紹介します。上記の問題集と一緒に活用すると効果が上がると思います。


 この書籍は、ナツメ社の「一発合格! 第一級陸上特殊無線技士試験 テキスト&問題集」です。

一発合格! 第一級陸上特殊無線技士試験 テキスト&問題集

新品価格
¥3,024から
(2018/6/5 03:21時点)








 第1級陸上特殊無線技士の計算問題に特化した参考書
 第1級陸上特殊無線技士の試験の中で「計算問題が苦手」という方に計算問題専用の参考書が発売になりました。計算過程が詳しく掲載されていますので、計算問題が苦手な方にはお薦めです。


 この書籍は、東京電機大学出版局の「第一級陸上特殊無線技士国家試験 計算問題突破塾」です。東京電機大学出版局の参考書や問題集と一緒に使用すると効果的です。

第一級陸上特殊無線技士国家試験 計算問題突破塾

新品価格
¥2,592から
(2018/6/5 03:23時点)








 無線従事者国家試験は、最新の出題された問題をチェックする必要があります。一番最新の問題をチェックするには、解説はありませんが、日本無線協会のホームページに掲載されている問題と解答を見るのが確実です。

 リンクを貼っておきます。問題集に無かった問題は要チェックで「正解できるようにしておく」必要があります。
 http://www.nichimu.or.jp/kshiken/siken.html





 次回は電気通信術の試験の無い特殊無線技士の資格を紹介します。記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/376961705.html


 関連記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/376487795.html
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829037-1.html












資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 03:34| Comment(3) | 特殊無線技士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

1陸無線の国家試験は、
過去問をじっくりひも解くことで
可能性はある。という事ですね!

こんな風に指針があるといいですよね。
これをやればできるはず!
という意識になれます。

またお邪魔します。
Posted by haruto at 2018年06月07日 15:27
kamauさん、こんばんは!
第1級陸上特殊無線技士の国家試験、8割以上は過去に出題された問題と同じものが出るんですね。
確かに、丸暗記は返って大変ですよね。
詳しい解説を読んで理解を少しでもした方が、応用もききますしね。
「すごく難しい」という印象がありましたが、ちょっと安心しました(笑)
いつも素敵な情報ありがとうございます。
Posted by ごんたママ at 2018年06月07日 19:47
二科目だけって考えると、合格することは難しくないなのかなぁと考えることもできますが、その分難しい問題も多いのかなぁと思いました。
また、参考書の種類も多いので、効率よくできて自分にあったものをしっかり選ぶ必要があるんじゃないかなぁと思いました!
Posted by yuko at 2018年06月09日 07:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: