2017年02月07日

第二種電気工事士の技能試験対策について







 前回は第二種電気工事士の筆記試験対策について書きました。今回は技能試験の対策について書きたいと思います。



 第二種電気工事士の技能試験とは、どのようなものか?
 技能試験は電気配線の材料や器具が支給され、問題に沿ってその配線工事を行うものです。時間は40分で最後まで作業を終わらせることができなければ採点の対象になりません。作業が最後まで終わって、はじめて減点法による採点が行われます。

 それゆえ工事の作業が最後まで終わらなければ、そこで不合格は決まってしまいます。配線工事の方法や作業の内容そのものは、それほど難しいものではありません。それゆえビデオやDVD等を見て独学で覚えることは可能です。

 しかし二種のポイントは、如何に時間内に最後まで仕上げるかということになります。時間内に終わらせるためには判断力やスピードがある程度必要です。そのためには練習あるのみなのですが、練習するには配線の材料や工具が必要になります。

 また1〜2回ぐらい練習したからといって、時間内に作業を終えることができるようにはなかなかなりません。それゆえ思う存分自分が納得いくまで練習するのは、個人が独学でやるのは難しい面もある試験です。

 材料は1回使ったものを繰り返し使用できるものはいいのですが、消耗品も多いので部材を買い揃えるのも大変です。



配線工事1.jpg




 技能試験は毎年発表される13パターンの中から必ず出題
 今現在の第二種電気工事士の技能試験は、毎年13の試験問題のパターンを発表して、その中の1パターンが出題されます。見たことも聞いたことも無い工事の内容は出題されません。それゆえこの13パターン全てを時間内にできるようになれば必ず合格できます

 しかしポイントは作業内容ができるかどうかではないと思います。作業内容そのものは難しいものではありませんし、覚える内容も筆記試験に比べれば少ないと思います。

 合格へのポイントは上記でも説明しましたが、基本的な工事の作業内容をいかに40分という時間内に確実に全て終わらせるかということになります。試験本番は緊張して普段ならできることもできなくなる可能性もあります。手足も思うように動かなくなることもあるかもしれません。

 また時間が足りなくなると焦りも出てきて思うようにいかなくなるかもしれません。それゆえ実技の内容は30分ぐらいで終わらせるような練習も必要です。第二種電気工事士の技能試験は、時間管理も重要なポイントです。



 技能試験に独学で合格するためにお薦めの教材を紹介
 技能試験も個人で独学で練習できるように、教材やキットも発売されていますので紹介します。下記で紹介している準備万端シリーズは、平成29年に出題される可能性のある13パターンの材料の器具や電線が揃っています。

 また試験問題の作業内容を解説したDVDも付いていますのでお薦めのセットです。13の試験パターンを1回、2回、3回ずつできるセットで分かれていて、練習できる回数の材料の量で価格に違いがあります。

 その上に準備万端シリーズは、わからないことは質問もできるようになっていますので、通信教育に近い状態で学ぶことができます。この価格でこれだけ揃っているのはかなりのお薦めと思います。

 第二種電気工事士は、既に最新の平成29年度に出題される可能性のある13のパターンが発表されています。それゆえ新しい教材を購入して練習することをお勧めします。



 それでは第二種電気工事士の技能試験に独学で合格するための教材の通信販売を紹介します。下記のバナーからリンク先で全て通信販売で購入できます。通常配送であれば、送料は無料です。



 この商品は、ホーザンの「電気工事士技能試験工具セット」です。このセットを購入すれば、第二種電気工事士の技能試験で必要になる工具が揃います。工具を別々に揃えるのも大変ですので、このように必要な工具がセットになっているものはお薦めです。

ホーザン(HOZAN) 電気工事士技能試験工具セット P-958VVFストリッパー P-737リングスリーブ用圧着工具入組 DK-18

新品価格
¥9,520から
(2017/2/7 14:21時点)








 この商品は、有限会社ジェイメディアネットの「準備万端シリーズ第二種電気工事士技能試験練習用材料 全13問分の器具・電線セット」です。平成29年度の技能試験に出題される可能性のある試験問題13候補全てを1回ずつ練習するための材料セットです。DVDの解説付きですので受験者には評価の高い教材です。

 そして、このセットにはわからないところは、講師に何度でも質問できるという通信教育のような特典が付いていますので非常にお勧めです。第二種電気工事士は、既に最新の平成29年度に出題される可能性のある13のパターンが発表されています。それゆえ新しい教材を購入して練習することをお勧めします。

準備万端 (1回練習分) 平成29年度 第二種電気工事士技能試験練習用材料 「全13問分の器具・電線セット」

新品価格
¥16,700から
(2017/2/7 14:45時点)








 この商品は、有限会社ジェイメディアネットの「準備万端シリーズ第二種電気工事士技能試験練習用材料 全13問分の器具・電線セット」です。平成29年度の技能試験に出題される可能性のある試験問題13候補全てを2回ずつ練習するための材料セットです。DVDの解説付きですので受験者には評価の高い教材です。

 そして、このセットにはわからないところは、講師に何度でも質問できるという通信教育のような特典が付いていますので非常にお勧めです。第二種電気工事士は、既に最新の平成29年度に出題される可能性のある13のパターンが発表されています。それゆえ新しい教材を購入して練習することをお勧めします。

準備万端 (2回練習分) 平成29年度 第二種電気工事士技能試験練習用材料 「全13問分の器具・電線セット」

新品価格
¥21,400から
(2017/2/7 14:46時点)








 この商品は、有限会社ジェイメディアネットの「準備万端シリーズ第二種電気工事士技能試験練習用材料 全13問分の器具・電線セット」です。平成29年度の技能試験に出題される可能性のある試験問題13候補全てを3回ずつ練習するための材料セットです。DVDの解説付きですので受験者には評価の高い教材です。

 そして、このセットにはわからないところは、講師に何度でも質問できるという通信教育のような特典が付いていますので、非常にお勧めです。第二種電気工事士は、既に最新の平成29年度に出題される可能性のある13のパターンが発表されています。それゆえ新しい教材を購入して練習することをお勧めします。

準備万端 (3回練習分) 平成29年度 第二種電気工事士技能試験練習用材料 「全13問分の器具・電線セット」

新品価格
¥24,500から
(2017/2/7 14:47時点)








 技能試験に関しては独学が大変なところもあるので、次回は通信教育を紹介します。リンク先は以下の通りです。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/373813284.html


 以下に関連記事のリンクも貼っておきます。

 電気工事士関係
 http://kamau1997.seesaa.net/article/373489825.html
 http://kamau1997.seesaa.net/category/20809028-1.html


 ビル管理の就職関係
 http://kamau1997.seesaa.net/article/372346464.html

















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!

posted by KAMAU at 15:08| Comment(4) | 電気工事士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
KAMAUさん、いつもありがとうございます。

電気工事士の資格を取るための工具もしっかりそろっていると安心して取り組むことができますね。

いつも参考になります。応援して帰ります。
Posted by ryouji at 2016年05月29日 09:42
ryouji さん、こんにちは! いつもコメントありがとうございます。

第二種電気工事士の技能試験を受けるには、工具は必需品です。上記の通信販売でも紹介しているようなしっかりしたものを揃えたいところです。

技能試験の練習にも工具は必要になりますので、電線や器具などの教材と共に揃えて、しっかり練習して試験を目指して欲しいです。
Posted by KAMAU at 2016年05月30日 02:45
KAMAUさん、こんばんは。
合格するためには、13パターンを全て覚え30分以内にできれば合格しますね。
でも、緊張して手が上手く動かないですね。応援していきますね。
Posted by トシカズ at 2017年02月07日 23:21
13パターンを30分以内にできるようになるのは、それほど簡単なことではありません。
Posted by KAMAU at 2017年02月08日 03:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: