2020年02月12日

ビル管理の就職にも有利な電気工事士の資格







 中高年で就職活動をする時に資格を持っていると比較的採用の可能性が高くなる職業として、ビル設備管理を紹介してきました。今回は、その中の資格の一つ電気工事士の資格について書きたいと思います。





 電気工事士の資格の種類
 電気工事士の資格には、第一種電気工事士と第二種電気工事士があります。また第一種の試験に合格して経験が満たない場合や二種を取得後講習を受けることで取得することができる認定電気工事従事者があります。

 一種は自家用電気工作物及び一般電気工作物の工事を行うことができる資格で、二種は一般電気工作物の工事を行うことができる資格です。簡単に言うと一種は、600Vを超えて受電する工場やビルなどの設備を工事することができる資格です。

 二種は、600V以下で受電する一般家庭や小さな商店などの工事を行うための資格です。



配線工事2.jpg




 認定電気工事従事者
 第二種電気工事士は、国家試験を受けて合格すると取得できますが、一種は試験を受けて合格してもそれだけでは、免状は交付されません。免状の交付には、電気工事の実務経験が3〜5年必要となります。

 経験が満たない間は、認定電気工事従事者としての認定証を申請することになります。そして認定証が交付されると、一部自家用工作物の工事を行うことができるようになります。

 一般的には、二種を先に取得して電気工事の仕事をしながら「ステップアップとして一種を受験する場合が多くなる」と思います。認定電気工事従事者そのものは、第二種電気工事士や電気主任技術者を取得して講習を受ければ取得することも可能です。

 それゆえ実務経験が少ないうちは、二種と認定工事従事者として働くことになります。経験が満たされると第一種電気工事士の試験を受けて合格すれば免状の交付を受けることができます。





 電気工事士の就職について
 就職として考えると電気工事士の資格ですから電気工事の会社に採用になり、働くのが「一番給料が良い」と思います。しかし資格を取ったというだけでは、既に電気工事の仕事を何年もしてきた人と同等に仕事をすることはなかなかできません。

 それゆえ30歳以下の若い時期に求職しているのであれば「電気工事をする職種で採用の可能性も高い」と思います。しかし中高年になってしまうと今までに電気工事の経験が無く「資格を取った」というだけでは「なかなか電気工事会社に採用になるのは難しい」と思います。





 電気工事士のビル設備管理への就職
 ビル管理という視点で見ると、中高年になってから資格を取得しても採用になる可能性があります。ビル管理の仕事でも電気工事士の資格が条件になっている求人があります。

 ビルの機械設備管理がメイン業務なので、電気工事の業務がそれほど多くはありません。設備管理をしていると時々簡単な修理や営繕が必要になってくることがあります。

 その時に工事を行うことになります。このようなことから中高年になってから電気工事士の資格を取っても、ビル管理の職種では十分に採用の可能性が出てきます。

 事実、電気工事士はビル管理の求人の場合は、ボイラー技士の次によく必要とされる条件の資格です。今まで「あわせ持つと有利な資格」として、危険物取扱者や冷凍機械責任者を紹介してきましたが、就職に一番有利なのは「ボイラー技士と電気工事士」です。

 ビル管理の現場なので、本当に欲しいのは第一種電気工事士なのですが、実際に工事するのは「本当に簡単なものである」ことが多いので、第二種電気工事士でも講習を受けて認定工事従事者を取得すれば大丈夫なことが多くなっています。

 本格的な工事が必要な時には、電気工事会社に依頼することが多くなります。このような理由から資格としては、求人も第二種電気工事士で十分な場合が多いので、まずは二種を取得したいところです。







 第二種電気工事士の試験
 第二種電気工事士の試験には、電気の配線工事の実技試験があるので一朝一夕にはいきません。学科試験は、参考書や問題集を1冊買って勉強すれば何とかなりますが、実技試験はそうはいきません。

 工事の作業そのものはビデオ等を見ればすぐに覚えられますが「時間内に全ての作業を終えること」は、そう簡単ではないのです。実技試験は「配線工事が最後まで終わってはじめて」採点の対象になります。

 作業が最後まで終わっていなければ「それだけで不合格」になってしまいます。二種の実技試験のポイントは「いかに時間内に最後まで作業を正確に終了させるスピードを身につけるか」が鍵になります。

 そして電気工事の会社で働いていない限り、配線や部材などの材料もなかなか手に入りませんし、工具も揃えなければなりません。電気工事に携わっていない場合は「なかなか思う存分に配線工事の練習をすることができない」場合が多く、対策は少し大変です。



 次は第二種電気工事士の試験の受け方などを書きたいと思います。リンクは以下の通りです。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/373563178.html


 第二種電気工事士の合格のためにお薦めの問題集や参考書を紹介した記事へのリンクを紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/373654501.html


 電気工事士についての記事を書いたカテゴリーへのリンクを紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/category/20809028-1.html


 ビル管理関係資格の関連記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/372346464.html
 http://kamau1997.seesaa.net/article/372606820.html
 http://kamau1997.seesaa.net/article/372859551.html








就職・アルバイト ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!

posted by KAMAU at 06:45| Comment(8) | 就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログランキングからきました。

やっぱり、中高年の就職はきびしいですね。
ネットビジネスでなんとかしないと・・

応援していきます。
Posted by はっち at 2015年12月22日 09:03
 はっちさん、はじめまして!

 コメントありがとうございます。

 そうですねぇ・・・ 中高年は、やはり就職は、厳しくなってくると思います。

 ネットビジネスも成果を上げるのは、なかなか難しいですよね。

 今後ともよろしくお願いします。
Posted by KAMAU at 2015年12月22日 23:57
KAMAUさん、おはようございます。
今日も2か所応援完了です。
Posted by トシカズ at 2017年02月02日 08:36
トシカズさん、こんにちは! 応援ありがとうございます。私の方からも応援させていただきました。
Posted by KAMAU at 2017年02月03日 17:42
おはようございます。
harutoです。
中高年で就職活動をする時に資格を・・・
やっぱり持っていると比較的採用の可能性が高く
なるんでしょうね。
如何せん、脳みそが・・・です。
資格を取る努力も必要なんでしょうけど・・・

ネットビジネスで一旗揚げたいです。
応援します。

Posted by haruto at 2018年01月11日 10:57
こんにちは。
現在は電気がなければ生活できない環境なので電気に詳しい専門の方が優遇されるのは当然だと思います。中高年ですが機会があればチャレンジしたい資格だと思います。
Posted by フジト at 2018年01月11日 22:41
kamauさん、こんばんは!
中高年からの就職で、資格を取ることで有利になるものとして「ビル管理」がありますが、それにプラス第二種電気工事士を持ってると良いのですね。
ただ、実技を練習するのが結構大変かな?と思います。
いつも情報ありがとうございます。
Posted by ごんたママ at 2018年01月12日 22:49
電気工事士の資格本は、わりと目にする機会が多いので知ってたんですが、具体的な就職に関することなどは知ることがなかったので、とても参考になりました。
ありがとうございます!
Posted by yuko at 2019年03月31日 11:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: