2018年03月13日

第3種電気主任技術者の合格を目指すためにお薦めな問題集を紹介







 前回までの記事では第3種電気主任技術者を独学で勉強するためにお薦めな参考書を数種類紹介しました。今回は同様にお薦めな問題集を紹介します。





 合格への近道は問題集で数多くの問題に触れること
 第3種電気主任技術者は難関資格であるため「問題集だけで勉強する方法」はあまりお勧めできません。独学で勉強する場合も、今まで紹介してきた参考書等を利用して基礎力をつけてから問題集に移ることをお勧めします。

 しかしながら、やはり試験に合格するための「問題を解く実力をつけていく」のには、問題集での勉強は不可欠です。参考書は「一通り勉強したら」後は、問題集を勉強するための「補助的利用」でいいと思います。

 問題集をやっていて、その解説だけではわかり難いところを、じっくり勉強するためなどに使っていくのが良いと思います。今回紹介する問題集は、各科目ごとの実際に出題された過去15年分の問題を集めたものです。

 編集方法は出題された問題がそのままの順番ではなく、分野ごとやテーマごとの問題になってまとめられています。第3種電気主任技術者は難関と言っても、過去15年分の問題を「完璧に解くことができるようになれば」合格できる実力はついてきます。



参考書.jpg




 15年分の問題を全て解けるようになるのは簡単ではない
 しかし、この問題集に収録されている15年分の問題を全て完全に解けるようになるのは、そう簡単なことではありません。1問、1問を見れば、その問題そのものを解くことができるようになることは、それほど難しくはありません。

 また、その分野やテーマを勉強している間は、その分野の問題は解くことができるようになります。しかし出題範囲が広いので、問題集を一通り勉強して、もう一度その分野に戻ってくると、あまり難しい問題でなくても、すっかり忘れてしまって「同じ問題が解けなくなってしまう」ということが少なくありません。

 このような現象が起きるのが第3種電気主任技術者試験の難しさです。また1年で1科目ぐらいの合格はできるのですが、2科目合格したり、機械や電力などは、1科目でもなかなか合格にもっていくのは難しいです。





 それでも繰り返し問題を解いていくしかありません
 そうは言っても、やはり合格への近道は、過去の問題を何回も繰り返し、勉強して実力をつけていくしかありません。やることが決まったらあとはやるのみです。下記に紹介する問題集は、現在市販されている問題集の中では一番お薦めな書籍です。

 過去15年分の実際に出題された問題が収録されていますので問題数も豊富です。編集方法も分野別やテーマ別なので、自分が今現在勉強している分野の実力を高めていくことができます。また解説も詳しいので非常に良い問題集です。受験者の評価も高いです。





 それでは問題集の通信販売を紹介します。下記のバナーからリンク先の Amazon で、すべての書籍を通信販売で購入することができます。通常配送であれば送料は無料です。平成30年度用の最新版が発売になりました。最新のものを使用して勉強することをお勧めします。





 第3種電気主任技術者に合格するためにお薦めな問題集



 この書籍は電気書院の理論の問題集です。(電験3種過去問マスタ) 平成30年度の最新版が発売になりました。新しいものを使用して勉強することをお勧めします。

理論の15年間 平成30年版 (電験3種過去問マスタ)

新品価格
¥2,592から
(2018/3/13 02:52時点)






 この書籍は電気書院の法規の問題集です。(電験3種過去問マスタ) 平成30年度の最新版が発売になりました。新しいものを使用して勉強することをお勧めします。

法規の15年間 平成30年版 (電験3種過去問マスタ)

新品価格
¥2,376から
(2018/3/13 02:53時点)






 この書籍は電気書院の電力の問題集です。(電験3種過去問マスタ) 平成30年度の最新版が発売になりました。新しいものを使用して勉強することをお勧めします。

電力の15年間 平成30年版 (電験3種過去問マスタ)

新品価格
¥2,376から
(2018/3/13 02:54時点)






 この書籍は電気書院の機械の問題集です。(電験3種過去問マスタ) 平成30年度の最新版が発売になりました。新しいものを使用して勉強することをお勧めします。

機械の15年間 平成30年版 (電験3種過去問マスタ)

新品価格
¥2,592から
(2018/3/13 02:55時点)








 第3種電気主任技術者を何度か受験した方や、勉強を始めてかなり時間が経過した方には、別タイプの問題集がお薦め
 今回の記事では、これから第3種電気主任技術者の勉強を始めるとか、まだ勉強を始めて間もない方に非常にお薦めの問題集を紹介しました。

 しかし「電験3種の受験を始めてかなり時間が経過している」とか「もう全ての科目を一通り勉強してしまった」とか「科目合格を何度かしている」というような方には、別タイプの問題集をお薦めします。

 それは問題集の編集方法がテーマや分野別ではなく、毎年1年ごとに実際に出題された問題が、そのままの順番で掲載されている問題集です。今まで使っていたテーマや分野別のものから改めて、このような1年ごとの編集の問題集に切り替えて使ってみることをお勧めします。





 一通り勉強が終わった後は、どうして分野別やテーマ別の問題集でない方がお薦めなのか?
 それでは、どうして編集方法がテーマや分野別ではなく「毎年1年ごとに実際に出題された問題がそのままの順番で掲載されている問題集がお薦めなのか?」の理由を説明します。それは分野別に勉強していると、その分野を勉強しているときは、その問題に強くなります。

 しかし「その分野を勉強し終わってしまう」と再度繰り返しで戻ってくるまで「その分野を全く勉強しない」ことになってしまいます。そうすると「もう一度繰り返しで戻ってくる」までには「その分野のことをすっかり忘れてしまう」というようなことが起こってしまいます。

 一方で毎年1年ごとに実際に出題された問題が「そのままの順番で掲載されている問題集」は、その年に出題された問題は、色々な分野から少しずつ出題されています。それゆえ1年ごとの問題で「色々広範囲の分野を少しずつ勉強する」ことになります。

 色々な分野を「行ったり来たりしながら勉強できる」ので、1度勉強したらかなりの時間「その分野を全く勉強しない」というような状況になりません。それゆえ「1つの分野を全く勉強しない」という期間が短いために「その分野のことを忘れにくくなる」というメリットがあります。

 このような理由から一度一通り勉強した人は、毎年1年ごとに実際に出題された問題が、そのままの順番で掲載されている問題集がお薦めということになります。


 このような問題集を紹介している記事へのリンクを紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/384743080.html





 次回は第3種電気主任技術者を勉強するためのDVDやPCソフトを紹介します。記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/375409448.html


 関連記事のリンクを貼っておきます。

 その他の第3種電気主任技術者関係の記事
 http://kamau1997.seesaa.net/article/374720276.html
 http://kamau1997.seesaa.net/category/20894760-1.html


 ビル管理関係
 http://kamau1997.seesaa.net/article/372346464.html

















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 03:23| Comment(3) | 第3種電気主任技術者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
KAMAUさん、こんばんは、トシカズです。
応援3ヶ所完了です!
Posted by トシカズ at 2017年03月28日 20:30
kamauさん、こんにちは!
第3種電気主任技術者の資格試験の出題範囲が広く数学、物理といった知識も必要なため、「問題集のみ」の勉強の仕方はお勧めではないのですね。
少し基礎力を参考書などで付けてから問題集へ行くのが、結果的には早道なんですね。
なるほどです。
いつも素敵な情報ありがとうございます。
Posted by ごんたママ at 2018年03月15日 11:00
こんにちは。
お邪魔します。
資格を取る勉強は中々・・・地道に
やらないと。
分野別学習より過去問題集
これ確かに。
情報処理の資格取得時は、追い込み
過去問5年分とかやりました
若い時ですけど。

応援します!
Posted by haruto at 2018年03月15日 16:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: