2020年01月05日

運転免許を取得するなら合宿免許がお得







 運転免許を取得するなら「合宿免許がお得」というシステムを紹介したいと思います。





 営業職でも運転免許は必要不可欠
 失業して再就職を考えて「何か資格を取得したい」と考えた時に一番最初に思い浮かんでくるのが「車の運転免許ではないか」と思います。運転免許の場合は「既に持っている方も多い」と思いますので、今までは他の資格を紹介してきました。

 しかし車の運転免許を持っていない場合には、免許を取得することで「就職できる範囲はかなり広がってくるもの」と思います。営業職でも社用車を使って外回りをするのには運転免許は欠かせません。

 またワゴン車等でちょっとした配送をしたり、届け物をしたりするのにも必要になります。このようなことを考えると「最近は車の免許を取得する人が少なくなってきた」といわれますが、免許を持っていないと仕事にならない職種は「まだまだ多い」です。

 それゆえ運転免許を持っている人と持っていない人では、就職できる可能性は大きく違ってきます。



運転.jpg




 宿泊料金込みでも費用はお得
 そこで今回は、合宿免許で運転免許を取得することができる自動車教習所を紹介します。失業してしまって「少し時間が取れて貯金も少しある」という方にはお勧めです。

 合宿というと「宿泊料金も掛かるし、かなりの費用が必要になるのではないか?」と心配になると思います。しかしトータル的にみると「普通の教習所に通うのとそれほど変わらない」か、それよりも安い費用で運転免許を取得することが可能です。

 是非下記のバナーからリンク先で費用を確認してみて下さい。教習所までの交通費も支払ってもらえるところが多くなっています。









 30歳までは規定時間をオーバーしても追加料金が掛からない
 そして何より良いと思うのが年齢が30歳ぐらいまでは「規定時間をオーバーしてしまっても追加料金が掛からない」ところが多いことです。

 入校から卒業までのトータルの料金として支払いますので、運転技術がなかなか習得できずに時間をオーバーしてしまっても、料金が追加されない学校が多くなっています。

 30歳を過ぎてもプラス10時間ぐらいまでは追加の料金が発生しないところが多くなっています。追加料金が発生しない規定時間の設定は、学校によって年齢やオーバーできる時間が違いますのでバナーからのリンク先で確認してください。

 宿泊も規定の宿泊数から4〜5泊ぐらいまでは、追加料金なしで宿泊ができるようになっています。合宿免許というシステムの費用は、教習料金、宿泊料金、食事代、交通費など全てを含んだ料金なので「トータル的に考える」と非常にお得にできています。



トラック.jpg




 短期間で免許が取得できるのも魅力
 合宿期間は、最短で普通車のオートマチック限定で14日、マニュアルで16日程度です。また既に普通免許を持っている方には、不況に強く、仕事も豊富にある大型免許や二種免許も合宿で取得できます。

 大型は10日前後で取得できますので、こちらを取得するのもお勧めです。全国各地の合宿ができる教習所を紹介していますので、自宅の近くの教習所を探してみて下さい。

 そして、まずは必要な料金を確認してみて下さい。自宅近くの普通の教習所と比べてみると「そのお得さに驚くのではないか」と思います。普通の教習所で「かなり規定をオーバーしてしまうぐらいなら」合宿の方が断然お得です。

 合宿の場合は色々な仲間もできますし、就職についても色々な人と話をして「次の人生を考えるのも悪くない」と思います。



下記のバナーからリンク先で申し込みができます。





 しかし「どこの教習所に通えばいいのかよくわからない?」という方も多いかと思います。それゆえ、どこの合宿免許教習所人気があるのか、というランキングの情報を書いているサイトを紹介している記事を書いていますのでそのリンク先を紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/416734866.html






資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!

posted by KAMAU at 05:27| Comment(12) | その他資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする