2019年01月30日

無線通信士の英会話試験対策用CDに最新版が発売







 航空無線通信士や総合無線通信士、海上無線通信士、第一級海上特殊無線技士の国家試験には英会話の試験があります。その練習用CDの最新版が情報通信振興会から発売になりました。





 9年ぶりに最新版が発売に
 無線通信士の英会話試験対策用のCDは、今までにも2009年4月に情報通信振興会から発売になっていました。その後は、長い間新しいバージョンのものが発売になっていませんでした。しかし、今回待望の最新版が2018年9月に発売になりました。

 このCDは航空無線通信士や総合無線通信士、海上無線通信士の英語の国家試験の中の英会話に特化した練習用のCDです。各資格の過去6回分の試験問題が実際の試験と同じような感じで収録されています。

 無線通信士の英語の試験は、英会話だけでなく「長文読解や和文英訳のような試験」も出題されます。特に英会話の部分には、最低の合格基準が存在します。

 7問出題されるうちの3問以上が正解でなければ、他の部分が満点でも不合格になってしまいます。それゆえ特に重点を置いて勉強しなければならない重要な項目です。





 最低基準クリアだけならこれだけでOK
 無線従事者国家試験の英語の試験は、それほど高いレベルではありませんし、英会話の試験も「会話」というよりはヒアリングに近い試験です。

 それゆえ最低基準のクリアを目指すだけならば、このCDで練習するだけで大丈夫と思います。各資格1回の試験で7問出題されますので、6回分で42問が収録されていて練習できます。

 これらを完全に覚えていけば英会話の最低基準はクリアできます。英語の試験というと「敬遠しがちになる方も多」いと思いますが、無線従事者の国家試験レベルならば、このように対策していけば怖くありません。

 是非英語の試験のある無線従事者資格にもチャレンジしてみてください。





 新しく1海特の問題も収録
 今まで、このCDには第一級海上特殊無線技士の英会話の問題は収録されていませんでした。しかし、今回の最新版には、1海特の問題も収録されています。

 1海特専用の英会話のCDも別に発売されていますが、これは試験問題の練習用ではなく、養成課程講習会の教科書を読み上げているものです。それゆえ実際の試験練習用には、このCDが非常に有効です。

 1海特も、このCDに収録されている42問をしっかり聞き取れるように対策していけば合格できます。



 下記のバナーからリンク先で商品を購入できます。



 無線通信士の英会話対策CD最新版
 2018年9月に最新版が発売になりましたので、新しいものを使用して練習することをお勧めします。


 この商品は、情報通信振興会の無線通信士等英会話CD(2枚組)です。

無線通信士等英会話CD(2枚組) ()

新品価格
¥3,888から
(2019/1/30 05:05時点)






 航空無線通信士の英語試験対策について書いた記事へのリンクを紹介
 http://kamau1997.seesaa.net/article/378248061.html


 第三級海上無線通信士の英語の試験対策について書いた記事へのリンクを紹介
 http://kamau1997.seesaa.net/article/378779033.html


 第一級海上特殊無線技士の英会話試験の対策について書いた記事へのリンクを紹介
 http://kamau1997.seesaa.net/article/377501864.html














資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 05:30| Comment(1) | その他資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

中高年にお勧めしたいビル管理の仕事







 中高年でも資格を取れば就職できる
 中高年で失業してしまって就職活動をしているときに「なかなか再就職が決まらない」ということも多いかと思います。そうこうしているうちに失業保険の期限が切れてしまったり、失業期間がすごく長くなってしまったりすると焦りも出てきてしまいます。

 特にこれといってすごいスキルも無い場合には、就職活動も長期戦になってしまうことも覚悟しなければなりません。そのような時に中高年でも比較的に求人があり「採用になる可能性が高い」のがビル管理関係の仕事です。

 失業中に職業訓練を受けるコースの中にもビル管理部門があります。



ビル1.jpg




 中高年でも就職率が上がる理由
 ビル管理の職種が中高年でも比較的求人がある理由として「給料がそれほど高くない」とか、それほど「ものすごい経験が必要な職業ではない」ということがあります。

 ビル管理の仕事の中には、清掃やホテルのベッドメイク、害虫駆除、そして機械設備管理等があります。ハローワークの求人票を見ても給料は高くありませんが、中高年でも採用になる可能性が高い職種ではあります。

 もちろん経験者と経験が無い人と「どちらを採用するか」となれば経験者を採用すると思います。しかし経験が無くてもある程度すぐに仕事に慣れてくる職種です。

 その中で私がお勧めしたいのがビルの機械設備管理の仕事です。最初は「安い給料から始めなければならない」と思いますが、資格を取ったり、経験を積んでいくことで、ある程度高い給料にまで引き上げていくことが可能な仕事です。





 お勧めしたい二級ボイラー技士の仕事
 最初にお勧めしたいのが二級ボイラー技士の仕事です。これには免許を取る必要がありますが、それほど難関な試験ではありません。数ヶ月の計画で免許を取得して、就職活動をすれば採用になるチャンスは、何も無い時よりはかなりアップします。

 この仕事は見た目には難しいようにも見えますが、主な業務はボイラーが正常に動いているかの監視と点検です。異常が起こった時には応急的な対処ができる必要はありますが、それほど多いことではありません。

 それゆえ採用になってから先輩にじっくり教わっても大丈夫です。そして本格的な異常の対処は、ボイラーのメンテナンスをしている業者の場合が多くなります。

 この仕事の給料は決して高くありません。地方では「15万円を超える給料をもらうのはかなり難しい」ように思います。このようなことから中高年でも採用になる可能性は高くなってきます。





 数多くの資格を取得することで昇給も可能
 そして就職してから一級ボイラー技士にステップアップして、その後に危険物取扱者、冷凍機械、建築物環境衛生管理技術者、電気主任技術者のような資格を取得して、ビル管理を総合的にできるようになってくれば、給料もそれなりに上がってきます。

 またビル設備管理の業務には24時間監視しなければならない所もあり、夜勤や交代勤務の場合があるので、このようなところでは少し手当てが付いて給料が高めの所もあります。



ボイラー.jpg




 二級ボイラー技士がお勧めな理由
 ボイラーは小規模でない限り、取り扱うには二級ボイラー技士以上の資格が必要です。資格を持っている者でなければ扱うことができないのです。しかし逆に二級を持っていれば、どんな大きなものでも取り扱うことができるようになります。

 ただし伝熱面積の合計が25u以上のボイラー場合は、他に一級または特級ボイラー技士の所有者が必ず一人いなければなりません。伝熱面積の合計が25u以上の場合は、二級の人だけで管理していくことはできません。

 しかし一級ボイラー技士が一人いれば「他の作業者は二級を持っていれば十分」ということになります。ここで、いくら一級ボイラー技士の人がいても、二級ボイラー技士以上の免許を持っていなければ、ボイラーの設備は取り扱うことができません。

 一級ボイラー技士の人がいても何の免許を持たない人がボイラー設備を扱うことはできないのです。それゆえ求人でも二級ボイラー技士は「比較的みつけられるのではないか」と思います。

 二級免許を取得することで、あとは特級や一級ボイラー技士が一人いれば、どんなボイラーの設備でも取り扱うことができるようになります。





 ボイラー技士の仕事の内容
 ボイラーの取り扱いと言っても日常的な作業は、データを取ったり、正常に燃えているかを監視したりする作業なので、それほど難しくはありません。ですから中高年からでも始められますし、採用になる機会も多いのです。

 しかしボイラー技士で採用になっても、それだけの仕事ということはほとんどありません。他の空調や給排水、電気関係設備などの点検や簡単な修理のような仕事は入ってきます。

 これらの仕事は、最初採用になった時は「給料が安いことが多い」と思います。それゆえ徐々に資格などを取得して給料を上げていく努力をお勧めします。

 ボイラーの設備は、比較的大きなビルになると、伝熱面積の合計が25u以上の設備が多いので、一級ボイラー技士が必要になってきます。こうなれば少し給料が上がると思いますし、危険物取扱者なども合わせ持つと少し給料も上がってきます。

 また秋から冬にかけて季節採用が多いのも、このボイラー関係の仕事の特徴です。こちらは年金生活をしていて、年間で「あと50万円前後の収入があれば家計が楽になる」という方にはお勧めの仕事です。

 それでも給湯設備などがあるビルでは、一年を通してボイラーが必要な所も多いので、どのような条件なのか求人をよく見る必要があります。

 下記にハローワークのリンクを貼り付けておきますので、自分の地元では「今現在どれぐらいのボイラー技士の求人があるか」資格や免許の条件を入れて確認してみてはいかがかと思います。


 ハローワーク
 https://www.hellowork.go.jp/





 関連記事として二級ボイラー技士の免許の取り方や勉強の仕方などを紹介していますので、是非そちらの記事も参考にしていただければと思います。リンク先は以下の通りです
 http://kamau1997.seesaa.net/article/372437132.html


 ボイラー技士関連の記事のリンク先です。
 http://kamau1997.seesaa.net/category/20809032-1.html


 二級ボイラー技士の通信教育の講座を紹介している記事のリンクを紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/431090564.html


 失業中に少しでも収入を増やすために、文章作成のような在宅ワークをしてみたいとお考えの方は、関連記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/379789095.html





未経験からプロのエンジニアを育てるオンラインブートキャンプ












就職・アルバイト ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 05:15| Comment(11) | 就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

高校卒業程度認定試験に合格のための通信講座紹介







 自宅で勉強して高校卒業程度認定試験に合格するための通信教育の講座を紹介したいと思います。CD-ROMを使用してパソコンで勉強したり、インターネットを利用して勉強できる講座です。





 高校卒業程度認定試験とは?
 前回の記事で高校卒業程度認定試験とは「どのようなものか」を説明しました。また通信制高校と比較して通信制高校と高卒認定試験どちらを選択するべきかなどを説明しました。

 今回は自宅で勉強して、この高校卒業程度認定試験に合格するために通信教育の講座を紹介したいと思います。


 高校卒認定試験とは「どのようなものなのか?」、通信制高校と「どちらを選ぶべきか?」迷っている方は、下記のリンク先の記事で詳しく書いていますので、そちらからお読みください。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/419067053.html





 高校卒業程度認定試験に合格するためにお薦めな通信講座
 高校卒業程度認定試験を受験することを決めても「近くにサポート校も無いし、高校の教科書も持っていない」ので、自宅で一人で勉強していくのには「どのように進めていっていいかわからない?」という方にお薦めの講座です。

 今回は標準コース4ヶ月という短期間で合格を目指すことができる2つの通信教育の講座を紹介します。最初に四谷学院の通信講座を紹介し、その後に J-Web School の講座を紹介したいと思います。



参考書.jpg




 四谷学院の通信講座がお薦めな理由
 最初に紹介するのは「高校卒業程度認定試験の合格率92.6%」という実績の「四谷学院」の通信教育の講座です。この合格率の高さなので、講座を真面目に取り組めば「必ず合格できる」と思います。あとは本人のやる気次第です。

 受講期間も8科目受講で標準4ヶ月なので、短期間で合格することができる講座です。1日1科目につきテキスト4ページで40分の勉強というペースで合格できる実力を養成するというものです。

 それゆえ無理なく勉強できて「短期間で合格できる」というシステムです。演習問題は、CD-ROMでパソコンを使ってできますので、ゲーム感覚で学ぶことができ、間違ったところも繰り返し練習できるので楽しみながら理解を深めていくことができます。

 そして無理なく合格できるだけの実力をつけていくことができます。講座の費用は20万円以上と高額ですが、支払はクレジット分割も可能です。

 それゆえ実際に全日制高校に3年間通う費用を考えれば「自宅で勉強できて、この価格で済む」ということであれば「あまり高くない」のかもしれません。

 何と言っても CD-ROM 等を利用してパソコンで勉強していくことができれば、実際に全日制の高校に通うよりもわかりやすく、理解しやすいのではないでしょうか。短期間で「理解して進んでいくことができる」ということに繋がります。



 下記写真のバナーから四谷学院の高卒認定試験対策講座(高認・大検)の資料を無料で取り寄せることができます。

 
興味がある方は「実際に講座を始めるかどうか」は別として「資料だけでも取り寄せて検討してみてはいかがか」と思います。



 下記写真のバナーからリンク先で「四谷学院」の資料を取り寄せることができます。







 J-Web School の通信講座がお薦めな理由
 次に紹介するのが J-Web School の通信講座です。この講座の特徴としては、仮に高卒認定試験を2回受けて完全に合格できなかった場合でも、通信講座の全講義の80%以上を受講し、かつ公開模擬試験を2回とも提出していれば、その後の追加の受講料はかからずに合格するまで指導してもらうことができます。

 また、この講座とは別の料金がかかりますが「完全合格コース」というものもあって、1回目の高卒認定試験で1科目以上合格すれば、残りの科目は J-Web School 提携の通信制高校で、残りの科目を履修してレポートを提出したり、スクーリングに参加して残りの単位を取得することにより、高校卒認定試験の完全合格を目指すこともできます。



 詳しくは、下記写真のバナーからリンク先で無料で資料を取り寄せることができますので、実際に「この講座を始めるかどうか」は別として「資料だけでも取り寄せて検討してみてはいかがか」と思います。



 下記の写真のバナーからリンク先で J-Web School の資料を取り寄せることができます。







 合格できれば通信制高校の単位として認定
 上記の2つの講座のうち1つを選択して、受講して高校卒業程度認定試験に合格できれば、合格した科目は通信制高校などで取得済みの単位として認定される場合がほとんどです。

 通信制高校は4年制を基本としている場合が多いですが、認定試験合格で「単位が認められれば」3年という短期間で卒業して「学歴として高校卒の資格も取得することがでる」ということに繋がります。

 ただし通信制高校でも3年以上在籍しなければ卒業できませんので「1~2年の在籍期間で卒業する」ということは「できません」ので注意が必要です。

 このようなことから「学歴として高校卒の資格が欲しい」場合も高校卒認定試験の受験はお勧めです。一番のお勧めな方法は、通信制高校に入学して、同時に高校卒認定試験も受験することです。

 そうすることで短期間で学歴として高校卒の資格も得ることができ、大学進学も短期間でできるようになります。高校卒認定試験を「自宅で勉強して合格を目指す」という方は、是非これらの講座を受講してみてはいかがかと思います。



 通信制高校にも同時に入学して学歴として高校卒の資格が欲しい方は、通信制高校について書いている記事のリンクを紹介しますのでそちらを参照ください。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/415378314.html
 http://kamau1997.seesaa.net/article/416782901.html



 高校卒認定試験を合格したら、是非通信制大学に入学して大学卒の資格もゲットしてください。以下に通信制大学について書いている記事のリンクを紹介します。


 通信制で大学卒の資格と小学校教員免許が取得できる大学を紹介しているリンク先
 http://kamau1997.seesaa.net/article/414716268.html


 通信制で大学卒の資格と中学・高校教員免許が取得できる大学を紹介しているリンク先
 http://kamau1997.seesaa.net/article/414821036.html


 通信制の大学で幼稚園教諭免許や保育士資格が取得できる学校を紹介している記事へのリンクです。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/415157948.html


 通信制で博物館学芸員の資格が取得できる大学を紹介している記事へのリンクです。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/414990143.html


 通信制の大学で図書館の司書資格を取得できる学校を紹介している記事へのリンクです。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/415095271.html


 学びたいことを勉強することで大学卒の資格を取得できる通信制大学を紹介している記事へのリンクです。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/415222668.html






















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 04:01| Comment(12) | 大学・高校等卒業資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

高校卒業程度認定試験合格と通信制高校入学どちらを選ぶべきか







 高校卒業の資格が無い方のために高校卒業程度認定試験合格と通信制高校入学と「どちらを選ぶべきか?」について書いてみました。





  高校卒業程度認定試験は「旧大検」
この試験は「高校卒業程度の学力があることを国が認定する」という試験です。以前は大検という名前でしたが、このような名前に変更になりました。

 この試験は高校に進学しなかったり、何らかの理由で高校を退学してしまったり、不登校になってしまった方が「大学や専門学校に進学したい」と考えた時に受験するものです。

 この試験に合格すると大学や専門学校は、高校を卒業していなくても「高校卒の学力がある」ことを認めて「受験することを認めなければならない」ことになっています。

 また以前、このサイトで実際に通学しなくても自宅で勉強して高校卒の資格を取得できる通信制高校を紹介しました。通信制高校と高校卒認定試験の違いを以下に説明します。





 通信制高校のメリット
 卒業すると学歴として「高校卒」として認められます。それゆえ通信制高校を卒業しても学歴としては、普通の全日制の高校を卒業したことと同じになります。就職するときの履歴書にも学歴として記入することができます。

 企業は採用したならば、通信制高校であっても全日制の高校を卒業した人と同じ待遇にしなければなりません。それゆえ給料も高校卒としての待遇を受けることができます。





 高校卒業程度認定試験合格
 この試験に合格すると「高校卒業程度の学力がある」ということを認められることになります。しかし「学歴として高校卒として認められる」とは限りません。

 国は高校卒として認めるように推し進めてはいますが、企業が必ずしも学歴として「高校卒と認めなければならない」ということではありません。

 それゆえ認定試験に合格して就職しても「高校卒業と同じ待遇にならない会社」というのも存在することが考えられます。ただし大学や専門学校は「受験することを認めなければならない」ことになっていますので、高校卒の資格として受験することができるようになります。

 もちろん実際の高校を卒業していなくても「認定試験の合格者だから」といって「大学の入学試験に不利になる」ことはありません。今後は社会として高校卒認定試験の合格者は、高校卒の学歴として認められるようになっていくのではないかと思います。









 高校卒認定試験は短期間で合格も可能
 今までの説明では、高校卒認定試験を受けるよりも通信制高校に入学した方が良いように思うかもしれません。しかし高校卒認定試験の良いところは「短期間で合格することも可能」であるということです。早い人は1年ぐらいでこの試験に合格することが可能です。

 通信制高校は「自宅で勉強している」にしても卒業するまでに3年とか4年とか期間がかかります。しかし認定試験は「学力があるかどうか」の試験なので、その学力があれば短期間でも合格することができます。





 合格した科目は通信制高校で修得した単位と認められる
 高校卒業程度認定試験で合格した科目は、通信制高校では、ほとんどの場合で「取得済みの単位」として認められることが多いようです。それゆえ「通信制高校に入学して短期間で卒業できる」ことにつながります。

 ただし、高校は通信制であっても「3年間在籍しないと」卒業できません。それゆえ高校卒業程度認定試験試験に合格して、それを全て通信制高校で単位認定を受けて「1~2年で卒業する」ということはできません。

 通信制高校の場合は「通常4年間で卒業する」ことを基本としていますので、4年でなく「3年という短期間で卒業する」ということは可能になります。

 通信制高校の場合は単位制の学校がほとんどですから、このように認定試験と併用して「短期間で卒業する」という方法もあるのです。通信制高校として卒業すれば、学歴として高校を卒業したことになります。





 高校卒業程度認定試験の難易度について
 それでは、この高校卒業程度認定試験ですが「難易度はどの程度なのか?」ということになります。この試験は、あくまで「高校卒業程度の学力があるかどうか」を判断するためのものです。それゆえ難問奇問のような問題は出題されません。高校で学ぶ基本的なことを問う問題が中心になります。

 ただし完全に合格となるには8科目から9科目に合格しなければなりません。それゆえ勉強しなければならない範囲は広いものになります。しかし科目ごとの科目合格が認められますので、1度に全ての科目に合格する必要もありません。

 そして合格した科目は、上記にも書いたように「通信制高校などの単位」として認められる可能性があります。それゆえ取得済みの単位として認められ「3年間という短期間で卒業できる」ということにも繋がります。





 科目合格の基準点について
 科目ごとの合格基準点も「40点ぐらいにある」といわれています。高校では「赤点が40点」という学校が多いのと同じと考えていいのではないかと思います。

 普通の資格試験の合格点は60点ぐらいのものが多くなっていますので「難しい試験というほどではない」と思います。それゆえ計画的にきちんと勉強していけば、誰でも合格できる試験のように思います。



参考書.jpg




 通信制高校と認定試験の同時進行がお勧め
 それゆえ、お勧めは通信制高校に入学して同時に高校卒業程度認定試験も受験するという方法です。この方法をとることにより、4年を基本とした通信制高校を3年という短期間で「卒業できる」ことに繋がります。卒業すれば立派な学歴としての高校卒業資格となります。

 ただし「最終学歴は大学卒にしたい」という方は、高校卒業程度認定試験を受けるための対策だけを行い、認定試験に合格することを優先させて短期間で大学の受験資格を取得することをお勧めします。





 高校卒業程度認定試験合格で飛び級も可能
 もう一つ高校卒業程度認定試験を受けるメリットがあります。それは高卒認定試験は「年度内に年齢が16歳以上になる人で、高校卒の資格が無い人なら誰でも受験できる」ことです。

 早い人であれば15歳で受験できることになります。仮に中学校や小学校を卒業していなくても受験することが可能です。それゆえ中学や小学校時代に不登校になってしまっていても「年齢が16歳になったら」この試験を受けて大学に進学することができるようになります。

 何かの理由で「学校に行きたくない」人は、この制度をどんどん利用することをお勧めします。不登校になっても「将来を悲観しない」ことが大切です。

 16歳で高校卒認定試験に合格すれば、16歳、17歳でも「大学を受験できる」ようになります。そして大学の入学試験に合格すれば入学することができます。いわゆる飛び級が可能になります。仮に全日制の高校に通っていたとしても卒業する前に大学が受験できるようになります。





 不登校になっても大学に進学できる
 高校卒業程度認定試験に合格すれば、高校を卒業していなくても大学に入学することが可能になります。それゆえ一般より早い年齢で大学を卒業することも可能になります。早く社会に出て活躍することも可能になります。

 通信制高校の入学条件には「中学校を卒業している」ことが条件である場合も多いので、この高校卒業程度認定試験の制度を利用して進学の道が開けてくる場合もあると思います。

 大学に入学して卒業すれば「高校や中学を卒業しているかどうか」は「学歴としてあまり関係なくなるのではないか」と思います。



 高校卒認定試験を自宅で勉強して合格を目指したいという方にお勧めの通信講座を紹介した記事のリンクを紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/427177935.html


 また通信制高校への入学をお考えの方は、下記のリンク先で通信制高校の記事を書いていますのでそちらも参照いただければと思います。

 http://kamau1997.seesaa.net/article/415378314.html
 http://kamau1997.seesaa.net/article/416782901.html














資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!

posted by KAMAU at 05:45| Comment(9) | 大学・高校等卒業資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

自宅で勉強して卒業できる通信制高校の資料を無料で請求できるサイトの紹介







 学校に「ほとんど通うことなく」自宅で勉強して高校卒業の資格を取得することができる通信制高校は「どこがいいのか?」自分に合った学校の資料を無料で請求できるサイトを紹介します。





 今現在「不登校」でも高校を卒業できる
 今現在何らかの理由で高校に進学しなかったり、退学してしまったり、不登校になってしまって「高校を卒業していない」という方もいると思います。

 このような場合に「将来について不安を持っている」こともあるかと思います。しかし悲観することはありません。自宅で勉強して卒業できる通信制高校を利用すれば、本人にやる気さえあれば「高校卒業の資格を得る」ことができます。

 しかし「自宅で勉強して理解できるのか?」というような不安もあると思います。今現在はインターネットを利用して勉強できる時代なので、自宅で勉強しても「十分に理解することができる」と思います。

 今からでも遅くはありませんので、是非入学して「高校卒の資格を取得して欲しい」と思います。





 通信制でも卒業すれば高校卒の学歴
 通信制高校の場合でも年に数日程度のスクーリングという登校しなければならない日があります。しかし、それ以外は通学することなく自宅で勉強して卒業することができます。

 通信制でも卒業すれば学歴として高校卒と同じになります。履歴書に学歴として高校卒と記入することができます。また大学や専門学校を受験することもできるようになります。就職先では全日制高校を卒業した人と同じ待遇を受けることができます。


 通信制高校について詳しく書いた記事のリンク先を紹介しますので、そちらも参照いただければと思います。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/415378314.html



勉強3.jpg




 入学する通信制高校の選択に便利なサイト
 通信制高校に入学するといっても「どのような学校があるのかよくわからない」という方も多いと思います。そこで今回は、全国の通信制高校の資料を無料で簡単に請求できるサイトを紹介します。

 自分の住んでいるエリアを入力するだけで簡単に自分に適合した学校の資料を無料で請求できます。資料はいくつ請求しても無料なので「何校か請求して自分に合っている学校を選ぶ」ことができます。





 学校の選び方のポイント
 学校の選び方のポイントとしては、授業料や入学金の費用や「インターネットを使ってパソコンやタブレット、スマートフォンなどを利用して勉強できるか」などがあると思います。

 また「自宅で勉強できる」と言っても年に数日はスクーリングという学校へ行かなければならない日があります。

 この時に遠くの学校では「通学する時に交通費が高くなる」とか「宿泊費が必要になる」というようことがあります。それゆえ「できるだけ近くの学校を選ぶ」という方法もあります。





 お勧めの学校は?
 今回資料請求できる学校の中で第一学院高等学校やNHK学園は「全国各地に通学できる学校があります」のでお勧めです。今ではインターネットを使って勉強できる時代なので、自宅で一人で勉強しても「十分に理解して勉強についていくことができる」と思います。

 ある意味で全日制の学校に通うよりも「ネット上でマンツーマンの指導を受けられて理解しやすい」かもしれません。本人に「勉強する」というやる気さえあれば「どんどん身に付いてくる」と思います。





 通信制高校は自己管理能力が必要になる
 反対に自宅で勉強するわけですから、サボろうとすればいくらでもサボることができます。勉強するように注意してくれる先生もいません。こうなると「いつまでたっても卒業はできない」と思います。

 このように自己管理能力が必要になるのも通信制高校の大きな特徴の一つです。しかし、やる気のある人にとっては、非常に良い制度のように思います。本当に「勉強したい」と思って入学する人にとっては、全日制の高校に通うより良いかもしれません。



 下記のバナーからリンク先で通信制高校の資料を無料で一括請求することができます。各学校で「制度に違いがある」と思うので「これは!」と思う学校があれば、何校か一緒に資料請求をしてみてください。








 将来のために通信制高校と高校卒業認定試験合格と「どちらを選ぶべきか」を書いた記事のリンクを紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/419067053.html


 高校卒認定試験を自宅で勉強して合格を目指したいという方に、お勧めの通信講座を紹介した記事のリンクを紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/427177935.html






















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 03:50| Comment(7) | 大学・高校等卒業資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

自宅で勉強して高校卒業資格を取得できる通信制高校紹介







 不登校になっても大丈夫! ほとんど通学することなく自宅でインターネット等を使用しながら勉強することで、高校卒業の資格を取得することのできる通信制高校を紹介したいと思います。





 高校卒業資格を取得するには全日制に通う方が簡単
 高校の卒業資格を得るためには、全日制の学校に毎日通って卒業するのが一番簡単な方法です。その理由として、学校に通っていれば先生や学校側が卒業できるようにかなり努力してくれるからです。

 本人に「卒業したい」という意思があって「勉強する」という気持ちがあれば、学校に通っていればほとんどの場合卒業できます。例え試験の成績が悪かった場合でも、進級や卒業に影響するようであれば、追試をしてくれたり、補習をしてくれたりして進級や卒業できるようにしてくれます。





 不登校になった場合でも自宅で勉強して卒業できる
 しかし何らかの理由で高校に進学しなかったり、退学してしまったり、不登校になってしまって「高校を卒業していない」ということもあると思います。そのような場合でも、このような通信制の高校を利用することで卒業資格を取得することができます。

 ある意味「勉強したい」とか「高校卒業資格が欲しい」と思った時こそが、一番勉強になり身につきます。「高校に通う年齢になったから」という理由だけで、高校に通ってもあまり「勉強したい」と思っていなければ身につきません。



参考書.jpg




 「勉強したい」と思ったときこそチャンス
 高校で学ぶ内容も「勉強したい」と思い始める年齢になってから始めるのが一番効果が上がります。勉強に対するモチベーションが違いますので「高校卒業資格を取得してみたい」と思った時こそがチャンスです。

 通信制の高校は「ほとんど通学しなくてよいコース」も選択できますので、中高年になってからでも十分に始めることができます。定年退職後に時間に余裕ができた方で「勉強したい」と思う方は、是非入学してみてはいかがかと思います。

 しかし、自宅だけで勉強していると「ついついサボりがち」になってしまいます。こうなると「徐々に勉強しなくなる」ということもあるかもしれません。学校に通う方法をとった方が生活のリズムがあって、その方が学び方として合っている場合もあると思います。

 このような方は「週3日学校に通うコース」というようなことも選択できます。自分で勉強するスタイルを選択できるのも通信制高校の特徴です。





 通信制高校でも卒業すれば学歴として認められる
 卒業すれば通信制高校であっても、履歴書の学歴欄に「高校卒」と記入することができます。企業では採用したならば、通信制高校の卒業であっても、全日制高校を卒業した学歴と同じ待遇にしなければなりません。通信制高校と全日制高校で学歴の差として給料などの待遇に差があってはいけないのです。

 そして高校卒業の資格を取得すれば、大学を受験することもできますので、有名大学に入学することも夢ではありません。また有名でなくても通信制の大学もたくさんあります。通信制であっても卒業すれば、大学卒資格の学士の学位を取得することができます。

 通信制高校と同様に通信制大学であっても、卒業すれば履歴書の学歴欄に「大学卒」と記入することができます。そして企業は採用したならば、普通の大学を卒業したものと同じ待遇にしなければなりません。このように夢は広がってくると思います。


 大学卒資格の学士の学位がどのようなものであるか知りたい方は、下記のリンク先で説明していますので参照いただければと思います。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/414105785.html


 また、このサイトの中でも数多く通信制の大学を紹介していますので、興味がある方は下記のリンク先を参照いただければと思います。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/415222668.html



 それでは、通信制の高校を紹介したいと思います。下記のバナーからリンク先で通信制高校の資料を無料で取り寄せることができます。中でも「NHK学園」は一番のお勧めです。



 NHK学園はお勧めの通信制高校
 NHK学園は、eコースを選択すると年間4日程度通学するだけで高校卒業資格を取得できます。普段はテレビやラジオのNHK高校講座を視聴したり、インターネットの講座を利用することによって勉強します。

 そしてネット上のレポート課題に取り組み提出していくことで勉強を進めていきます。今現在の通信制高校は、インターネットが利用できますので、一人で勉強していても効率的に勉強できますし、理解もしやすくなっています。





 年4日間だけ通学するスクーリング
 しかし通信制高校でも、年間4日程度の通学が必要になるスクーリングというものがあります。このスクーリングの時に通学する学校も、NHK学園の場合は全国各地にたくさんありますので交通費や宿泊費等の負担が少なくてすみます。



 各学校で色々違いがありますので興味のある方は実際に入学するかどうかは別として、下記のバナーより、リンク先で各学校の資料だけでも取り寄せて検討してみてはいかがかと思います。資料は無料で請求できます。







 高校卒業資格を取得するために通信制高校と高校卒業認定試験合格と、どちらを選ぶべきかを書いた記事のリンクを紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/419067053.html


 高校卒認定試験を自宅で勉強して合格を目指したいという方に、お勧めの通信講座を紹介した記事のリンクを紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/427177935.html






















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 05:29| Comment(16) | 大学・高校等卒業資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする