2020年04月05日

工事担任者AI・DD総合種を目指す2つの受験方法







 今回は、最終的に工事担任者の最高峰資格「AI・DD総合種」を取得することを目標とした場合に考えられる「2つの受験方法」につて書きたいと思います。





 DD3種の次は「DD1種?」「総合種?」
 前回の記事では、DD1種について書いてきましたが、最終的に総合種まで取得するのであれば、DD3種取得後に次に目指す資格としては、「DD1種なのか?」、または「AI・DD総合種なのか?」は「よく考えた方がいい」と思います。

 試験科目の基礎と法規のレベルは、DD1種もAI・DD総合種もほぼ同じです。レベルの差としては、感覚的には、AI・DD総合種の方がDD1種よりも「技術科目でアナログ部分の出題範囲が増える」ということになります。

 それゆえアナログ部分の出題範囲が増える分だけ総合種の方が難しいことになります。難易度の差としては「出題範囲の差だけ」ということになります。試験問題そのもののレベルの差はありません。

 科目合格の制度があることを考えると「1度に3科目合格して完全合格を目指す」のでなければ総合種を目指す方が効率的です。





 DD3種取得後に総合種を目指す方法
 一つ目の方法は、DD1種を受けずに最初からAI・DD総合種の取得を目指す方法です。最終的に総合種まで取得するのであれば、最初から総合種を受験した方が効率的です。

 あえてDD1種を取得してから総合種を受験する必要もありません。アナログ部分の「出題範囲が増える」とはいえ、残り1科目になれば、次の試験で合格にもっていくことは「それほど難しい」ことではありません。

 この場合、初回の受験で基礎と法規の科目合格を目指します。そして次の試験で技術科目に合格できれば、工事担任者の最高峰AI・DD総合種を取得できます。

 DD1種も総合種に比べて「それほど難易度が下がる」わけでもないので、一回の試験で3科目全てに合格するのは大変です。「2回試験を受ける」という受験計画でいくならば「最初から総合種を受験した方が効率的」です。



参考書.jpg




 DD1種とAI1種を取得する方法
 二つ目の方法は、直接「総合種」を受験せずにDD1種とAI1種を取得して、その後に総合種を申請する方法です。DD1種を持っていれば、AI1種に合格することで、資格者証申請の段階で「あわせ技」でAI・DD総合種を申請することができます。

 ここで注意したいのが、DD1種を持っていて、AI1種に合格して、AI1種の資格者証の交付を受ける前に「総合種の資格者証を申請してしまう」とAI1種の資格者証の交付は受けられなくなります。

 資格としては「総合種を持っていれば」工事担任者として何でも行うことができますので、AI1種の資格者証の交付を受けなくても問題ありません。しかし資格者証をコレクション的に集めたい場合には、この申請方法はしてはいけません。

 またAI1種に合格して、AI1種として資格者証の交付を受けてから「DD1種とあわせて申請する」ことで、総合種の資格者証の交付を受けることもできます。

 この方法のメリットは、DD1種、AI1種、総合種と3つの資格者証の交付を受けられることです。ただし資格者証の交付に掛かる手数料は、3つの資格分が必要になります。

 DD1種を取得後にAI1種の受験をする場合は、基礎科目を免除で受験できますので、技術と法規の2科目に合格すればAI1種を取得できます。





 どちらの方法がお勧めなのか?
 DD3種取得後に「次はどの資格に進むかのか?」の考え方としては「今からの時代は、そのほとんどがデジタル伝送路になる」ので「AI種系は必要ない」という方は、もちろんDD1種を受けることになります。

 しかし最終的に総合種まで目指すという方は「あくまで効率的に受験する」場合は、総合種を受験して「マニア的に資格者証もたくさん欲しい」方は「DD1種に進む」ということで良いかと思います。



 次回はDD3種合格後に直接、総合種を目指す場合のテキストや問題集を紹介します。リンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/376220623.html



 関連記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/375498247.html
 http://kamau1997.seesaa.net/category/20945646-1.html



未経験からプロのエンジニアを育てるオンラインブートキャンプ












資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!

posted by KAMAU at 06:29| Comment(4) | 工事担任者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

工事担任者DD1種に合格するための試験対策







 工事担任者DD3種を取得したら、次は「上位資格のDD1種を取得して欲しい」ところです。今回は、DD1種に合格するためにお薦めの「参考書と問題集を紹介したい」と思います。





 DD3種を取得したら次はDD1種がお勧め
 工事担任者DD3種を取得したら「次に挑戦して欲しいのは」デジタル伝送路に端末を接続するための工事を行う最高峰の資格DD1種です。普通に考えれば、順番でステップアップするのであれば、次は「DD2種を受験する」ということになるかと思います。

 しかしDD3種を取得しているということは「ある程度電気通信や情報通信について知識がある」ということなので、一気にDD1種に挑戦しても大丈夫です。2種を合格できる人であれば1種も合格できます。

 DD1種とDD2種の難易度の差は、それほど大きいものではありません。逆に言えばDD1種に合格できない人は、DD2種にも合格できないと思います。その割には、できる工事の範囲などには差があるように感じます。

 それゆえ勉強にかける時間を少なくしたり「受験費用を安く抑える」という意味も含めて「効率的に資格を取得したい」のであれば、次はDD1種の受験をお勧めします。

 しかし工事担任者をじっくり勉強して基礎力を高めていきたい方は、DD2種を受験することも良いことのように思います。受験の仕方や試験の科目等は、DD3種と同じなので、関連記事のリンクを貼っておきます。そちらを参照していただければと思います。

 http://kamau1997.seesaa.net/article/375759968.html 



参考書.jpg




 科目合格制度を利用して受験計画を
 DD1種の勉強方法も3種の時と同じように進めて大丈夫です。ただし難易度は上がってきますので、1度に3科目全てに合格するのは大変です。因みに合格率は17%前後のようです。

 それでも電気主任技術者と比べれば、勉強しなければならない範囲は、それほど広くありません。また科目合格の制度もありますので、無理なく「科目合格狙いでいく」のも良いと思います。

 DD3種の時も書きましたが、工事担任者の科目合格の有効期間は3年ありますし、試験も年2回行われます。それゆえ科目合格したものを「失効してしまう」ということは、あまり多くありません。

 そのようなことから「1度の試験で1科目ずつ合格していく」という方法も考えられます。また何度か合格できなくても「科目合格の有効期限が切れる」というところまではいかない場合が多いので「じっくりいくのもいい」と思います。

 しかしながら試験を受けるのには、受験料が毎回かかりますし、交通費などもかかってきます。できるだけ受験回数は「少なくしたい」ところです。1回の試験で2科目ぐらいの合格を目指していくのが効率的のように思います。

 それではDD1種に合格するためのテキストの通信販売を紹介します。



 下記のバナーからリンク先で購入することができます。



 工事担任者DD1種のお薦め参考書
 この書籍は、リックテレコムの「工事担任者 DD1種標準テキスト」です。現在市販されているDD1種のテキストの中では、これが一番のお薦めです。受験者の評価が高い書籍です。

 2019年2月に最新版が発売になりました。新しいものを使用して勉強することをお勧めします。 下記のバナーからリンク先で通信販売で購入することができます。

工事担任者DD1種標準テキスト第4版

新品価格
¥3,080から
(2020/4/3 06:43時点)








 工事担任者DD1種のお薦め問題集
 この書籍は、リックテレコムの「工事担任者2020年版DD1種実戦問題」です。現在市販されているDD1種の問題集では、これが一番のお薦めです。

 上記のテキストに収録されている練習問題だけでは「問題をこなす量としては少ない」と思います。それゆえ、この問題集もあわせて勉強することで、より実力を高めていくことをお勧めします。

 この問題集は、毎年新しいものが出版されますので、常に最新の出題傾向を反映しています。受験者からの評価も高いです。2020年の最新版が2月26日に発売になりました。新しいものを使用して勉強することをお勧めします。

工事担任者2020年版DD1種実戦問題

新品価格
¥3,135から
(2020/4/3 06:47時点)







 より詳しく勉強できる 科目別参考書
 上記に参考書として標準テキストを紹介しました。この参考書は1冊で、基礎、法規、技術の3科目全てに対応しています。しかし勉強していて「もっと詳しい参考書が欲しい」と思う方には、科目別の参考書をお薦めします。

 科目別の参考書としては、同じリックテレコムから発売されている「わかるシリーズ」がお薦めです。将来的に「電気通信主任技術者まで目指す」という方は、こちらの詳しい参考書で「より技術の知識を高めておく方が良い」と思います。





 科目別参考書 「わかるシリーズ」

 この書籍は、リックテレコムの「わかるAI・DD全資格 基礎」です。

わかるAI・DD全資格 〔基礎〕 改訂版 (工事担任者科目別テキスト)

新品価格
¥2,420から
(2020/4/3 06:51時点)






 この書籍は、リックテレコムの「わかるAI・DD全資格 法規」です。

わかるAI・DD全資格〔法規〕第3版 (工事担任者科目別テキスト)

新品価格
¥2,420から
(2020/4/3 06:52時点)






 この書籍は、リックテレコムの「わかるDD1・2種 技術・理論」です。

工事担任者科目別テキスト わかるAI・DD総合種「技術・理論」第3版

新品価格
¥3,080から
(2020/4/3 07:02時点)






 工事担任者DD1種の通信教育の講座を紹介している記事へのリンクです。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/431314891.html


 次回は、AI・DD総合種について書きたいと思います。記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/376121334.html


 関連カテゴリーの記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/375498247.html
 http://kamau1997.seesaa.net/category/20945646-1.html



未経験からプロのエンジニアを育てるオンラインブートキャンプ












資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!

posted by KAMAU at 07:12| Comment(3) | 工事担任者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

工事担任者DD3種の勉強方法とテキストや問題集







 工事担任者DD3種は、電気、電子、通信、無線等を学ぶ上で入門資格としてお勧めです。今回は、その工事担任者DD3種に合格するための勉強方法や問題集、書籍等を紹介します。





 電気、電子を学ぶ入門資格としてお勧め
 電気、電子、通信といった分野を学び始めるときに入門資格として、この工事担任者DD3種を受験してみることはお勧めです。特にこの資格が必要なくても、ただ漠然と勉強するよりは、資格取得を目標にして勉強した方が効果が上がります。

 そして合格すれば資格として形が残ります。「勉強にもなって、資格も取得できる」ということで「一石二鳥か」と思います。試験科目のうち「基礎」は、電気、電子の基礎を学ぶには非常に良い問題が出題されています。

 それゆえ、このような分野を学ぶ人は、是非この資格を取得することを目標にして、ステップアップしていくことをお勧めします。今後「無線技術士や電気主任技術者、電気通信主任技術者等を取得したい」と思っている方で「今までこのような分野を勉強したことが無い方」にとっては、最初に受験するのには良い資格です。

 第二種電気工事士には実技試験がありますので、実技試験が無い工事担任者DD3種は、学科試験に集中して勉強できますので、理論を学んで資格取得に結びつけたい方にお勧めです。



勉強3.jpg




 リックテレコムは工事担任者受験の定番
 今回は工事担任者DD3種を受験して合格するための勉強方法や問題集、書籍等を紹介します。工事担任者のテキストや問題集といえば、リックテレコムのものが有名で定番です。

 リックテレコムは、工事担任者の試験ができた頃から参考書や問題集を出している出版社なので、実績もあり、お薦めです。まずはDD3種を勉強するための参考書として「工事担任者DD3種標準テキスト」を紹介します。





 理解できなくても参考書を読み進めること
 勉強方法としては、まず理解できなくても参考書を読み進めて、基礎力をつけていくことが大切です。DD3種は、工事担任者の中では入門資格なので、それほど難しい試験ではありません。

 しかし、電気、電子、通信といった分野を勉強したことが無い人にとっては、必ずしも簡単とは言えないかもしれません。それゆえテキストを読み進める上で、最初は気負わずに「電気、電子、通信、インターネット回線がどのようなものか知識を広めていく」ぐらいの気持ちで「やり始めた方がいい」と思います。

 重要なことは勉強し始めて、あまり理解できなくても「無理かも?」と思わないことです。テキストを勉強し始めて「読んでも理解できない」ところがあっても、あまり気にせずに「数回読んでも理解できなければ」そのまま進んでいってください。

 問題を解く実力は「問題集で問題を数多くこなす」ことによってつけていけばいいことです。テキストを勉強している段階では、読み終わった時点で「少しでも最初よりも電気、電子、通信の知識がついていれば良い」という感じぐらいでいいのです。

 「理解できない」といって先に進まないでいると挫折に繋がってしまいます。とりあえず最初は「わからなくても最後まで行ってみる」ことが重要です。

 一通り終わったら、この中の演習問題を繰り返し勉強して、全ての問題を解答を見ないで正解できるようにします。間違った問題は、解説部分だけでなく、テキストも読み返して、その周辺の知識も増やします。





 問題を解く力は問題集でつける
 参考書を一通り勉強し終わったら、問題集を勉強することによって、試験に合格できるだけの実力をつけていきます。最初は、理解できない問題があっても、あまり気にせずにそのまま進んで下さい。

 理解しようとする気持ちは必要ですが「書いてあること全てを解しよう」とは思わない方がいいと思います。問題集を繰り返し勉強しているうちに、知識や理解力が上がって、理解できることが増えてきます。

 そして問題集を数回繰り返して勉強したならば、もう一度テキストに戻ってじっくり読んでみて下さい。最初に読んだ時よりも理解できる部分が増えていて「どこが重要か」などポイントもわかってきます。

 テキストを読んだ時の理解力が上がれば、応用力も上がって「初めて見る問題にも対処できる」ことが多くなります。それでは工事担任者DD3種に合格するためのテキストと問題集を紹介します。



 下記のバナーからリンク先で購入することができます。



 工事担任者DD3種のお薦め参考書
 この書籍は、リックテレコムの「工事担任者 DD3種標準テキスト」です。市販されているテキストの中では、これが一番のお薦めです。受験者からの評価も高いです。2017年2月に最新版が発売になりました。新しいものを使用して勉強することをお薦めします。

工事担任者 DD3種標準テキスト第5版

新品価格
¥2,640から
(2020/4/1 06:32時点)








 工事担任者種DD3種のお薦め問題集
 この書籍は、リックテレコムの「工事担任者 2020春DD3種実戦問題」です。市販されている問題集としては、これが一番のお薦めです。この問題集は、年2回新しいものが発売されますので、最新の出題傾向が反映されています。

 最終的には、この問題集と上記のテキストの中の問題を全て解けるようにしておけば「合格できる」と思います。受験者からの評価も高い問題集です。

 2020年春の最新版が2月5日に発売になりました。最新のものを使用して勉強することをお勧めします。

工事担任者2020春DD3種実戦問題

新品価格
¥2,530から
(2020/4/1 06:34時点)






 工事担任者DD種の旧型の資格者証を紹介します。写真はDD第1種になっていますが、3種も同様のものです。個人情報の部分はモザイクにしていますが御了承下さい。


DD1種.jpg




 次回は工事担任者資格者証コレクションを紹介します。記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/375950449.html



 関連記事のカテゴリーのリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/375498247.html
 http://kamau1997.seesaa.net/category/20945646-1.html










資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!

posted by KAMAU at 06:59| Comment(5) | 工事担任者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする