2017年11月16日

二級ボイラー技士の通信教育講座を紹介







 二級ボイラー技士の学科試験の勉強をしていて「あまり理解できないのでよく覚えられない」という方のために通信教育の講座を紹介します。





 その前に、中高年で失業したことにより就職活動をする上で、資格を持っていると比較的に採用の可能性が高くなる職種にビル設備管理があります。


 どのような資格を取得すればいいのか調べている方は、関連記事のリンクを貼っておきますので、そちらから読んでいただければと思います。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/372346464.html


 また失業中に少しでも収入を増やすために、文章作成のような在宅ワークをしてみたいとお考えの方は、関連記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/379789095.html





 独学に不安な方にお勧め! 二級ボイラー技士の通信講座
 このサイトでは、二級ボイラー技士に独学で合格できるようにお薦めの参考書や問題集を紹介してきました。またその試験対策や勉強方法などについても書いてきました。

 しかし独学で勉強するには「不安がある」とか、今まで独学で勉強してきて「成果が出てない」という方のために、今回は 職業訓練法人 日本技能教育開発センター が行っている習っ得シリーズの二級ボイラー技士の通信教育を紹介します。



参考書.jpg




 通信講座の強みは「わからない」ところを質問できる
 通信教育は、わからないところを質問できますので「独学で勉強してきて成果が上がらない」場合にはお勧めの勉強方です。独学で勉強してきて「何度か試験を受けたが合格していない」という方は、試してみてはいかがかと思います。

 また、はじめてボイラー技士を受験する方は、独学用の参考書や問題集を揃えるのにも結構費用がかかります。それゆえ最初からこのような「通信教育の講座に申し込む」というのも一つの方法かもしれません。

 今回紹介する講座は、受講者の方から「わかりやすくて良いテキスト」という評判が多くなっていますのでお薦めです。受講してみる価値はあると思います。





 今回紹介する通信講座の受け方について
 講座に申し込みをすると10日前後で教材が送られてきます。開講日は毎月1日と15日で、そこから教材のテキストで勉強を始めることになります。そして毎月1回程度レポートを提出して理解度を確認します。レポートは2種類あって、記述式と実際の試験のようなマークシート方式があります。

 記述式の方は、提出して添削を受けます。マークシート方式の方は、実際の試験問題を受けるような感じになります。そこで間違ったところなどから今後の学習へのアドバイスなどが受けられます。

 質問券があり、わからない点は在籍期間であれば指導や回答を受けることができます。ここが独学と違って通信教育の良いところと思います。受講期間は標準で4ヶ月です。しかし個人の都合や勉強の進め方によっては、時間がかかることもあるので2倍の8ヶ月までは在籍期間として認められます。





 下記のバナーからリンク先で通信教育の申し込みができます。

 ここで申し込むことによって教材が送られてきます。



 習っ得  通信教育「二級ボイラー技士受験講座」

 この講座は、二級ボイラー技士の通信教育です。

通信教育「二級ボイラー技士受験講座」

価格:22,680円
(2017/11/16 02:57時点)
感想(3件)








 独学でボイラー技士の資格を目指すための記事を書いたリンク先を紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/category/20809032-1.html

















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!

posted by KAMAU at 03:15| Comment(6) | ボイラー技士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

二級ボイラー技士の免許証交付に必要なボイラー実技講習について







 これまで中高年で失業した場合に再就職のために取得すると有利になる資格として二級ボイラー技士を紹介しました。前回の投稿では学科試験について書いてきましたが、今回は免許の交付を受けるために必要なボイラー実技講習について書きたいと思います。





 小規模ボイラー等の実務経験が無い場合に必要な実技講習
 このボイラー実技講習は、以前は受験資格を得るために必要な講習でした。小規模ボイラー等の実務経験が無い場合には、この実技講習を受けることで二級ボイラー技士の受験資格を得ることができました。

 しかし今現在は、学科試験の方は特に受験資格が無くなりましたので、誰でも受験して合格することができます。しかし免許証の交付を受けるためには、この実技講習を受けて修了証が必要になります。



ボイラー.jpg




 ボイラー実技講習とはどのようなものか?
 ボイラー実技講習は、全部で20時間の講習が3日間で行われます。実技講習という名前にはなっていますが、実際には、2日間は座学で講義を受ける感じのものです。

 最終日は、午前中は座学で講義ですが、午後から実際にボイラーの設備がある施設に行って実物を見ながら説明を受けると言う感じです。これも実際に実技をするというよりは、実物を見学して説明を受けるという感じです。

 修了のための試験等はありませんので、3日間全てきちんと出席すれば修了証をもらうことができます。この修了証を添付して免許証の申請を行うことになります。





 実技講習は学科試験の受験前でも後でも受講可能
 今回は学科試験の紹介の後に実技講習を紹介しましたが、これはどちらが先でも後でもかまいません。各地元の試験や講習の日程を確認して、実技講習を受けてから学科試験を受けてもいいですし、学科試験を受けてから実技講習を受けてもどちらでもよいことになります。

 実技講習を受ける時期は、いつでも構いませんが、小規模ボイラー等の実務経験が無い場合には、学科試験に合格しただけでは免許証は交付になりません。

 講習を受けて、その修了証を添付して免許申請をしなければなりません。これは地元の日程を確認して効率の良い受験計画を立てた方が良いと思います。





 ボイラー実技講習の開催地と日程について
 この実技講習は、各都道府県にある日本ボイラ協会の支部が開催していますので、日程や講習の料金はホームページで確認してみて下さい。リンク先は下記に紹介しておきます。


 料金は支部によって若干の違いはあるようですが、テキスト代を含めて 24000 円 前後のようです。リンク先で日程が記入されていないところは「ホームページで御確認下さい」の文字をクリックすればホームページに行けるようです。
 http://www.jbanet.or.jp/training/schedule/skill.html


 こうやってみると二級ボイラー技士の資格を取るには学科試験の受験料や参考書代、実技講習の料金など結構費用がかかります。しかし難しい資格ではないので、しっかり計画を立てて勉強すれば誰でも取得することができると思います。そして中高年の再就職には比較的役に立つと思います。





 ここで最後に修了証を紹介しておきます。個人情報の部分はモザイクしていますがご了承下さい。

ボイラ実技講習.jpg






 また、なぜ中高年の就職にお勧めなのかと学科試験の受け方や勉強方法などの関連記事も一緒に参照いただければと思います。関連記事のリンクを貼り付けておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/372346464.html
 http://kamau1997.seesaa.net/category/20809032-1.html


 二級ボイラー技士と一級ボイラー技士の通信教育の講座を紹介している記事のリンクを紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/431090564.html


 次は、危険物取扱者について紹介します。リンク先を貼り付けておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/372606820.html

















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 02:43| Comment(7) | ボイラー技士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

二級ボイラー技士の取得方法と受験対策について







 前回の記事の中で、中高年が就職活動をする場合に「二級ボイラー技士の資格取得がお勧め」という理由を書きました。今回は、その取得方法と勉強方法等を書きたいと思います。





 二級ボイラー技士の受験料と試験内容について
 この免許を取得するには学科試験を受けなければなりません。受験資格は特にありませんので誰でも受けることができます。受験料は、6800 円(平成29年11月現在)です。

 試験は以下のような内容で行われます。

 ボイラーの構造に関する知識   10問(100点)
 ボイラーの取扱いに関する知識  10問(100点)
 燃料及び燃焼に関する知識    10問(100点)
 関係法令            10問(100点)

 科目ごとに分かれているように見えますが、試験時間は3時間で全て一斉に行われます。



参考書.jpg




 
 そして合格基準は平均で60点以上と言われています。ただし各科目ごとの中で40点未満のものがあると他の科目が全て100点でも不合格になってしまいます。40点未満の科目が無ければ全ての科目で60点以上取る必要はなく平均で60点以上で合格できます。

 それでは試験会場と日程を紹介します。日程に関しては(公財)安全衛生技術試験協会のホームページのリンクを貼り付けておきますので、最寄の試験センターの日程を確認して受験計画や勉強の日程を計画してみてはいかがかと思います。


 日程
 http://www.exam.or.jp/exmn/H_nittei122.htm


 試験会場
 http://www.exam.or.jp/exmn/H_annai.htm

 
 また出張試験というものも行われていますので上記試験会場より近い場所で受験できる日程もあります。リンク先も紹介しておきますので地元の都道府県をクリックして確認してみて下さい。
 http://www.exam.or.jp/exmn/H_syucho.htm





 受験申請書の請求方法と合格率について
 次に受験申請書の請求の仕方を紹介します。こちらもその方法が(公財)安全衛生技術試験協会のホームページに書いてありますので参照して下さい。リンク先は以下の通りです。
 http://www.exam.or.jp/exmn/H_seikyu.htm


 これで受験する準備は整ってきたと思います。あとは勉強する計画を立てて勉強する環境を整えていきましょう。勉強する方法としては通信教育とか参考書や問題集を購入して自分で勉強する等があります。

 特に難関な試験ではないので、私個人としては独学でも大丈夫なのではないかと思います。試験の合格率は50%ぐらいと言われています。





 お勧めな参考書と問題集
 それでは参考書や問題集等を紹介します。一番お薦めな参考書やテキストは日本ボイラ協会の出している以下の書籍です。下記のバナーからリンク先で通信販売で購入できます。送料は通常配達であれば無料です。





 技術系科目にお薦めな参考書
 この書籍は、日本ボイラ協会から出版されている「最短合格 2級ボイラー技士試験 技術科目」です。現在市販されている二級ボイラー技士の参考書の中ではこれが一番のお薦めです。

 受験者からも非常に評判の良い書籍です。技術系の3科目が、この参考書1冊で勉強することができます。2017年6月に最新版が発売になりましたので、新しいものを使用して勉強することをお勧めします。

最短合格 2級ボイラー技士試験

新品価格
¥3,980から
(2017/11/9 02:24時点)








  法令科目にお薦めな参考書
 この書籍は、日本ボイラ協会から出版されている「わかりやすいボイラー及び圧力容器安全規則」です。二級ボイラー技士の法令を勉強する上で、問題集を解いていてわからなかったところ等を調べるときに最適な書籍です。法令を勉強するための参考書としては、これが一番のお薦めです。

わかりやすいボイラー及び圧力容器安全規則

新品価格
¥1,350から
(2017/11/9 02:25時点)








 二級ボイラー技士の受験にお薦めな問題集
 二級ボイラー技士の問題集で一番お薦めしたいのは、下記に紹介している TAKARA license の「二級ボイラー技士 過去問題・解答解説集」です。解説も詳しいですし、収録されている問題数も多いので大変良い問題集です。

 ボイラー技士の問題集と言えば、日本ボイラ協会のものが定番のように思われがちですが、日本ボイラ協会の「2級ボイラー技士試験公表問題解答解説」は、過去6回分の試験問題のみの収録ですが、 TAKARA license の「二級ボイラー技士 過去問題・解答解説集」は過去10回分の問題が収録されています。

 それゆえ収録されている試験問題数が多いので、個人的には TAKARA license の「二級ボイラー技士 過去問題・解答解説集」の方をお薦めします。この4回分の問題数の違いは結構大きいように思います。合格への近道は、やはり数多くの問題に触れてこなしていくことが大切です。



 この書籍は TAKARA license の「二級ボイラー技士 過去問題・解答解説集」です。今現在市販されている二級ボイラー技士の問題集では、これが一番のお薦めです。2017年10月に最新版が発売になりましたので新しいものを使用して勉強することをお勧めします。

二級ボイラー技士 過去問題・解答解説集 2017年10月版

新品価格
¥3,240から
(2017/11/9 02:27時点)








 その他のお薦め問題集

 この書籍は、日本ボイラ協会の「2級ボイラー技士試験公表問題解答」です。2017年1月に最新の平成29年版が発売になりましたので新しいものを使用して勉強することをお勧めします。

2級ボイラー技士試験 公表問題解答解説〈平成29年版〉平成25年後期~平成28年前期

新品価格
¥3,180から
(2017/11/9 02:26時点)








 上記問題集だけでは不安な方には、この問題集を勉強してみることもお薦めです。

2級ボイラー技士試験標準問題集

新品価格
¥2,570から
(2017/11/9 02:29時点)








 勉強の進め方について
 勉強方法としては、最初に参考書と安全規則は一通り読んでおいた方がいいと思います。ここで参考書を読んで理解できなくても、そこに止まっていないことが重要です。このような技術系の参考書は一度読んだぐらいでは理解できないことも多いです。

 それゆえ一度読んで理解できなくてもあまり気にしない方がいいと思います。理解できるまで先に進まないというのではいつまでたっても先に進みません。ある程度理解しようとしながら読んでも理解できないところはそのままにして先に進んでいって下さい。

 理解できないところで止まっていると挫折に繋がってしまいます。満点を取る必要もないので先に進む勇気も必要です。実際に実力をつけていくのは問題集を勉強することで身に付いてきます。上記に紹介した問題集を解答を見ないで自分の力で選択肢の中から正解を選べるようになれば十分合格できます。

 それまで繰り返し問題を解いていくことが合格への近道です。問題集で間違ったところは、「なぜ間違ったか」を参考書でじっくり読むようにして徐々に覚えていって下さい。そして問題集を3回ぐらい繰り返して勉強したあとで、もう一度参考書に戻って最初からじっくり読み直してみてください。

 そうすると最初読んだ時に比べて理解できることがかなり増えていることに気が付くと思います。これはボイラの知識がかなり増えた証拠です。最終的には、問題集の問題を全て解答を見ないで、自分の力で選択肢の中から正解を選べるようになるまで繰り返し勉強してください。

 試験科目を見ると4科目あるように見えますが、3科目分は1冊の参考書の中に書いてあります。法令だけ「わかりやすいボイラー及び圧力容器安全規則」に書いてあります。問題集に関しては1冊で全ての科目をカバーしていますので勉強範囲もそれほど広いものではありません。

 これで受験準備は整ってきましたが、試験に合格して免許を申請する前にはボイラー実技講習というものを受けて修了しなければ免許は交付になりません。次回はこの実技講習について書きたいと思います。





 ボイラー技士の免許証を紹介します。個人情報のところはモザイクしていますがご了承下さい。

ボイラ修正.jpg






 当サイトの関連記事を紹介しておきますので是非そちらも参照していただければと思います。リンク先を紹介しておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/372346464.html
 http://kamau1997.seesaa.net/article/372533597.html


 二級ボイラー技士と一級ボイラー技士の通信教育の講座を紹介している記事のリンクを紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/431090564.html


 一級ボイラー技士の記事も掲載しましたのでリンクを貼り付けておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/373156531.html

















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!

posted by KAMAU at 02:41| Comment(4) | ボイラー技士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

中高年で失業してしまった場合に是非お勧めしたいビル管理の仕事







 中高年で失業しても資格を取れば就職の可能性が上がる職種
 中高年で失業してしまって就職活動をしているときに、「なかなか再就職が決まらない」ということも多いかと思います。そうこうしているうちに失業保険の期限が切れてしまったり、失業期間がすごく長くなってしまったりすると焦りも出てきてしまいます。

 特にこれといってすごい売りになるスキルも無い場合には、就職活動も長期戦になってしまうことも覚悟しなければなりません。そのような時に中高年でも比較的に求人があり、採用になる可能性が高いのがビル管理関係の仕事です。失業中に職業訓練を受けるコースの中にもビル管理部門があります。



ビル1.jpg




 ビル管理の職種が中高年でも就職率が上がる理由
 ビル管理の職種が中高年でも比較的求人がある理由として、「給料がそれほど高くない」とか、それほど「ものすごい経験が必要な職業ではない」ということがあります。ビル管理の仕事の中には、清掃やホテルのベッドメイク、害虫駆除、そして機械設備管理等があります。

 ハローワークの求人票を見ても給料は高くありませんが、中高年でも採用になる可能性が高い職種ではあります。もちろん経験者と経験が無い人と「どちらを採用するか」となれば経験者を採用すると思います。しかし経験が無くてもある程度すぐに仕事に慣れてくる職種です。

 その中で私がお勧めしたいのがビルの機械設備管理の仕事です。最初は安い給料から始めなければならないと思いますが、資格を取ったり、経験を積んでいくことである程度高い給料にまで引き上げていくことが可能な仕事です。





 特にお勧めしたいのが二級ボイラー技士の仕事
 最初にお勧めしたいのが二級ボイラー技士の仕事です。これには免許を取る必要がありますが、それほど難関な試験ではありませんし、数ヶ月の計画で免許を取得して、就職活動をすれば採用になるチャンスは何も無い時よりはかなりアップします。

 この仕事は見た目には難しいようにも見えますが、主な業務はボイラーが正常に動いているかの監視と点検です。異常が起こった時には応急的な対処ができる必要はありますが、それほど多いことではありませんので採用になってから先輩にじっくり教わっても大丈夫です。

 そして本格的な異常の対処は、ボイラーのメンテナンスをしている業者の場合が多くなります。この仕事の給料は決して高くありません。地方では、15万円を超える給料をもらうのはかなり難しいように思います。それゆえ中高年でも採用になる可能性は高くなってきます。





 数多くの資格を取得することで昇給も可能
 そして就職してから一級ボイラー技士にステップアップして、その後に危険物取扱者、冷凍機械、建築物環境衛生管理技術者、電気主任技術者のような資格を取得して、ビル管理を総合的にできるようになってくれば給料もそれなりに上がってきます。

 またビル設備管理の業務には24時間監視しなければならない所もあり、夜勤や交代勤務の場合があるので、このようなところでは少し手当てが付いて給料が高めの所もあります。



ボイラー.jpg




 二級ボイラー技士がお勧めな理由
 ボイラーは小規模でない限り、取り扱うには二級ボイラー技士以上の資格が必要になります。資格を持っているものでなければ扱うことができないのです。しかし逆に二級を持っていればどんな大きなものでも取り扱うことができるようになります。

 ただし伝熱面積の合計が25u以上のボイラー場合は、他に一級または特級ボイラー技士の所有者が必ず一人いなければなりません。伝熱面積の合計が25u以上の場合は、二級の人が一人だけで管理していくことはできません。

 しかし一級ボイラー技士が一人いれば、他の作業者は二級を持っていれば十分ということになります。ここで、いくら一級ボイラー技士の人がいても、二級ボイラー技士以上の免許を持っていなければ、ボイラーの設備は取り扱うことができません。

 一級ボイラー技士の人がいても何の免許を持たない人がボイラー設備を扱うことはできないのです。それゆえ求人でも二級ボイラー技士は比較的みつけられるのではないかと思います。

 二級免許を取得することで、あとは特級や一級ボイラー技士が一人いれば、どんなボイラーの設備でも取り扱うことができるようになります。





 ボイラー技士の仕事の内容
 ボイラーの取り扱いと言っても日常的な作業は、データを取ったり、正常に燃えているかを監視したりする作業ですので、それほど難しくはありません。ですから中高年からでも始められますし、採用になる機会も多いのです。

 しかしボイラーで採用になっても、それだけの仕事ということはほとんどありません。他の空調や給排水、電気関係設備などの点検や簡単な修理のような仕事は入ってきます。これらの仕事は、最初採用になった時は給料が安いことが多いと思います。

 それゆえ徐々に資格などを取得して給料を上げていく努力をお勧めします。ボイラーの設備は、比較的大きなビルになると、伝熱面積の合計が25u以上の設備の場合が多いので、一級ボイラー技士が必要になってきます。

 こうなれば少し給料が上がると思いますし、危険物取扱者なども合わせ持つと少し給料も上がってきます。また秋から冬にかけて季節採用が多いのも、このボイラー関係の仕事の特徴です。

 こちらは年金生活をしていて、年間で「あと50万円前後の収入があれば家計が楽になる」という方にはお勧めの仕事です。それでも給湯設備などがあるビルでは、一年を通してボイラーが必要な所も多いので、どのような条件なのか求人をよく見る必要があります。

 下記にハローワークのリンクを貼り付けておきますので、自分の地元では今現在どれぐらいのボイラー技士の求人があるか資格や免許の条件を入れて確認してみてはいかがかと思います。


 ハローワーク
 https://www.hellowork.go.jp/





 関連記事として二級ボイラー技士の免許の取り方や勉強の仕方などを紹介していますので、是非そちらの記事も参考にしていただければと思います。リンク先は以下の通りです
 http://kamau1997.seesaa.net/article/372437132.html


 ボイラー技士関連の記事のリンク先です。
 http://kamau1997.seesaa.net/category/20809032-1.html


 二級ボイラー技士の通信教育の講座を紹介している記事のリンクを紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/431090564.html


 失業中に少しでも収入を増やすために、文章作成のような在宅ワークをしてみたいとお考えの方は、関連記事のリンクを貼っておきます。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/379789095.html

















就職・アルバイト ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 02:32| Comment(9) | 就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

在宅ワークの仕事を探すときに便利な情報サイト紹介







 中高年で失業してしまってなかなか就職が決まらない場合に「在宅ワークで収入が得られたら」と考えることは少なからずあると思います。そのようなときに在宅ワークの仕事を探すのに便利なサイトを紹介します。





 在宅ワークにも色々な種類がある
 「在宅ワークで生活していく」ということは、誰でも憧れがあるのではないかと思います。しかし在宅ワークで高収入を得ることは、そう簡単なことではありません。誰にでもできるデータ入力や記事作成では、なかなか高収入を得ることはできません。

 しかしプログラミングやアプリ作成、WEBデザインなどのスキルがある人は、在宅でも高収入を得ることが可能です。このようにデータ入力や記事作成のような簡単な仕事からスキルが必要なプログラミングやアプリ作成のような仕事まで探すことができるサイトがありますので紹介します。



パソコン.jpg




 246種類の豊富な仕事から選べる
 「今現在の収入に少しだけでも上乗せしたい」という場合には、誰にでもできる簡単な記事作成やデータ入力のような仕事を探すことができます。そしてお小遣い程度の収入を増やしていくことができます。

 また「本格的に在宅ワークで高収入を得たい」という人は、「プログラミングやアプリ作成のような仕事を簡単に探すことができる」というサイトです。





 面接に行く必要もなく全てネット上で完結
 246種類の仕事があり、10万社が発注しているサイトです。仕事を始めるときも面接に行く必要もなく、全てネット上のやりとりで完結できます。実際の仕事もパソコンやスマートフォンがあればできる内容になっています。仕事の受注から作業を終えて収入を得るまで全てネット上で行うことができます。

 在宅ワークを気軽に始めて、気軽に収入を得ることができます。どのような仕事があるかは、サイトにメールアドレスを入力して無料で利用登録するだけで閲覧できます。興味がある方は、実際に仕事をするかどうかは別として、利用登録して内容を確認してみてはいかがかと思います。



 下記のバナーからリンク先でサイトに無料で利用登録することで閲覧できます。閲覧するだけなら住所や名前などの個人情報の入力の必要もありません。是非お試しください。









 プログラミングやアプリ作成のスキルを学べる講座紹介
 在宅ワークで高収入を得たいとお考えの場合には、プログラミングやアプリ作成、WEBデザイン等のスキルを身につけることをお勧めします。これらのスキルを身につけることで得られる収入は格段に違ってきます。誰でも勉強すれば得られるスキルでもあるので是非身につけて欲しいと思います。

 以下にプログラミングやアプリ開発などをオンラインで学ぶことができるスクールを紹介します。是非このような講座を利用して、スキルを身につけてから在宅ワークに挑戦するのもひとつの方法と思います。









 関連記事のリンクを紹介します。

 在宅ワークで高収入を得るためのスキルのプログラミングをオンラインで学べるスクール紹介
 http://kamau1997.seesaa.net/article/programming.html


 中高年でも高収入を期待できるプログラミングをリーズナブルに学べるオンライン講座を紹介
 http://kamau1997.seesaa.net/article/onlinemnabu.html


 中高年で高収入を得るスキルとしてプログラミングやWEBデザインがお勧めな理由
 http://kamau1997.seesaa.net/article/tyuukounensukiru.html






資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 03:08| Comment(3) | 在宅ワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

自宅で勉強して高校卒業程度認定試験に合格するための通信講座紹介







 前回の記事で高校卒業程度認定試験とは「どのようなものか」を説明しました。また通信制高校と比較して通信制高校と高卒認定試験どちらを選択するべきかなどを説明しました。今回は自宅で勉強してこの高校卒業程度認定試験に合格するための通信教育の講座を紹介したいと思います。


 高校卒認定試験とはどのようなものなのか、通信制高校とどちらを選ぶべきか迷っている方は下記のリンク先の記事で詳しく書いていますのでそちらからお読みください。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/419067053.html





 高校卒業程度認定試験に合格するためにお薦めな通信講座
 高校卒業程度認定試験を受験することを決めても「近くにサポート校も無いし、高校の教科書も持っていないので、自宅で一人で勉強していくのには、どのように進めていっていいかわからない」という方にお薦めの講座です。

 今回は標準コース4ヶ月という短期間で合格を目指すことができる2つの通信教育の講座を紹介します。最初に四谷学院の通信講座を紹介し、その後に J-Web School の講座を紹介したいと思います。



参考書.jpg




 四谷学院の通信講座がお薦めな理由
 最初に紹介するのは、「高校卒業程度認定試験の合格率92.6%」という実績の四谷学院の通信教育の講座です。この合格率の高さなので、講座を真面目に取り組めば「必ず合格できる」と思います。あとは本人のやる気次第です。

 受講期間も8科目受講で標準4ヶ月なので、短期間で合格することができる講座です。1日1科目につきテキスト4ページで40分の勉強というペースで合格できる実力を養成するというものです。それゆえ無理なく勉強できて短期間で合格できるというシステムです。

 演習問題はCD-ROMでパソコンを使ってできますのでゲーム感覚で学ぶことができ、間違ったところも繰り返し練習できるので楽しみながら理解を深めていくことができます。そして無理なく合格できるだけの実力をつけていくことができます。

 講座の費用は20万円以上と高額ですが、支払はクレジット分割も可能ですから実際に全日制高校に3年間通う費用を考えれば「自宅で勉強できてこの価格ですむ」ということであれば、あまり高くないのかもしれません。

 何と言っても CD-ROM 等を利用してパソコンで勉強していくことができれば、実際に全日制の高校に通うよりもわかりやすく、理解しやすいかもしれません。短期間で理解して進んでいくことができるということに繋がると思います。



 下記写真のバナーから四谷学院高卒認定試験対策講座(高認・大検)の資料を無料で取り寄せることができます。興味がある方は実際に講座を始めるかどうかは別として資料だけでも取り寄せて検討してみてはいかがかと思います。



下記写真のバナーからリンク先で四谷学院の資料を取り寄せることができます。







 J-Web School の通信講座がお薦めな理由
 次に紹介するのが J-Web School の通信講座です。この講座の特徴としては、仮に高卒認定試験を2回受けて完全に合格できなかった場合でも、通信講座の全講義の80%以上を受講し、かつ公開模擬試験を2回とも提出していれば、その後の追加の受講料はかからずに合格するまで指導してもらうことができます。

 また、この講座とは別の料金がかかりますが「完全合格コース」というものもあって、1回目の高卒認定試験で1科目以上合格すれば、残りの科目は J-Web School 提携の通信制高校で、残りの科目を履修してレポートを提出したり、スクーリングに参加して残りの単位を取得することにより、高校卒認定試験の完全合格を目指すこともできます。



 詳しくは、下記写真のバナーからリンク先で無料で資料を取り寄せることができますので、実際にこの講座を始めるかどうかは別として、資料だけでも取り寄せて検討してみてはいかがかと思います。



下記の写真のバナーからリンク先で J-Web School の資料を取り寄せることができます。







 合格できれば通信制高校の単位として認定される
 上記の2つの講座のうち1つを選択して、受講して高校卒業程度認定試験に合格できれば、合格した科目は通信制高校などで取得済みの単位として認定されます。それゆえ短期間で通信制高校を卒業して学歴として高校卒の資格も取得することがでるということに繋がります。

 このようなことから「学歴として高校卒の資格が欲しい」場合も高校卒認定試験の受験はお勧めです。一番のお勧めな方法は、通信制高校に入学して同時に高校卒認定試験も受験することです。

 そうすることで短期間で学歴として高校卒の資格も得ることができ、大学進学も短期間でできるようになります。高校卒認定試験を「自宅で勉強して合格を目指す」という方は、是非これらの講座を受講してみてはいかがかと思います。





 通信制高校にも同時に入学して学歴として高校卒の資格が欲しい方は、通信制高校について書いている記事のリンクを紹介しますのでそちらを参照ください。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/415378314.html
 http://kamau1997.seesaa.net/article/416782901.html





 高校卒認定試験を合格したら、是非通信制大学に入学して大学卒の資格もゲットしてください。以下に通信制大学について書いている記事のリンクを紹介します。


 通信制で大学卒の資格と小学校教員免許が取得できる大学を紹介しているリンク先
 http://kamau1997.seesaa.net/article/414716268.html


 通信制で大学卒の資格と中学・高校教員免許が取得できる大学を紹介しているリンク先
 http://kamau1997.seesaa.net/article/414821036.html


 通信制の大学で幼稚園教諭免許や保育士資格が取得できる学校を紹介している記事へのリンクです。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/415157948.html


 通信制で博物館学芸員の資格が取得できる大学を紹介している記事へのリンクです。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/414990143.html


 通信制の大学で図書館の司書資格を取得できる学校を紹介している記事へのリンクです。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/415095271.html


 学びたいことを勉強することで大学卒の資格を取得できる通信制大学を紹介している記事へのリンクです。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/415222668.html

















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 02:46| Comment(9) | 大学・高校等卒業資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

高校卒業程度認定試験合格と通信制高校入学どちらを選ぶべきか







 「高校卒の資格が欲しい」と思っている方に高校卒業程度認定試験を紹介します。





  高校卒業程度認定試験は「旧大検」という名称
この試験は、高校卒程度の学力があるということを国が認定するという試験です。以前は大検という名前でしたが、このような名前に変更になりました。

 この試験は高校に進学しなかったり、何らかの理由で高校を退学してしまったり、不登校になってしまった方が大学や専門学校に進学したいと考えた時に受験するものです。

 この試験に合格すると大学や専門学校は、高校を卒業していなくても「高校卒の学力がある」ことを認めて、「受験することを認めなければならない」ことになっています。

 また以前、このサイトで実際に通学しなくても自宅で勉強して高校卒の資格を取得できる通信制高校を紹介しました。通信制高校と高校卒認定試験の違いを以下に説明します。





 通信制高校のメリット
 卒業すると学歴として「高校卒」として認められます。それゆえ普通の全日制の高校を卒業したことと同じになります。就職するときの履歴書にも学歴として記入することができます。

 企業は採用したならば、通信制高校であっても全日制の高校を卒業した人と同じ待遇にしなければなりません。それゆえ給料も高校卒としての待遇を受けることができます。





 高校卒業程度認定試験合格
 この試験に合格すると「高校卒業程度の学力がある」ということを認められることになります。しかし「学歴として高校卒として認められる」とは限りません。国は高校卒として認めるように推し進めてはいますが、企業が必ずしも学歴として「高校卒と認めなければならない」ということではありません。

 それゆえ認定試験に合格して就職しても「高校卒業と同じ待遇にならない会社」というのも存在することが考えられます。ただし大学や専門学校は「受験することを認めなければならない」ことになっていますので、高校卒の資格として受験することができるようになります。

 もちろん実際の高校を卒業していなくても「認定試験の合格者だから」といって「大学の入学試験に不利になる」ことはありません。今後は社会として高校卒認定試験の合格者は、高校卒の学歴として認められるようになっていくのではないかと思います。









 高校卒業程度認定試験は短期間で合格することも可能
 今までの説明では、高校卒認定試験を受けるよりも通信制高校に入学した方が良いように思うかもしれません。しかし高校卒認定試験の良いところは、「短期間で合格することも可能」であるということです。早い人は半年ぐらいでこの試験に合格することが可能です。

 通信制高校は「自宅で勉強している」にしても、卒業するまでに3年とか4年とか期間がかかります。しかし認定試験は、「学力があるかどうか」の試験ですので、その学力があれば短期間でも合格することができます。





 合格した科目は通信制高校で修得した単位と認められる
 そして科目は全日制の高校で受けるような科目になっていますので、合格した科目は高校に入学すると取得済みの単位として認められます。それゆえ通信制高校に入学して「短期間で卒業したい」場合には、この高校卒業認定試験を受けて、合格した科目は「通信制高校で取得した単位」とすることができます。

 通信制高校の場合は単位制の学校がほとんどですから、このように認定試験と併用して「短期間で卒業する」という方法もあるのです。通信制高校として卒業すれば、学歴として高校を卒業したことになります。





 高校卒業程度認定試験の難易度について
 それでは、この高校卒業程度認定試験ですが、「難易度はどの程度なのか?」ということになります。この試験は、あくまで「高校卒業程度の学力があるかどうか」を判断するためのものです。それゆえ難問奇問のような問題は出題されません。高校で学ぶ基本的なことを問う問題が中心になります。

 ただし完全に合格となるには8科目から9科目に合格しなければなりません。それゆえ勉強しなければならない範囲は広いものになります。しかし科目ごとの科目合格が認められますので、1度に全ての科目に合格する必要もありません。

 そして合格した科目は、上記にも書いたように「通信制高校などの単位」として認められます。それゆえ取得済みの単位として認められ「短期間で卒業できる」ということにも繋がります。





 科目合格の基準点について
 科目ごとの合格基準点も「40点ぐらいにある」といわれています。高校では「赤点が40点」という学校が多いのと同じと考えていいのではないかと思います。

 普通の資格試験の合格点は60点ぐらいのものが多くなっていますので、「難しい試験というほどではない」と思います。それゆえ計画的にきちんと勉強していけば、誰でも合格できる試験のように思います。



参考書.jpg




 通信制高校と高校卒認定試験の同時進行がお勧め
 それゆえ、お勧めは通信制高校に入学して同時に高校卒業程度認定試験も受験するという方法です。この方法をとることにより、短期間で「通信制高校を卒業できる」ことに繋がります。通信制高校を卒業すれば立派な学歴としての高校卒業資格となります。

 ただし「最終学歴は大学卒にしたい」という方は、高校卒業程度認定試験を受けるための対策だけを行い、認定試験に合格することを優先させて短期間で大学の受験資格を取得することをお勧めします。





 高校卒業程度認定試験合格で飛び級も可能
 もう一つ高校卒業程度認定試験を受けるメリットがあります。それは高卒認定試験は「年度内に年齢が16歳以上になる人で、高校卒の資格が無い人なら誰でも受験できる」ことです。早い人であれば15歳で受験できることになります。仮に中学校や小学校を卒業していなくても受験することが可能です。

 それゆえ中学や小学校時代に不登校になってしまっていても、「年齢が16歳になったら」この試験を受けて大学に進学することができるようになります。何かの理由で「学校に行きたくない」人は、この制度をどんどん利用することをお勧めします。不登校になっても「将来を悲観しない」ことが大切です。

 16歳で高校卒認定試験に合格すれば、16歳、17歳でも「大学を受験できる」ようになります。そして大学の入学試験に合格すれば入学することができます。いわゆる飛び級が可能になります。仮に全日制の高校に通っていたとしても卒業する前に大学が受験できるようになります。





 小学校や中学校時代に不登校になっても大学に進学できる
 高校卒業程度認定試験に合格すれば、高校を卒業していなくても大学に入学することが可能になります。それゆえ一般より早い年齢で大学を卒業することも可能になります。早く社会に出て活躍することも可能になります。

 通信制高校の入学条件には「中学校を卒業している」ことが条件である場合も多いので、この高校卒業程度認定試験に合格してから通信制高校に入学して「高校を卒業する」という方法を取ることも可能かと思います。

 大学に入学して卒業すれば高校や中学を卒業しているかどうかは学歴としてあまり関係なくなるのではないかと思います。



 高校卒認定試験を自宅で勉強して合格を目指したいという方にお勧めの通信講座を紹介した記事のリンクを紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/427177935.html



 サポート校や予備校を利用して高校卒認定試験の合格を目指したい方は、下記のバナーからリンク先で資料を無料で取り寄せられますので、興味のある方は取り寄せてみてください。








 また通信制高校への入学をお考えの方は、下記のリンク先で通信制高校の記事を書いていますのでそちらも参照いただければと思います。

 http://kamau1997.seesaa.net/article/415378314.html
 http://kamau1997.seesaa.net/article/416782901.html

















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!

posted by KAMAU at 04:03| Comment(6) | 大学・高校等卒業資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

自宅で勉強して卒業できる通信制高校はどの学校を選べばよいかランキングサイト紹介







 前回このサイトの中で通信制高校についての記事を書きました。学校にほとんど通うことなく自宅で勉強して高校卒業の資格を取得することができます。今回は「どの通信制高校が人気があるのか?」ランキングサイトを紹介します。





 今現在「不登校」でも高校を卒業できる
 今現在何らかの理由で高校に進学しなかったり、退学してしまったり、不登校になってしまって「高校を卒業していない」という方もいると思います。このような場合に将来について不安を持っていることもあるかと思います。

 しかし悲観することはありません。自宅で勉強して卒業できる通信制高校を利用すれば、本人にやる気さえあれば高校の資格を得ることができます。しかし「自宅で勉強して理解できるのか?」というような不安もあると思います。

 今現在はインターネットを利用して勉強できる時代なので、自宅で勉強して十分に理解することができると思います。今からでも遅くはありませんので、是非入学して高校卒の資格を取得して欲しいと思います。





 通信制でも卒業すれば高校卒の学歴
 通信制高校の場合でも年に数日程度のスクーリングという登校しなければならない日があります。しかし、それ以外は通学することなく自宅で勉強して卒業することができます。

 卒業すれば学歴として高校卒と同じになります。履歴書に学歴として高校卒と記入することができます。また大学や専門学校を受験することもできるようになります。就職先では全日制高校を卒業した人と同じ待遇を受けることができます。


 通信制高校について詳しく書いた記事のリンク先を紹介しますのでそちらも参照いただければと思います。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/415378314.html



勉強3.jpg






 入学する通信制高校を選ぶ場合に便利なサイト
 通信制高校に入学するといっても、「どの学校を選べばよいかよくわからない」方も多いと思います。そこで今回は、全国の通信制高校を比較して無料で資料を取り寄せることができるサイトを紹介します。そこで資料を一括で取り寄せて通信制高校の入学を検討してみてください。

 資料は一校からだけでなく、何校か取り寄せて、その中から「自分に合った学校を選んで入学を決める」という方法がよいと思います。





 学校の選び方のポイント
 学校の選び方のポイントとしては、授業料や入学金の費用や「インターネットを使ってパソコンやタブレット、スマートフォンなどを利用して勉強できるか」などがあると思います。また「自宅で勉強できる」と言っても年に数日はスクーリングという学校へ行かなければならない日があります。

 この時に遠くの学校では、「通学する時に交通費が高くなる」とか「宿泊費が必要になる」というようことがあります。それゆえ、できるだけ近くの学校を選ぶという方法もあります。





 お勧めの学校は?
 今回資料請求できる学校の中で第一学院高等学校やNHK学園は、全国各地に通学できる学校がありますのでお薦めです。今ではインターネットを使って勉強できる時代なので、自宅で一人で勉強しても十分に理解して勉強についていくことができると思います。

 ある意味で全日制の学校に通うよりも、ネット上でマンツーマンの指導を受けられて理解しやすいかもしれません。本人に「勉強する」というやる気さえあれば、どんどん身に付いてくると思います。





 通信制高校は自己管理能力が必要になる
 反対に自宅で勉強するわけですから、サボろうとすればいくらでもサボることができます。勉強するように注意してくれる先生もいません。こうなるといつまでたっても卒業はできないと思います。このように自己管理能力が必要になるのも通信制高校の大きな特徴の一つです。

 しかしやる気のある人にとっては、非常に良い制度のように思います。本当に「勉強したい」と思って入学する人にとっては、全日制の高校に通うより良いかもしれません。





 下記のバナーからリンク先で通信制高校の資料無料で一括請求することができます。各学校で制度には違いがあると思うので「これは!」と思う学校があれば何校か一緒に資料請求をしてみてください









 高校卒業資格を取得するために通信制高校と高校卒業認定試験合格と、どちらを選ぶべきかを書いた記事のリンクを紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/419067053.html



 高校卒認定試験を自宅で勉強して合格を目指したいという方に、お勧めの通信講座を紹介した記事のリンクを紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/427177935.html

























資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 02:55| Comment(6) | 大学・高校等卒業資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

ほとんど通学しなくても自宅で勉強して高校卒業資格を取得できる通信制高校紹介







 前回の記事では自分の学びたい分野を勉強することで、大学卒資格の学士の学位を取得できる通信制大学を紹介しました。今回は、ほとんど通学することなく自宅でインターネット等を使用しながら勉強することで、高校卒業の資格を取得することのできる通信制高校を紹介したいと思います。





 高校卒業資格を取得するには全日制に通う方が簡単
 高校の卒業資格を得るためには、全日制の学校に毎日通って卒業するのが一番簡単な方法です。その理由として、学校に通っていれば先生や学校側が卒業できるようにかなり努力してくれるからです。

 本人に「卒業したい」という意思があって「勉強する」という気持ちがあれば、学校に通っていればほとんどの場合卒業できます。例え試験の成績が悪かった場合でも、進級や卒業に影響するようであれば、追試をしてくれたり、補習をしてくれたりして進級や卒業できるようにしてくれます。





 不登校になった場合でも自宅で勉強して卒業できる
 しかし何らかの理由で高校に進学しなかったり、退学してしまったり、不登校になってしまって「高校を卒業していない」ということもあると思います。そのような場合でも、このような通信制の高校を利用することで卒業資格を取得することができます。

 ある意味「勉強したい」とか「高校卒業資格が欲しい」と思った時こそが、一番勉強になり身につきます。「高校に通う年齢になったから」という理由だけで、高校に通ってもあまり「勉強したい」と思っていなければ身につきません。



参考書.jpg




 「勉強したい」と思ったときこそチャンス
 高校で学ぶ内容も「勉強したい」と思い始める年齢になってから始めるのが一番効果が上がります。勉強に対するモチベーションが違いますので、「高校卒業資格を取得してみたい」と思った時こそがチャンスです。

 通信制の高校は、ほとんど通学することがありませんので、中高年になってからでも十分に始めることができます。定年退職後に時間に余裕ができた方で「勉強したい」と思う方は、是非入学してみてはいかがかと思います。





 通信制高校でも卒業すれば学歴として認められる
 卒業すれば通信制高校であっても、履歴書の学歴欄に「高校卒」と記入することができます。企業では採用したならば、通信制高校の卒業であっても、全日制高校を卒業した学歴と同じ待遇にしなければなりません。通信制高校と全日制高校で学歴の差として給料などの待遇に差があってはいけないのです。

 そして高校卒業の資格を取得すれば、大学を受験することもできますので、有名大学に入学することも夢ではありません。また有名でなくても通信制の大学もたくさんあります。通信制であっても卒業すれば、大学卒資格の学士の学位を取得することができます。

 通信制高校と同様に通信制大学であっても、卒業すれば履歴書の学歴欄に「大学卒」と記入することができます。そして企業は採用したならば、普通の大学を卒業したものと同じ待遇にしなければなりません。このように夢は広がってくると思います。


 大学卒資格の学士の学位がどのようなものであるか知りたい方は、下記のリンク先で説明していますので参照いただければと思います。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/414105785.html


 また、このサイトの中でも数多く通信制の大学を紹介していますので、興味がある方は下記のリンク先を参照いただければと思います。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/415222668.html





 それでは、通信制の高校を紹介したいと思います。下記のバナーからリンク先で通信制高校の資料を無料で取り寄せることができます。中でもNHK学園は一番のお勧めです。





 NHK学園はお勧めの通信制高校
 NHK学園は、eコースを選択すると年間4日程度通学するだけで高校卒業資格を取得できます。普段はテレビやラジオのNHK高校講座を視聴したり、インターネットの講座を利用することによって勉強します。

 そしてネット上のレポート課題に取り組み提出していくことで勉強を進めていきます。今現在の通信制高校は、インターネットが利用できますので、一人で勉強していても効率的に勉強できますし、理解もしやすくなっています。





 年4日間だけ通学するスクーリング
 しかし通信制高校でも、年間4日程度の通学が必要になるスクーリングというものがあります。このスクーリングの時に通学する学校も、NHK学園の場合は全国各地にたくさんありますので交通費や宿泊費等の負担が少なくてすみます。





 各学校で色々違いがありますので興味のある方は実際に入学するかどうかは別として、下記のバナーより、リンク先で各学校の資料だけでも取り寄せて検討してみてはいかがかと思います。資料は無料で請求できます。











 また通信制高校にも色々な学校がありますので、どのような点に注意して学校を選べばいいのかわからないという方も多いかと思います。


 そのような時に全国の通信制高校を比較して、無料で資料を取り寄せることができるサイトを紹介している記事も書いていますのでリンクを紹介します。是非こちらも参照していただければと思います。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/416782901.html





 高校卒業資格を取得するために通信制高校と高校卒業認定試験合格と、どちらを選ぶべきかを書いた記事のリンクを紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/419067053.html


 高校卒認定試験を自宅で勉強して合格を目指したいという方に、お勧めの通信講座を紹介した記事のリンクを紹介します。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/427177935.html

















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 02:53| Comment(14) | 大学・高校等卒業資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学びたいことを勉強することで大学卒の資格を取得できる通信制大学の紹介





 前回までの記事で大学卒資格と教員免許や博物館学芸員、図書館の司書、幼稚園教諭、保育士等の資格を取得できる通信制大学を紹介してきました。今回は自分の学びたい分野を勉強することで、大学卒資格の学士の学位を取得できる通信制大学を紹介します。





 自分の勉強したい分野を決めてから大学卒の資格を
 いくら大学卒の資格を取得したくても、やみくもに「どこでも何でもいい」というような感覚で入学する通信制大学を決めてしまっては、後から後悔することになりかねません。自分の勉強したい分野や興味のある分野でなければ、長続きするわけもなく途中で挫折してしまいます。

 特に大学で学ぶことは専門性が高く、高校までの勉強と比べると飛躍的に難しくなります。その上に学年が上がっていくことにより専攻する学科によって、その分野だけの教科になります。

 高校までのように国語、数学、理科、社会、英語というような色々な分野を学ぶようなカリキュラムにはなっていません。

 それゆえ上級の学年にいくほど専門性の高い専門分野だけを学ぶことになってしまいます。このようなことから「大学卒の資格を取得したい」というだけで何を勉強したいのかハッキリさせずに入学しても挫折してしまうというようなことが起こってしまいます。





 色々な分野を学べる通信制大学がたくさん
 そこで今回は自分の学びたい分野で勉強できる通信制大学を数多く紹介したいと思います。是非、自分の学びたいことを勉強することで大学卒の資格を取得して欲しいと思います。

 紹介するのは通信制大学のみですので、普段は通学することなく自宅等で勉強することになります。しかし通信制大学の場合はスクーリングという短期間だけ集中して講義を受けるために通学しなければならないことがあります。それゆえ学校を選択する上ではスクーリングのことも考えて場所を選んだ方が良いと思います。













 入学するのが簡単でも卒業することは簡単ではない
 通信制大学の場合は、学力による入学選抜試験のようなものは、ほとんどの学校でありません。書類の提出のみで入学できる場合がほとんどです。しかし「入学できたからといって卒業するのが簡単」ということにはなりません。単位が認定されるには、それなりの努力が必要です。

 それゆえ興味も無い勉強したい分野でもない学科を選んでしまうと辛いだけになってしまい挫折に繋がってしまう可能性があります。入学するならば、自分の学びたい分野で、しっかりと勉強していって欲しいと思います。





 通信制でも学位の資格は同じもの
 通信制大学を卒業したからといって、大学卒資格の学士には何の変わりもありません。普通の4年制の大学を卒業したものと同じ学士の学位を取得することができます。

 学士として優れているかは、「どこの大学を卒業したか」ではありません。その人が大学に入ってから「いかに努力して勉強するか」にかかっていると思います。


 大学卒資格の学士の学位がどのようなものであるか知りたい方は、下記のリンク先で説明していますので参照いただければと思います。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/414105785.html


 下記に色々な分野を勉強できる学校を紹介しますので、是非自分の興味のある分野の大学の資料を取り寄せてみてください。





 下記の文字のバナーより各大学の資料を請求することができます。そのほとんどが無料で資料請求できますが、一部有料の記載がある場合は有料の資料もあるようですのでご注意ください。

 下記バナーからリンク先の情報には1ページ目だけでなく、2ページ目がある場合がありますので注意してご覧ください。文字のバナーからリンク先に移動できます。



ビジネス系(MBA・経済・経営・法・政治 他)を学ぶことができる通信制大学


文系(文学・語学・社会学・国際・宗教・環境 他)を学ぶことができる通信制大学


心理について学ぶことができる通信制大学


福祉・健康について学ぶことができる通信制大学


看護・医学・栄養・家政・生活関連を学ぶことができる通信制大学


芸術・美術・伝統工芸・デザイン 関連を学ぶことができる通信制大学


理工・情報・IT系(建築・土木系含む)を学ぶことができる通信制大学





 IT技術を学ぶならサイバー大学がお勧め
 特にIT技術やITビジネスを勉強したいという方には「サイバー大学」はお薦めです。スクーリングの必要がなく、全て自宅や外出先でタブレット端末やパソコンでインターネットを利用して勉強するだけで学士の学位を取得できるという通信制大学です。

 今現在はインターネットの時代なので、「インターネットに興味があって勉強してみたい」と思っている方は多いのではないかと思います。この機会に是非専門的にITを学んで大学卒の資格と学士の学位を取得してみてはいかがかと思います。



 下記のバナーからリンク先で「サイバー大学」の資料を無料で取り寄せることができます。内容は各大学で違いますので、「入学するかどうか」は、資料を取り寄せてみてからじっくり考えてみてはどうかと思います。









 通信制で大学卒の資格と小学校教員免許が取得できる大学を紹介している記事へのリンクです。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/414716268.html


 通信制で大学卒の資格と中学・高校の教員免許が取得できる大学を紹介している記事へのリンクです。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/414821036.html


 通信制大学で幼稚園教諭免許や保育士資格が取得できる学校を紹介している記事へのリンクです。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/415157948.html


 通信制で大学卒の資格と博物館学芸員の資格が取得できる大学を紹介している記事へのリンクです。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/414990143.html


 通信制の大学で図書館の司書資格を取得できる学校を紹介している記事へのリンクです。
 http://kamau1997.seesaa.net/article/415095271.html

















資格・スキルアップ ブログランキングへ

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

ブログ王ランキングに参加中!


posted by KAMAU at 01:47| Comment(6) | 大学・高校等卒業資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする