2019年12月04日

家電製品エンジニアと家電製品アドバイザーのエグゼクティブチャレンジ







 家電製品エンジニアや家電製品アドバイザーの資格を既に持っている方が、ゴールドグレードやプラチナグレードの上位資格にするためのエグゼクティブ・チャレンジについて書きたいと思います。





 高得点で合格するとゴールドグレードに
 家電製品エンジニアやアドバイザー資格にゴールドやプラチナグレードという制度ができました。これは試験を受ける時に高得点で合格することで得られるグレードです。

 試験問題そのものは普通のエンジニアやアドバイザーと変わらない同じもので行われます。試験の点数が高いことでゴールドやプラチナグレードになりますので、電製品エンジニアやアドバイザーの上位資格ということになります。

 この制度ができてから受験した方は、普通に試験を受けて高得点になればゴールドグレードでの合格となります。



デジカメ1.jpg




 資格所有者への受験料優遇制度
 しかし「かなり前にこれらの資格を取得した」とか「試験を受けた時にゴールドグレードになるための点数に足りなかった」というような方がゴールドやプラチナグレードになるための制度がエグゼクティブ・チャレンジです。

 ようするに初めて資格を取得する時と同じように試験を受けるのですが、資格所有者がゴールドやプラチナグレードに挑戦する場合は「受験料が安く受けられる」という制度です。

 初めて試験を受ける人には、この制度は適用になりません。初めて家電製品エンジニアやアドバイザーを受ける場合や、過去の試験で不合格になった場合は、普通の受験料を払って試験を受けることになります。

 そして普通に試験を受ければ、特に何もしなくても高得点で合格するとゴールドやプラチナグレードで合格したことになり、その認定証が交付されます。


 受験料の詳細等は、家電製品認定センターのホームページに書いてありますので、リンクを貼っておきます。
 http://www.aeha.or.jp/nintei-center/qualifier/executive/





 ゴールドグレードの基準点について
 ゴールドグレードで合格するための基準点は、家電製品エンジニアは全ての科目で200点満点中170点以上が必要です。家電製品アドバイザーは全ての科目で200点満点中180点以上の得点が必要です。

 1科目でもこの基準を下回るとゴールドグレードで合格することはできません。しかし1科目でもこの基準点に達していれば、科目合格となります。1年以内に他の科目をゴールドの基準で合格できれば、ゴールドグレードになります。





 失敗しても資格を失うことは無い
 このエグゼクティブ・チャレンジの場合は、既に家電製品エンジニアやアドバイザーの資格を持っている人が改めて試験を受けて、仮に普通の資格の合格基準より低い点数を取ってしまっても(現在所有している資格の基準点より低い点数を取ってしまっても)所有している資格を失うことはありません。

 ゴールドやプラチナグレードになれないだけであって、家電製品エンジニアやアドバイザーの認定を失うことはありません。また1科目でもゴールドグレードになる点数を取ることができれば、科目合格の制度が適用されます。

 1年以内に残った科目を高得点で合格できれば、ゴールドやプラチナに認定されることになります。









 ゴールドグレードの資格の更新について
 資格の更新時期には、再度試験を受けなければゴールドやプラチナグレードは維持できません。この時もエグゼクティブ・チャレンジで受験料は安くできますが、試験は一般の初めて受ける人と同じように普通に受けて高得点を取る必要があります。

 この更新時期に試験を受けずに資格を更新するとゴールドやプラチナではなく「普通の家電製品エンジニアやアドバイザー」となってしまいます。





 ゴールドグレードでない場合の資格更新
 下記リンク先の記事で詳しく書いていますので、そちらを参照いただければと思います。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/380649165.html


 このように一度グレードが下がって普通のエンジニアやアドバイザーになっても、再度エグゼクティブ・チャレンジの制度を利用することはできます。

 それゆえ、改めて試験を受けて高得点で合格すれば、ゴールドやプラチナグレードになることができます。こう考えるとこのグレードを維持していくのはかなり大変なように思います。



 家電製品アドバイザーに合格するために通信教育の講座を紹介している記事へのリンクです。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/431371411.html


 次回は旧資格制度の家庭用電子機器修理技術者や家庭用電気機器修理技術者の認定証や資格制度グッズ類コレクションを紹介します。記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/381232220.html


 関連記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21358543-1.html












資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!

posted by KAMAU at 06:18| Comment(4) | 家電製品関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする