2017年03月25日

第3種電気主任技術者試験の参考書でオーム社のやさしく学ぶシリーズ紹介







 前回は第3種電気主任技術者に合格するための参考書として、オーム社の「受験テキスト」シリーズを紹介しました。今回は同じくオーム社の「やさしく学ぶ」シリーズを紹介します。





 同じオーム社の参考書で「受験テキストシリーズ」と「やさしく学ぶシリーズ」ではどちらがお薦めか?
 このサイトで先に「受験テキストシリーズ」を紹介した理由としては、出版日が2014年なので2011年出版の「やさしく学ぶシリーズ」よりも近い年に出版されているということです。それだけ最近の出題傾向を反映していると考えられるからです。

 しかし「やさしく学ぶシリーズも」それほど前に出版されたものではないので、十分参考書としてお薦めできるものと思います。またタイトルにもなっている通り、一番初心者向けに書いてあるのではないかと感じます。それゆえ「過去にあまり電気を学んだことが無い」ような方にはこちらの方がお薦めと思います。

 今までに少し電気を学んだことがあるような方、例えば「電気工事士や工事担任者の資格を持っている」とか、「工業高校の電気科を卒業している」ような方は、電気書院の「これだけ」シリーズやオーム社の「受験テキスト」シリーズを使用するといいと思います。

 そして「自分は初心者」と思う方が、この「やさしく学ぶ」シリーズを使用してみてはいかがかと思います。



参考書.jpg




 「やさしく学ぶ」と言っても1冊の参考書では限界もあります。
 そうは言っても第3種電気主任技術者は難しい資格です。初めて電気を学ぶ人にとっては、やさしくない部分もあると思います。1冊の参考書の中で説明するには、「やさしい」にも限界があります。それゆえ「やさしく学ぶ」シリーズでも、読んでも理解できないような部分は出てくると思います。

 そういう方には、通信教育を受講してみることをお勧めします。下記に通信教育の講座も紹介します。または、電気工事士や工事担任者のような資格から受験して、少し電気の知識をつけてから第3種電気主任技術者を受験することをお勧めします。




 最終的には「どの参考書を選ぶか?」ではなく、「選んだ参考書でじっくり勉強する」ことが重要
 このように難しい資格なので、ある意味で、「参考書は何を使っても、あまり理解できない」ような部分が出てきても仕方がないように思います。それゆえ、どれを選んでも大きく違いは無いようにも思います。

 下記のバナーからリンク先で、参考書の内容を少し見ることができます。今まで紹介してきた3シリーズの内容を少し読んで、どれを購入するか決めても良いと思います。もしくは価格で決めても問題ないと思います。それよりも自分で選んだ参考書があるならば、それを信じてじっくり勉強することの方が重要です。





 それでは書籍の通信販売を紹介します。下記のバナーからリンク先で参考書を購入することができます。通常配送であれば送料は無料です。



 この書籍は、オーム社 電験三種 やさしく学ぶ 理論 です。

電験三種 やさしく学ぶ理論 (LICENCE BOOKS)

新品価格
¥2,376から
(2017/3/25 21:52時点)






 この書籍は、オーム社 電験三種 やさしく学ぶ 法規 です。

電験三種 やさしく学ぶ 法規 (LICENCE BOOKS)

新品価格
¥2,376から
(2017/3/25 21:53時点)






 この書籍は、オーム社 電験三種 やさしく学ぶ 電力 です。

電験三種 やさしく学ぶ 電力 (LICENCE BOOKS)

新品価格
¥2,376から
(2017/3/25 21:54時点)






 この書籍は、オーム社 電験三種 やさしく学ぶ 機械 です。

電験三種 やさしく学ぶ機械 (LICENCE BOOKS)

新品価格
¥2,376から
(2017/3/25 21:55時点)








 ここまで3種類の参考書を紹介してきましたが、第3種電気主任技術者の内容は決して簡単ではありません。どの参考書を選んでも難しいとか、良いものが無いと感じるかもしれません。そのような時には、やはり質問もできる通信教育をお勧めします。以下に電験3種の通信教育を紹介します。

 サンプルDVDも付いてくる資料を無料で取り寄せることができますので、資料だけでも取り寄せて検討してみてはいかがかと思います。





 下記のバナーからリンク先で、通信教育の資料を無料で取り寄せることができます。









 次回は第3種電気主任技術者に合格するための問題集を紹介します。記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/375331974.html



 関連記事のリンクです。

 第3種電気主任技術者関係
 http://kamau1997.seesaa.net/article/374720276.html
 http://kamau1997.seesaa.net/category/20894760-1.html


 ビル管理関係
 http://kamau1997.seesaa.net/article/372346464.html





















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 22:33| Comment(3) | 第3種電気主任技術者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

自分の得意やスキルを販売できるココナラでハンドメイド作品を販売できるサービスが始まります







 このサイトでも何回か紹介している、自分の得意なことやスキルを販売できるココナラで、この春から自分で作った作品をネット販売できるサービスが始まります。



 ココナラで、この春3月からハンドメイド作品をネット販売できるサービスが始まります
 ハンドメイド作品をネット販売できるサービスは、この春3月から始まるということで、今現在は、まだ始まっていません。しかし、もうじき始まるということで、出品登録の募集を行っています。

 趣味でアクセサリーや小物、雑貨、編み物、陶器、絵画、日曜大工のようなものを作成している方は、是非作家登録してみてはいかがかと思います。

 これらの作品をネット販売することで、人気作家になれば、かなりの収入を得られるようになると思います。「自分で作った作品をよろこんで買ってくれる人がいる」ということは、大変うれしいことではないかと思います。



アクセサリー2.jpg




 今登録すれば作品が売れた時の手数料がしばらくの間無料です
 このハンドメイド作品をネット販売するシステムは、出品登録して、作品をネット上に公開するだけでは料金はかかりません。作品が売れてはじめて売上げの10%の手数料を払うことになります。売れなければ費用は発生しません。

 それゆえ自分でネットショップを経営するよりも、このようなシステムを利用して販売する方が、リスクを低くしてビジネスを始めることができます。大規模に販売しなくても、副収入を得ることができるようになります。

 今回ココナラでは、サービス開始を記念して、今現在、出品登録していただければ、しばらくの間は作品が売れたときの手数料が無料です。ある一定の期間だけではありますが、作品の売上額がそのまま自分の収入になります。



陶器.jpg




 ココナラで販売するメリット
 ハンドメイド作品をネット販売することができるサイトといえば、「minne」(ミンネ)があまりにも有名なので、既にそちらで作家登録されている方も多いのではないかと思います。しかし、ここでココナラに登録することで、新たな顧客に作品を見ていただく機会がかなり広がります。

 ココナラは、今までに自分の得意やスキルを販売するサイトとしての実績があり、35万人の会員がサイトを閲覧しています。このサイトは「スキルを販売しよう」とか「スキルを購入したい」と思っている人が閲覧するサイトです。

 それゆえ「minne」(ミンネ)とは違った顧客に作品を見てもらうことができます。また「minne」(ミンネ)に既に登録しているからといって、ココナラに登録できないわけではありませんし、ココナラに登録したからといって「minne」(ミンネ)に登録してはいけないわけでもありません。

 ココナラに作家登録することは、単に今までの顧客とは違った人達に作品を見てもらう機会が広がっただけと考えてもらっていいと思います。

 どちらのサイトも登録して作品を販売しているだけでは費用は発生しません。作品が売れたときにだけ手数料が発生するシステムです。それゆえ作品を見てもらう顧客が35万人増えるということは、かなりのメリットになります。是非、ココナラにも作家登録してみてはいかがかと思います。



ぬいぐるみ.jpg




 下記のバナーからリンク先でココナラとminne(ミンネ)に出品登録することができます。









 作品を作ったことが無い人でもオンライン講座で習って出品してみよう!
 しかし「自分の作った作品を売る」といっても「特に今までに何かを作るというようなことをしていないし・・・」、「何を作ったらいいかもわからない・・・」、その上に「自分が作った作品が本当に売れるだろうか?」という方も多いのではないかと思います。

 そのような方のために作品をつくるためのオンライン講座を紹介します。この講座でものづくりを習ってみて、作品を出品してみてはいかがでしょうか? 作品が売れるようになれば、副収入を得られることにもなりますし、本格的に売れるようになれば、在宅ワークで高収入を得るということにも繋がっていくかもしれません。

 下記の講座は、Udemy(ユーデミー)のオンラインで学ぶことができる講座です。今回紹介している講座は、受講料も 1200円 と安く、時間も1〜2時間で学べますので、気軽に初めてハンドメイド作品を出品してみてはいかがでしょうか?

 個人的には、石鹸は面白いのではないかと思います。作品を作ることができるようになって、その作品が売れるようになったら、趣味としても楽しいと思います。




 下記の写真のバナーからリンク先でオンライン講座に申し込むことができます。



この講座は、「はじめての手作りデザイン石けん」です。受講料 1,200 円








この講座は、「身近なもので♪かんたん!クラフト」です。受講料 1,200 円








この講座は、「リサイクルおもちゃ工作」です。受講料 1,200 円








 在宅ワークの一つとして自分のハンドメイド作品をネットで販売できるminneを紹介
 http://kamau1997.seesaa.net/article/handmade.html


 自分の得意なことやスキルを販売して収入が得られるcoconala(ココナラ)紹介
 http://kamau1997.seesaa.net/article/436634587.html






資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 16:10| Comment(2) | 在宅ワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

中高年でも高収入を期待できるプログラミングをリーズナブルに学べるオンライン講座を紹介







 このサイトでは、今までにも中高年になってから高収入を得るために身につけるスキルとして、「プログラミングやWEBデザイン」がお勧めという記事をいくつか書いてきました。そしてインターネット上で、オンラインで学べる講座等も紹介してきました。

 しかし本格的に講座で学ぶとなると結構高額な費用がかかってしまいます。今回はオンラインで、今なら2600円〜2800円というリーズナブルな費用で、「初心者でもオンラインで学ぶことができる」というUdemy(ユーデミー)の講座を紹介します。





 なぜプログラミングやWEBデザインが、中高年から身につけるスキルとしてお勧めなのか?
 中高年が今までに経験の無いエンジニアを目指そうとして、学校や通信教育で理論を学んでも、機械や電気、建築、土木のような分野では、即戦力として働くことはできないと思います。

 これらの職種は、それだけ経験が重要になってくる仕事です。また職人のような技能職も、中高年になってから高いスキルを得るのは難しいように思います。

 しかしプログラミングやWEBデザインならば、今まで未経験であっても、オンラインでそれらのことを学び、スキルを身につけることで、WEBのデザインができるようになり、プログラムを作ることができるようになるので、仕事に直結したスキルになります。

 自分のスキルが上がって、高度なWEBデザインができるようになり、プログラムができるようになれば、それだ色々な仕事を得られるようになります。最近ではWEBデザインやプログラミングの仕事は、多種多様であり、ものすごい高度なスキルが無くてもできるような仕事の発注もあります。

 そしてこのような分野は、自宅でフリーランスで稼げる可能性も高い職種なので、身につけるスキルとしては大変お勧めです。下記にフリーランスの仕事を紹介しているランサーズというサイトも紹介しますので参考にしていただけたらと思います。



 関連記事として、以下のようなことを詳しく書いている記事がありますのでリンク先を紹介します。


 
 中高年で高収入を得るスキルとしてプログラミングやWEBデザインがお勧めな理由
 http://kamau1997.seesaa.net/article/tyuukounensukiru.html


 在宅ワークで高収入を得るためのスキルのプログラミングをオンラインで学べるスクール紹介
 http://kamau1997.seesaa.net/article/programming.html



インターネット.jpg




 Udemy(ユーデミー)のオンラインで学べる講座がリーズナブルな理由
 プログラミングやWEBデザインを学ぶと言っても「費用が高くては、なかなか手が届かない」という方も多いと思います。しかし今回紹介するUdemy(ユーデミー)の講座は、今なら、2600円〜2800円という非常に安い費用でインターネット上のオンラインで学ぶことができます。

 事実、他の講座は費用が高いものが多いです。それでは、どうしてUdemy(ユーデミー)は「こんなに安く学ぶことができるのでしょうか?」 それはプログラミングやWEBデザインの講座を開くことで、経営が成り立っている会社ではないからです。

 Udemy(ユーデミー)は、教えたい人と学びたい人を繋ぐ役目をしています。それゆえ教えたい人は、何もプログラミングやWEBデザインだけではありません。多種多様な色々な講座があり、学ぶことができます。それでは何で収益を得ているのでしょうか?

 それは「教えたい人」が受講生を獲得したときに支払う費用の一部を、手数料のようなもので得る仕組みになっているからです。一人の講師が一人の受講生を得ただけでは、それほど多くの収益にはなりませんが、多くの受講生を得れば会社が成り立つ収益を得られるようになります。

 また数多くの「教えたい講師」がいれば、それだけ多くの収益を得られることになります。また「教えたい講師」は、インターネットのオンラインで教えることになりますから、数多くの受講生を対象にすることができます。

 一人の受講者からは、それほど多くの費用を得られなくても、数多くの受講者を得れば、多くの収入を得ることも可能になります。それゆえUdemy(ユーデミー)で学べば、2600円〜2800円程度費用でも本格的な内容の講座を学ぶことができます。インターネットであるからこそ、このようなビジネスが成り立ちます。





 でも教えたい講師って「本当に大丈夫?」
 Udemy(ユーデミー)の講師は、「教えたい」と言って勝手に講座を開いているわけではありません。本格的にカリキュラムを考え、「どのよのように教えればわかりやすいか」を考えて審査を受けます。その審査を通って、はじめて講座を開くことができます。それゆえ充実した内容の講座になっています。

 そして講師は、数多くの初心者と言われる受講者に対して「教える」実績を積んできていますので、安心して勉強していくことができます。受講者の対象は、初心者であり、未経験者にしているものが多く、基礎からきっちり学んでいくことができます。

 学習期間も無いものが多いので、自分のペースで取り組んでいくことができます。それに、このリーズナブルな価格ですので、「とりあえず受けてみようかな?」とか「試しに受けてみよう?」という感覚になれるのではないかと思います。

 これらの講座で基礎を学んだら、もう少しじっくりお金をかけて、本格的に学んでみてもよいのではないかと思います。





 今回は、アプリケーション開発とWEBデザインの講座に絞って紹介
 今回は、Udemy(ユーデミー)にある数多くの講座の中から、中高年になってからでも高収入を得られる可能性が高い、スマートフォンアプリの開発やWEBアプリの開発、WEBデザイン開発のオンライン講座を紹介します。

 アプリ開発やWEBデザインが少しでもできるようになれば、中高年でも自宅でフリーランスで高収入を稼ぐことができる可能性は広がります。お試しで受講できるぐらいの費用ですので、是非受けてみてはいかがかと思います。





 下記のバナーからリンク先で、オンライン講座に申し込みをすることができます。



この講座は、WEBアプリ開発の講座です。受講料 2,600 円








この講座は、未経験からWEBデザイナーになるための講座です。受講料 2,800 円








この講座は、スマートフォンアプリ開発のための講座です。受講料 2,700 円








 そして上記の講座を受けて、「もっと本格的に時間をかけて、じっくりプログラミングを学びたい」という方には、下記のようなオンライン講座を受けることもお勧めです。









 プログラミングやWEBデザインが少しでもできるようになったら、自分が自宅でできるレベルのアプリ開発やWEBデザインの仕事が、「どれぐらいあるのか?」を下記のランサーズのようなサイトで確認してみてください。これらのスキルが身に付けば、自宅でフリーランスで高収入を得ることも夢ではなくなると思います。










資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 16:00| Comment(2) | 在宅ワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする