2018年11月09日

第二級アマチュア無線技士の国家試験の内容と合格するための書籍紹介







 第二級アマチュア無線技士の国家試験の内容と合格するための対策方法、そしてお勧めする参考書や問題集を紹介します。





 国家試験の科目と出題数
 第二級アマチュア無線技士の国家試験には、以下の2科目があります。そして出題数は、以下の通りになっています。

 無線工学 A形式問題 20問 
      B形式問題  5問

 法規   A形式問題 24問
      B形式問題  6問





 A形式問題、B形式問題とは?
 A形式問題とは「1つの問題の中に選択肢が4〜5項目あり、その中から正解を1つ選ぶ」という形式で1問で5点の配点になっています。それゆえ、この問題は1問間違っただけで5点得られないことになります。

 B形式問題とは「1つの大きな問題の中に5つの設問があり、その設問ごとに1点の配点があります。1つの設問を間違えたからといって、その問題全てが不正解となるわけではありません。」全ての設問に正解すれば1問の中で5点得られます。





 国家試験の合格基準
 合格基準は無線工学が125点満点中87点以上の正解が必要です。法規が150点満点中105点以上の正解が必要です。どちらも7割ぐらいの正答率が必要なので「結構難しい試験」と言えます。

 科目合格の制度がありませんので、一度に2科目同時に合格する必要があります。どちらか片方の科目で「合格基準に達しない」と、もう片方の科目が満点でも不合格になってしまいます。



参考書.jpg




 モールスの受信試験は廃止
 また第二級アマチュア無線技士の国家試験からもモールス信号の受信試験が無くなりました。しかし法規の科目の中で、モールス符合の問題が出題されます。それゆえモールス符号は覚えている必要があります。

 この問題はモールス符号を知っていれば「確実に正解できるもの」なので「確実に点数にしたい」ところです。





 国家試験の対策について
 試験の対策方法としては、試験問題の8割ぐらいは過去に出題された問題とほぼ同じものが出題されます。それゆえ問題集を購入して完璧に覚えれば合格できます。しかし7割の正解率が必要な中で、既出問題の中から合格点を取るのはかなりの努力が必要です。

 合格だけを考えるのであれば解説付きの問題集を購入して「じっくり勉強すれば大丈夫」です。しかし今後「1アマを目指す」とか「プロの資格を目指す」という方は、できるだけ参考書も購入して勉強した方が良いと思います。





 参考書の読み進め方
 参考書は最初に「ザッと一通り読んで問題集に入る」という感じで良いと思います。最初は読んでみて理解できなくても「あまり気にせず読み進めていっていい」と思います。

 4アマや3アマから2アマにステップアップすると試験のレベルはかなり上がります。このようなことから、今までに電気や電子、通信、無線といったことを「本格的に勉強したことが無い」方にとっては、最初は参考書を読んでも「理解できない」ところは多いかもしれません。

 しかし参考書を読んで「理解できない」からといって「そこで止まってしまう」と挫折に繋がってしまいます。それゆえ「参考書は一通り読んで、何か少しでも知識が増えれば良い」という感じで「読み進めていい」と思います。





 問題を解く力は問題集でつける
 2アマの勉強の主流は問題集です。問題集を解説を読みながらじっくり勉強します。解説を読んでもわからないところは「参考書をじっくり読んでみる」ことをお勧めします。最終的にどうしても理解できないところは「暗記でも良い」と思います。

 問題集を繰り返し勉強して、全ての問題において解答を見ないで正解を選べるようになれば合格できます。新問対策をするのであれば、問題集を繰り返し勉強した後で「参考書をじっくり読んでみる」ことをお勧めします。

 問題集を勉強した後に参考書を読み返してみると「最初に勉強した時よりも理解できるところが多くなっている」ことが自覚できると思います。理解できることが多くなっているということは「それだけ勉強になっている」ということなので「新問対策にもなる」と思います。





 それでは2アマ対策用書籍の通信販売を紹介します。下記のバナーからリンク先で購入できます。送料は各バナーのリンク先でご確認ください。





 第二級アマチュア無線技士のお薦め参考書

 この書籍は1アマ、2アマという上級アマチュア無線技士を受けるための参考書の定番です。私もこのハムになる本シリーズで合格することができました。

 上級アマチュア無線技士の参考書の中では「読んでいてわかりやすい」書籍と思います。市販されている参考書としてはこれが一番のお薦めです。

新 上級ハムになる本

新品価格
¥2,808から
(2018/11/9 03:38時点)








 この書籍は、東京電機大学出版の第二級アマチュア無線技士用の参考書「第2級ハム 集中ゼミ」です。上記の「上級ハムになる本」は、出版日から少し年数が経ってきているので、そういった意味ではこちらの書籍がお薦めです。

第2級ハム 集中ゼミ

新品価格
¥3,024から
(2018/11/9 03:50時点)








 第二級アマチュア無線技士のお薦め問題集

 この書籍はCQ出版社の「第2級ハム国家試験問題集」です。解説が詳しいので今現在市販されている第二級アマチュア無線技士の問題集としてはこれが一番のお薦めです。

 最新の2018年、2019年版が4月に発売になりましたので、新しいものを使用して勉強することをお勧めします。

第2級ハム国家試験問題集 2018/2019年版 (アマチュア無線技士問題集)

新品価格
¥3,024から
(2018/11/9 03:40時点)








 この書籍は東京電機大学出版局の第二級アマチュア無線技士用の問題集です。問題数を多くこなすなら、こちらの問題集もお薦めです。

第二級アマチュア無線技士試験問題集 (合格精選400題)

新品価格
¥3,024から
(2018/11/9 03:51時点)








 計算問題が苦手な方にお薦めの参考書

 そして第二級アマチュア無線技士ぐらいのレベルになると「計算力が必要になってくる問題」も出題されます。そこで「2アマは計算問題が難しいので受験しない」と思っている方に、是非お薦めしたいのが、この2アマ用の計算問題の参考書です。

 詳しい計算過程が掲載されているだけでなく、簡単に四則の計算だけを用いて正解が導き出せるように解説しています。計算問題が苦手という方は、是非この参考書を使ってみてください。


 この書籍は東京電機大学出版局の「第二級アマチュア無線技士国家試験 計算問題突破塾」です。

第二級アマチュア無線技士国家試験 計算問題突破塾

新品価格
¥2,160から
(2018/11/9 03:53時点)






 次回は1アマの国家試験対策用の書籍を紹介します。記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/382124597.html



 関連記事のリンクを貼っておきます。

 アマチュア無線技士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829043-1.html

 アマチュア無線の楽しみ方
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21515063-1.html

 特殊無線技士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829037-1.html

 無線通信士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829040-1.html

 無線技術士
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21013711-1.html





未経験からプロのエンジニアを育てるオンラインブートキャンプ












資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 04:01| Comment(3) | アマチュア無線技士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする