2017年04月19日

第1級陸上特殊無線技士の国家試験の受け方







 無線関係で就職を考えたときに一番最初に受験する資格として、このサイトでお勧めしている第1級陸上特殊無線技士の取得方法について書きたいと思います。この資格を取得するには、養成課程講習会を受ける方法と国家試験を受ける方法があります。





 受講資格がある養成過程講習会
 養成課程講習会を受講して修了すれば、第1級陸上特殊無線技士の免許の交付を受けることができます。しかし、この講習会は受講資格として、学校教育課程で電気通信に関係する教育を受けているか、もしくは第四級海上無線通信士、または航空無線通信士の資格を所有している必要があります。

 学校教育の要件としては、工業高校や専門学校、高専、大学等で電気通信に関係する単位を取得していなければなりません。それゆえ誰でも受講できる講習会ではありません。



参考書.jpg




 特殊無線技士の国家試験の時期と受験申請の時期
 国家試験は、年齢制限も無く、誰でも受けることができますので、こちらで取得する方が簡単です。試験そのものも、それほど難関という感じでもありませんので、受験がお勧めの資格です。

 国家試験は毎年、2月、6月、10月の年3回行われます。受験申請期間は、4月上旬〜中旬、8月上旬〜中旬、12月上旬〜中旬です。





 国家試験の受験申請方法について
 受験申請の方法は、インターネットによる申請方法と、受験申請書を書類で提出する方法があります。受験申請書の入手方法は、情報通信振興会から通信販売で購入する方法が簡単と思いますので、ホームページのリンクを紹介しておきます。


 情報通信振興会オンラインショップページ
 http://www.dsk.or.jp/shop/132_581.html 


 インターネットによる申請は、日本無線協会のホームページで行うことができますので、リンクを紹介します。


 日本無線協会
 http://www.nichimu.or.jp/


 受験料は平成29年現在で5352円です。


 受験地等、その他の詳しい特殊無線技士の国家試験案内は、日本無線協会のホームページに書いてありますのでリンク先を貼っておきます。そちらを参照いただければと思います。
 http://www.nichimu.or.jp/kshiken/pdf/toku.pdf





 第1級陸上特殊無線技士の免許証を紹介します。個人情報の部分は、モザイクになっていますがご了承下さい。

1陸特.jpg






 次回は第1級陸上特殊無線技士の試験内容と受験対策について書きたいと思います。記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/376858034.html



 関連記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/376487795.html
 http://kamau1997.seesaa.net/category/21829037-1.html

















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 15:31| Comment(8) | 特殊無線技士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする